« November 14, 2010 - November 20, 2010 | Main | June 5, 2011 - June 11, 2011 »

Posts from March 13, 2011 - March 19, 2011

03/18/2011

頑張れ!ニッポン 

長野に居ても建物から飛び出した地震。まさか日本で、昨年10月訪れた東北方面で、こんな大きな災害が起こるなんて・・・・・

テレビに映し出される映像は生々しく、家から車から木の葉の如く飲み込まれ、「ヒアアフター」の映画のワンシーンなんてもんじゃない津波の恐ろしさを知る。

1000年に1度?通常ならば経験しようがない大災害。過去の経験が活かされなかった現実。ある自治体はすべて津波に飲み込まれた。

多くの方々が被害に遭遇し、亡くなられ、今もなお、行方不明、安否不明の方々が多数。身元の分からない遺体、そして何十万人もの被災者の方々。

さらに福島では原発事故で恒常的な災害の発生。注意していながらも防げない爆発、火災・・・放射線漏れの恐怖に焦りの声。

3.11東日本大震災ははあまりにも悲しい出来ごとで、何もする元気がなくなり、家族が引き裂かれた被災された方々の声を聞くと他人事とは思えず、日本中、世界が悲しみを共有したこの1週間。思わずブログ書き込みに戻ってきました。

家を失い、父は未だ行方不明の子供が、テレビの前で、

「今までが幸せだったことが分かった。」

当たり前に生活していたことがあの一瞬にしてすべてを失い、突きつけられた現実。

もしかしたら本当の悲しみや認めたくない現実で実感が湧いていないのかもしれないけど、その一言を聞いて、胸が詰まる思いだった。

連絡不通となり、数日ぶりに再開した夫婦。

生きていて良かったと涙する。お互いを思いやる姿は羨ましさまで感じた。

周りにもいまだに連絡が取れない、大学時代の友人と携帯が繋がらない、親戚、知り合いの安否が不明。連絡はついたが、家や畑は流され、避難所生活を余儀なくされている話は多数で、他人事とはやっぱり思えない。

どうして?こんな大惨事が?こんなに追い込まれなきゃいけないの悔やんでも悔やみきれない現実で、阪神淡路大震災の360倍ともいわれる地震のエネルギーで日本は失意のどん底に突き落とされた感あるね。

悲しみの共有以外に何かしたくても何も出来ないでいる無能さ。復旧、復興に向けては自衛隊や全世界からの支援があるようだけど、行方不明者の捜索、ライフラインの復旧、避難生活者に対するフォローなどマンパワーが不足しているという。

計画停電で、電車は止まる。ガソリンはなし、食料品、電池、コンロ、トイレットペーパーなどの買いだめに走る人ら。被災者を思えば多少の不自由は耐えなきゃいけないね。

一体この先どうなってしまうのだろうか?

一方で、全世界にこの災害ニュースが配信され、日本人の冷静な対応、配給に整然と並ぶ姿は、称賛されているらしい。

『最大の危機』と言い切った菅首相。経験はしていないが、敗戦から復興した日本人だからこそ、必ずや復興出来ることを願い、信じるしかない。

センバツ高校野球も予定通り開催するようだ。

野球どころではない心境の中、登場する東北高校に注目が集まると思うし、開会式に、しも東北ナインが出られるとなれば、否応なしで目頭が熱くなると思う。

とにかくみんな応援しています。頑張れ!ニッポン。そう願うしかないね。