ニュース

09/29/2006

安倍内閣誕生~ファーストレディーに注目!

小泉さんに代わって、新総裁、首相になった安倍さん。安倍内閣の支持率は65%。宮沢内閣以降、小泉さん、細川さんに次いで3番目の支持率だとか・・・・。橋本さんには少し勝った。

小泉さんがインパクト強かった(ディープインパクト)だった分、ややキャラ的には劣る感は否めない。キャラで首相は出来ない(議員にはなれても)とは思うけど、安倍さんの印象は、真面目、誠実というイメージだな。官房長官になる前は、ブログで食通の才を見せていたような?!

戦後生まれ初の首相。改めて52歳と聞くと、俺と一回りしか違わないんだよなあ。俺も歳に見られるけど、安倍さんも落ち着いてるなあ。(-。-) ボソッ

安倍さんは、”昭和の妖怪”と呼ばれた岸信介を祖父に持ち、父は晋太郎さん。”お坊ちゃま”と評された。組閣も、支持派の方々を擁立して無難な人事でサプライズなしだったようだ。無難が決して悪いわけではないので、まあ、しっかり政治やってもらいたい。

でも一番の注目は、残念ながら、安倍さん本人ではなく、奥様の昭恵夫人の方が断然マスコミにも注目されているような感じだね。小泉さんが独身だったこともあってか、5年ぶりのファーストレディー誕生に湧く?!

今まではそんなに奥様は注目されたことあったっけ?

昭恵夫人は、安倍さんとは8つ年下の44歳。歳も近いせいもあって話を聞いただけで、非常に興味湧くねえ。写真とかで見ると南果歩似?!

家に帰るとお酒を飲んでフラメンコ踊るとか、キムタクとか、韓流スターのパク・ヨンハの大ファン。安倍さんはお酒飲めないのに対し、昭恵さんはビールだったら中ジョッキ4~5杯は行ける口だとか。”アッキー”の愛称でFMのDJをもこなすファーストレディーの誕生である。

政治家の妻として帝王学も学び、”気さく、男っぽい、天真爛漫の明るいお嬢様”(フラッシュより)タイプ。好対照の安倍さんとは、バランスが取れているのか、影の首相?!の決断力、行動力が首相補佐官に大注目だね。

我が家のカミサンも当然強いが、旦那を立てない。批判的で決して褒めない。少しは、見習ってほしいぞ~(;´д`)トホホ

01/20/2006

7万ヒット!「ライブドア」=、「活力(live)門(door)」=「ホリエモン」ってホント?

今日は大寒、非常に寒い一日です。雪も落ち着いたけど、また明日から怪しそう。
我がブログ3日前あたりに、7万ヒットしました。アクセス、ありがとうございました。
ちなみに6万ヒットから約3ヶ月かかったね。(-。-) ボソッ
昨年は“かおる姫”の登場に沸いた女子バレー人気にあやかってアクセスを伸ばした7月は、月間アクセス19,537件、MAX2,160件なんて頂いた日もありました。
ちなみに
5月1,306
6月4,958
7月19,537
8月8,569
9月5,925
10月3,258
11月3,792
12月2,134
1月2,124(今日まで)
最近は鳴かず飛ばずの状態で、落ち着いたアクセス数は、1日100アクセス前後のごく普通のブログに甘んじています。一日あたりの平均で約195という状況ですが、俺にはちょうどいいかもしれません。“無理せず”が基本で、今後も日々精進致しますので、ご愛顧のほどをよろしくお願いします。

今超話題は、ライブドアですね。この問題で株式も一体どうなってしまうんでしょうね。お金が動かず株式だけで商売出来る錬金術が取り沙汰されているけど、企業買収っていうのは、全く雲の上の世界って感じ。「株式交換」、「株式分割」、「粉飾決算」、「風説の流布」、「偽計取引」・・・・なじみのない言葉が飛び交うが、株式の勉強になる。

しかし、東京地検特捜部一斉捜査ってことはかなり深刻かな?ピンチ?ぬぅ(; ̄- ̄)...
堀江さんもだいぶ焦っている様子が伺えて、今までの登り調子のときとは、打って変わって、マスコミの前での表情はだいぶ湿りがちに見える。勢いもなしぬぅ(; ̄- ̄)...
海外新聞でも大きく取り上げられているね。

「成り上がり者を懲らしめようという政治的意図?」
18日付の米紙ニューヨーク・タイムズは経済面で「インターネット企業への強制捜査で日本株下落」との見出しで報じ、多くの日本人が強制捜査の背景に政治的意図があるのではないかとみていることを指摘した。
捜査の背景について、「エスタブリッシュメント(既成体制)に挑戦しようとする成り上がり者を懲らしめようとする政治的意図があるのではないかと考えている」と分析した。
「高慢で、きざなキャピタリスト」「日本ビジネスと文化を変える人材?」
「攻撃的なビジネス手法、自家用機で飛び回る派手さを忌み嫌ってる。」
18日付のロサンゼルス・タイムズ紙は「高慢できざなキャピタリストである堀江社長がやり玉にあがったことは、堀江氏は生意気だが日本のビジネスと文化を変えるためには効果的だ、と考えていた日本人にとってショックだった。
小泉純一郎首相もその一人で、昨年9月の選挙で堀江氏を「改革派候補者として抜てきした」と解説。日本のビジネス界は「堀江氏の攻撃的なビジネス手法、時間外取引など自ら灰色と認める金融取引、テレビに露出して自家用機で飛び回る派手さを忌み嫌っている」と指摘した。(毎日新聞 2006年1月19日)
日本の美徳からの逸脱?!出る杭は打たれるってことですかね。
勝てば官軍だったし、世の中の変革につながったはず・・・・
もしこれでライブドアが消えるようなことは、確かに改革派からすれば、残念なこと、複雑だあ。
インターネットのポータルサイト、ブログユーザー大勢いるのにね。俺はココログでよかったあ(-。-) ボソッ

海外での通信で気になった記事をもう一つ中国紙でのライブドアの表記と発音で面白記事。

中国語では会社名「ライブドア」の発音に合わせた漢字をあてることが難しいため、「活力(live)門(door)」と表記。中国語で読むと発音は「ホリエモン」となるらしい。
┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

人気blogランキングへ
気に入ったら、ポちっと、クリックしてやってください。↑

11/08/2005

「サラリーマンの夢」35歳でプロ編入試験で見事勝利!プロ棋士瀬川晶司の誕生

あなたの夢をあきらめないで~思わず岡村孝子の曲をバックに流れるような・・・・(;_;)ウルウル
「僕はやっぱり将棋の世界で生きていきたいんです。」
将棋界のアマチュア強豪で35歳のサラリーマン瀬川晶司さんがプロ棋士になったニュース。
将棋界では26歳までに突破しなければ、プロの道はない狭き世界。
「頼もう~」と嘆願書の提出。編入試験を直談判。
そして特別の編入試験プロ6番勝負で3勝でプロ合格。4敗で不合格の対局に挑み見事勝ち取ったのだ。

「アマチュア強豪」っていう新聞の言い回しなんかおかしいくない?
4段(プロ)昇段わずか年間4人の狭き門っていうのも驚き、26歳の年齢制限の壁があるんだね。
で瀬川さんは3段でプロ目前で日本将棋連盟の棋士養成期間である奨励会で一時は去ったわけ。
それでもって、将棋の世界を再び目指すというその底力。並大抵ではないね。
プロも恐れる瀬川さんだったようだ。将棋協会内藤邦雄会長も嘆願書を採用。粋な計らいだったね。
26歳でプロになれなきゃ、夢破れたりで夢は夢で終わってしまう人が多い世界。
さらに追いかけたっていうのがすばらしいね。
でも現在の瀬川さんはサラリーマン収入給与で年俸500万弱がプロになったってやっぱり実力社会。
初年俸は、100~200万円?下がるとか。それでも将棋のプロ棋士なんだね、
日本将棋協会から給料って出るの?
w(゜o゜)w オオー!将棋まつりとか長野駅前のデパートでもやってるなあ。
将棋協会ってどうやって運営してんだろう??ヽ(  ̄д ̄;)ノ ハラホレヒレハレー
まあ、プロも恐れるアマ瀬川さん。
「アマ名人」、「アマ王将」のタイトルもあり、プロとの公式対局で過去17勝10敗。
これからどんどん実力つけて頑張ってほしいね。同世代として。

日本将棋連盟HP
瀬川さんのブログ~瀬川晶司氏将棋プロ入り6番勝負ブログなんぞを発見!
中井女流6段との戦いは劣勢からの大逆転だったみたい。

俺も小学校の頃、休み時間、放課後はクラスの友達と教室で将棋やったっけ。
升田幸三、大山康晴とか昔の君臨したプロを語って将棋さしたっけ。そんな世紀の対戦の本なども読んだり。
クラスの中にも名人級がいたね。そんな奴を思い出す。
背筋を伸ばし、指先で将棋さしていた。思い出すと、ちょっとオヤジぽいというか若さが・・・。
中原誠名人は憧れだった。ちと途中でスキャンダラスに巻き込まれたが・・・(-。-) ボソッ
永世十段で君臨してる。そっちの憧れではない。そちらは読みはずれ。
昔は♪おゆきとか歌っていた内藤邦雄さんが会長なんだ。
(会長は米長邦雄さんです。内藤さんは、國雄さんですね。訂正してお詫びします。m(_ _;)m )
加藤一二三さんも年取ったね。
久しぶりに拝見した。
スマン、話逸れてるね。m( ̄- ̄)mごめん

6年生から将棋を覚えた瀬川さんだから、同じ頃から将棋を覚えたってことだよね。
どこでどうなったのか俺(-。-) ボソッあ、別に将棋にそんなに熱は入れていません俺。

まあ、何をいいたいかは、夢はあきらめない、その精神力に脱帽ってこと。
今じゃ羽生さんとか谷川さんとか中井広恵さんとかくらいしか耳には入ってこなかったけど、これで瀬川プロの名前もインプットされた。
これからの活躍に注目していきます。\( ̄ー ̄)/ ほ~い

人気blogランキングへ
気に入ったら、ポちっと、クリックしてやってください。↑

07/13/2005

橋本真也さんを偲ぶ・・・

“破壊王”人気プロレスラー橋本真也さんが11日午前10時36分、「脳幹出血」のため横浜市内の病院で亡くなった。40歳だった。
「橋本真也、一体どうしたん?うそだろ?」
このニュースがネットに流れたときはビックリするのと同様に落胆。思わずディテールを知りたくなって、ネットでその事実を知ることなる。

・・・・橋本真也の思い出を語る・・・・

最近は、プロレス界も以前のようなブームは俺の中でも去っていた。
でも決して気にしていないわけではなかった。
「橋本真也」となれば、入れ込んだプロレスラーの一人である。
地方興行となれば、何度か新日のリングを見に行く機会があった。
橋本真也は、新日のメインに君臨していた時代が懐かしい。猪木なきあと、闘魂を継承。
相手の攻撃に逃げず耐え、闘志あふれるファイトで立ち向かい、最後は決める。そんな橋本の戦いがファンを魅了した。最近の印象深いのは、やはり00年の小川との一戦。
「負ければ即引退」で臨んだ戦いでまさか敗れた橋本は新日マットを去り、そして復帰するも新日解雇。
晩年は波乱万丈であったというか、このままでは終われない橋本の挑戦。プロレス界全体の発展のために、もう一度、どこかで「橋本真也」が君臨する。ファンはそう念願していたし、おこがましいが橋本さん自身もそう思っていたんではないかと・・・・志半ばで、急すぎる死が悔やまれる。

実は今でも大切しているものがある。橋本真也さんとの思い出・・
俺の結婚式に友人から送られた橋本真也のサイン。しっかり”破壊王”と書いてある。
結婚式にはやや不向き?であるが、たまたま友人が橋本さんの近くにいたので、何が記念に欲しいものといったので、「橋本真也のサインをくれ~」といって書いてもらったもの。今でも大切にこの部屋にある。

HS-hashimotofan

そして、8年前ほど前に友人の結婚式で、橋本さんに直接お礼を言う機会があった。
握手してもらって、ツーショット写真を撮る。それもしっかり額の中に納まってる。
そんな忘れられない思い出と橋本真也復活を夢見ていた一人としてホントに残念でならない。
古舘さんのコメント「彼は殉職した。」・・・体を張ったファイト、受身を取らないで真っ向勝負。危険を覚悟で立ち向かったこと、あの130キロを超える体型で心臓や脳などにも負担がかかっていたんだなあと。

とにかくご冥福をお祈りします。

人気blogランキングへ

04/26/2005

兵庫県尼崎市JR福知山線脱線事故の大惨事

お昼休みにテレビつけて飛び込んできたのは、JR福知山線脱線事故の大惨事の映像だった。
電車ってこんなになってしまうのかあ~。思わず、目を疑った瞬間、思わず顔も強張った。

乗客600人弱の人が、乗っていたということ、5両が脱線して、先頭車輌2両は、マンションに巻きついた状態で大破したことで、多くの死傷者が出ている。そして、まだ、車輌内に閉じ込められている人がいるようだ。

不慮な事故で乗客には、防ぎようのない事故であるということで、なんともやり場のない悲惨さがある。
亡くなられた方、遺族の方々の無念さが伝わってくる。

一体、何処に原因があったのか?想像するに、運転士の経験、直前の伊丹駅でオーバーランしたなど、精神的なプレッシャーなどもあったのか?我が田舎みたいに、20~30分間隔というようなとこからすれば、過去の大惨事列車事故は、過密ダイヤというのも指摘されているようだ。遅れを取り戻すために、スピードを出すぎた?

専門家、鉄道アナリストが解説しているが、スピード出し過ぎで、脱線することはないが、置石、スピード出し過ぎで、急ブレーキが仇になったのではなんて解説もある。
まあ、とにかく、直前に異変があったことは否めないし、そして大惨事。
何か複合的に何かが起きたってことには間違いない。

いずれにしても、公共交通機関を利用している者とすると、当然、安全である乗り物で大惨事なんて想像も出来なかったはず。たまたま、その電車に乗ったことが、運命を分けたとしたら・・・・・
まさか、身内が・・・・鳴らない携帯・・・・・
被害に遭われた方々そのご家族のことを思うと憤りを感じる。
ご冥福をお祈りします。

04/19/2005

堀江さんが目指したものは?ライブドアはこの先どうなるの?

「想定内の範囲内」の和解成立?そうなの?堀江さんの目指していたものは、ニッポン放送を買収し、さらなるは、フジテレビの買収ではなかったか?
結局、良い様に丸め込まれた感がある。1000億円もの外資を投入して、株式を取得、結果的には、引き換えに、それ以上の資金を獲得しただけのマネーゲームで終わってしまったね。これが全てだったとするとちょっと寂しい。
もっと、期待していた?(-。-) ボソッ

フジテレビ側は、逆に、「想定外」だったはず。なのに和解なの?
時間外取引でニッポン放送株をライブドアに買われTOB成立も危ぶまれた。支配力を懸念して「新株予約権」なるもの発行、500億円の増資、さらには、ニッポン放送が保有するフジテレビ株13・88%をソフトバンク・インベストメント(SBI)に貸し出し。SBIがフジテレビの筆頭株主になり、北尾CEOなる「M&A」のプロまで、ライブドアつぶし?に飛び出す始末だったはずだが・・・・。
結果的には、払いたくない金を払って、業務提携で和解かあ~(-。-) ボソッ
しかし、なんかよくわからない結末に消化不良の人も多かったはずですね。ぬぅ(; ̄- ̄)...
このニュース、NHKなんかでも取り上げるだけの価値あったのかな?国会でも話題になったし・・・
これからの動きのほうがむしろ重要だと思う。

株式の勉強にはなったかあ!?~(⌒~⌒;A

今までの株式のあり方っていうか、今までなら「筆頭株主」だからって表立ってはね。金は出しても会社経営までは口を出さないっていうのは、日本の体質、美徳であったはずが、今回の騒動?で、「M&A」って言葉も初めて知ったけど、西武のT前オーナーのように、社長体質で、他を寄せ付けないっていうか、T家の家訓たるやで、会社を築いてきた、たとえば、生え抜きの社員で内部から組織にのぼり詰めようとしている人にとっては、
「株式を50%以上も確保したから、俺に会社を経営させろ~」っていうのもいかがなものかあとか。

プロ野球球団の再編だって、楽天、ソフトバンクのIT関連会社に経営権が渡ったしね。IT業界の台頭により、その様相が変わってきたのも事実。新しいこと、変化、改革には、必ず後ろ向きの意見や保守的な意見が出るのは、当たり前なんだけど、「楽天」、「ソフトバンク」には好意的な発言も飛ぶ一方で、ライブドアにはなぜか手厳しい。「ホリエモン」っていう軽そうなキャラが邪魔してる?

まあ、でも、そういう逆風は何処吹く風。そういうのを全て打ち破ろうとしていたし、堀江さんは何かやってくれるではの期待していた人も多かったのではないだろうか。

堀江さんが目指すものは何?ラジオとテレビ、インターネット、メディアをどうしたいんかな?俺は昔からラジオに憧れて、テレビよりラジオ、深夜放送にはまった時代があった。リスナーとのコミュニケーションを図れるものとしては、テレビより上だったような気がする。

単なるブーム、騒動で終わらせないためにも、堀江さんには、ニッポン放送、また、将来はフジテレビをどうしたいのか・・・・。

堀江さんのこの騒動前に発行された週刊誌の記事(ダ・カーポ553号)を読んだ。

「事業参入を決める基準はもうかるかどうかだ。(中略)誰でもできるとなると薄利多売になる。だから確実にもうかる分野に参入する。どんな分野でも参入しているわけではない。」
なるほど、そういう尺度なんだな~。さらに読み進めると・・・・・。
「儲かると思った分野だったが、雑誌も一度発行したことがあるが、1号出して徹底した。これは失敗すると思ったらすぐ手を引くのが重要だ。」

「楽天」もなかなか調子が上がらないので、こちらも、一筋縄ではいかないようだが・・・・
この業務提携による和解、すぐ手を引くなんていったら、世論はやっぱり怒っちゃうよ。

10/24/2004

日本列島が危険にさらされている

台風23号に引き続き、今度は新潟を震源とする直下型地震。震度6強、M6.8
長野市内も震度4、大きく揺れました。

ちょうど、息子の誕生日のお祝いを外食でってことで、市内の飲食店内で過ごしている最中の出来事でした。
最初は、寝不足で、だいぶ体がふわふわするなあ~っていう感覚から、上から下がる蛍光灯が大きく揺れている様子、子供達、周囲のざわめきから、地震であることが確認できました。

テレビ、ラジオなどが手元になく、店内でも特別アナウンスもなかったのですが、すぐさま、友人にメールをし、新潟が震源であることを知りました。

それから、何度と、どれが余震で、本震なのか、分からないくらい、強い揺れが断続的にあり、真ん中の娘7歳は、怖くなり、一人ナーバスになり、食事も喉に通らない状態ということで、地震の大きさを想像してみてください。

帰ってきて、この家の中でも3階に位置する関係もあって、帰ってきてからも、寝るまでの間、何度となく揺れを感じ、このパソコンのモニターがギシギシ音を立てていましたよ。

災害は忘れないころにやってくる?やってきた!

台風でも大きな爪あとを残したので、まさに泣き面にハチ状態。
ちょうど、夜に差し掛かる時間帯だし、またこの日は初冬を思わせるような寒さ。
さらに停電騒ぎ、倒壊、道の陥没などが起きているようで、非常に被災地付近の深刻さを察します。
特に新潟は、今年豪雨災害があった年ですね。
日本列島が危険にさらされている感じがします。

昨日は、思わず災害避難用のリュック、懐中電灯を確認しました。
たぶん阪神・淡路大震災の跡に用意したもので、約10年弱。
上の息子が10歳の誕生日ですもんね。
すでに、非常食が期限切れであったり、昔に用意したので、子供のオムツなんかも入っていたり。
これを機会に見直します。
携帯ラジオもあったほうがいいですね。

今朝、新聞で、長野-新潟の活断層帯の存在を知りました。
この辺は地震災害はノーマークというか、40年前は頻繁に地震があった活断層帯も最近は大型地震がなかったことで、将来は大規模地震が想定されていた?!注目の「空白域」のようですが、さすがに予期せぬ事態、事後対策しかないのかと痛感しています。

地震予知で止まるシステムの新幹線の安全神話も今回脱線事故。
直下型に弱い新幹線も露呈してしまいました。

備えあれば憂いなしですが、この台風、地震は防ぎようなくて、拒めない無念さを感じます。
特に地震はまったく予知できないので、怖いです。

昨夜の我が家では、高いところのモノを床に降ろし、たんすなどが倒れてくるのを想定して、寝る位置をなどの対策をしましたが、それくらいしかできませんでした。
とにかく天災の恐ろしさです。

被災地の状況が心配です。
今朝は5度以下の寒い朝ですので、直のこと心配です。