« January 20, 2008 - January 26, 2008 | Main | February 17, 2008 - February 23, 2008 »

Posts from February 3, 2008 - February 9, 2008

02/09/2008

長野五輪から10年かあ~

Naganocap0961 朝から長野五輪の10周年記念のイベント盛り沢山で、長野のローカルの各局が朝から晩まで取り上げていたので片っ端から見て感動していたcrying

10年ひと昔とはいうけど、あの感動は今尚、薄れることなく、ずっと受け継がれてきていることを実感している。感動シーンは何度見てもいい。見ながら、やっぱり熱くなる。それをオリンピック後に生まれた末娘に悟られる。「あ~お父さん感動してる(;¬_¬) ジロッ」

それこそ、『川中島の戦い』以来の長野市周辺は大賑わい。新幹線の改札口には人だかり。実家に程近い選手村付近では、当時3歳の息子をだしに選手村付近でアメリカの女子ホッケー選手にピンバッチをもらう。誰だかわからないがサインを強請っていた。あのウォーザースプーンにも、長野中央通で片言の英語で、サインをもらった。コタツにあたっていたら、ノルウェーの選手がランニング( ̄□ ̄;)マジ!?我が家の前を個人最多金メダルのビョルン・ダーリが走ってきた?!

白馬での運転ボランティア。色々取り沙汰されたけど、オリンピックに貢献したんだと今はいい思い出。まさにこの地でオリンピックが開催された事、あのオリスタに全世界の選手が集ったんだと改めて映像見て実感。誇りと感動が再び蘇る。

Naganocap0957 清水宏保の金メダルで一気に盛り上がりを見せ、ジャンプの原田、船木で一喜一憂。『立て、立て立ってくれ』の実況は今でも耳に残る。たまたま親戚が当った男女モーグル決勝を飯綱高原で観戦。里谷多英の金メダルを目の当たりし、まさにオリンピックが目の前で行われているんだとさらに印象づけされたシーンは印象もの。当時まだ女子高生の上村愛子ちゃんも未だトップアスリートで頑張っている事も嬉しい。

Naganocap0958 ああ、10年経ったんだね。早いなあ。その時生まれた娘は、小学校4年生。当時は白馬に程近い所に住んでいたから、1歳にならない赤ん坊を抱えて、ジャンプの合宿を見に行って、原田選手と一緒にサインに写真撮影してもらった事。団体金の船木、斉藤、岡部4選手のサインは今でも家宝。本当に原田選手は気さくな方で、テレビで見るのと全く同印象。原田スマイルでいい感じの人でした。

Naganocap0960 ああ、しみじみ昔の写真集、総集編を見ながら、感動だあ。明日はエムウェーブが無料開放の日。娘二人連れてスケートに行く予定sign03\( ̄ー ̄)/ ほ~い

02/08/2008

生誕400年 旧高遠藩主 保科正之を大河ドラマに?!

保科正之の生誕400年が2011年らしいが、歴史上でもなかなかクローズアップされることのない保科正之公であるが、今日新聞に、『名君保科正之公の大河ドラマをつくる会』が発足するとあり、ぜひ大河ドラマ化を望む一人としてブログ書き込んでいる。

徳川秀忠の隠し子。3代将軍家光とは異母兄弟である。秀忠公は、正室の恐妻ぶりを恐れて、高遠藩、武田信玄の次女(穴山信君正室)の見性院にかくまってもらったというエピソード。

家光時代に頭角を現し、会津藩主となり、あの『会津家訓十五箇条』を定めたとされる。これがまさに、白虎隊、新選組に通ずる幕末の悲劇に繋がるという大スペクタクルを巻き起こす。

3年前のまさに今日?!念願の会津若松へ旅行に行ったのは何かの因縁かあ?!鶴ヶ城が懐かしい。あのときにすでに署名活動、保科正之プロジェクトは始まっていたことを思い出す。25万人が署名したとか・・・

武田信玄、風林火山から信州高遠からそして会津へ。松平容保から白虎隊も食べたであろう高遠そば。辛味大根の汁でそばをススルなんて、もう最高!パブロフの犬と化す俺。

『風林火山』が終わったけど、幕末関係だから『篤姫』も毎回欠かさず見ているし、もう大河ドラマ最高!!

ああ、『風林火山』の経済効果は109億円って試算出ていたねえ。大河ドラマの影響力は凄いもんだあ。

そんなことでNHKさん、ぜひ保科正之公を大河ドラマ化をお願いします!!m(_ _)mペコリ

02/06/2008

盛岡冷麺、わんこそば、ジャージャー麺

盛岡に1泊の出張。初めてはやて号bullettrainに乗った。大宮から2時間とは恐れ入った。東北は寒いからと、着込んでいったが長野と変わらずその日はむしろ暖かい。タイツにホッカイロは余計だった。盛岡駅前は雪少なかったし、逆に帰りの長野の方が大雪だった。snow

盛岡といえば、麺類が有名。盛岡冷麺、わんこそば、ジャージャー麺は『盛岡3大麺』。なぜ有名なのかそのルーツはよく知らないが、盛岡に来たら、やっぱり食べてみたい。完全に策略?にはまるが、密かに麺類党であることは否めない。noodle

盛岡にはじめての訪れた時も首傾げながら食べた盛岡冷麺。温麺も最近?!はあるんだね。

やはり、なんともいえない食感がたまらない。キムチの辛味は平気なんだけど、あのデンプンを固めたゴムみたい麺にスイカとかフルーツ乗ってるのがミスマッチなコラボレーション。そして汁が当たり前だが冷たい。辛めを頼むけど意外にあっさりなのは、冷たいから?

今回は、西洋梨がトッピング。やはり相変わらずの不気味な食感。今回は意外にもあっさりクリアで以前の驚きはなかった。ただ3次会の後の冷麺はちときつかったし、カロリーかなりオーバー。

数年前に訪れた時は盛岡駅前でお昼にわんこそば。さすがに、出費もかさむし、味わえないあの食べ方はしんどいので今回はパス。帰りの子供達のお土産は、定番の南部せんべいに、前沢牛の駅弁、そして盛岡冷麺を購入。

カミサンには、相変わらず俺の土産品は不人気だったけど、休みの日に子供達に盛岡冷麺を振舞う。我が家にも西洋梨が冷蔵庫に数個残されていたので、限りなく再現。トマトにハム、ラフランスにレタスをトッピングして盛り付ければ盛岡冷麺完成!!見た目もGood

子供達には、初めて味わう麺の固さとトッピングの西洋梨に驚き( ̄□ ̄;)マジ!?キムチんの辛さは子供等も食べられるようにお好みで入れて混ぜるスティックタイプ。ちと入れても小学生の娘らは辛いと騒いだが、これが意外においしく好評で子供も一人一食を完食だったのでホッ\( ̄ー ̄)/ ほ~い

ただ、俺の分は逆に減ってしまったのは計算違い(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

盛岡冷麺どっとこむ

いつの間に絵文字付いたんだココログ進化してる恐るべしぬぅ(; ̄- ̄)...sweat01

« January 20, 2008 - January 26, 2008 | Main | February 17, 2008 - February 23, 2008 »