« July 20, 2008 - July 26, 2008 | Main | August 17, 2008 - August 23, 2008 »

Posts from August 10, 2008 - August 16, 2008

08/16/2008

久々の休み~北京オリンピックに注目!!

お盆休み~。家族はカミサンの実家へ行っているのをいい事にダラダラした生活している。(;´д`)トホホ オリンピックイヤー。甲子園ネタを出したいとこだけど、タイムリーな話題がなくて、折角の90回記念大会なのだが、北京五輪のほうが気になるところ。ベスト8常葉菊川と智弁和歌山の試合。智弁和歌山の怒涛の追い上げは凄かったが、6回の10点はやりすぎた(-。-) ボソッ。

なんだかんだで気になるオリンピック観ながらうたた寝グオオオッ~ {[( ̄・・ ̄)]} ガオオオッ~日本人選手をこのときとばかり応援するっていうのがいいねえ。競泳の北島康介はやっぱり凄い。有言実行は群を抜く。メダル数はアテネよりも苦戦しているが、これまで印象に残るものも多いんじゃないか。オグシオの影にスエマエコンビの大金星。体操の19歳内村選手。24年ぶりの個人総合のメダル。それも銀メダル。エース冨田選手もつり輪のアクシデントありながらも4位は立派だった。メダル圏外と思われたが大逆転。最後の鉄棒は鳥肌立つくらい完成度の高いものだったので、これから期待できる。

やっぱりメダルに絡んでほしいと思うけど、獲れるはずの種目でメダルを逃すというのもまたこれも勝負の世界だからしょうがない。柔道は大苦戦した。『朽木倒し』たるあの体当たりの技はいかがなものか?最強、盤石と思われた鈴木桂治もまさかの一本負け。あれは場外だろうヽ(  ̄д ̄;)ノ ハラホレヒレハレー。

シドニー五輪の100キロ超級で篠原信一がドイエの「内また」を「内また返し」で一本勝ちと思われたのが、主審の判定は相手に「有効」ポイント。判定競技の難しさ。判りにくい。投げたか?投げられたか?自分に分があるかは選手がよく判っている。

誰が見ても勝ったっていうのは谷本歩実の完璧な一本でしょ。嫌なムードを払拭してくれた最終日の石井選手の金メダル。そして惜しかった塚田選手の銀メダル。一本勝ちに拘った選手が結果を残したのかな?

植田ジャパンは、勝たなきゃいけない中国戦をフルセットで落とす結果で、決勝Tは益々厳しくなった。完全アウェーの環境はやっぱり力出ない?ゴリ、福沢らを起用し、山本、荻野を温存?!。若手に五輪を経験させているようにも見える。やっぱりメダル争いは厳しい。柳本ジャパンはストレート勝ちかと遅い時間帯にも係わらず観ていたが、フルセットへ縺れ込む。ぬぅ(; ̄- ̄)...なんとか勝利。決勝Tには進出したいが、メダル常連国相手ではやはり苦戦。正念場。ミラクル見せて!頑張ってもらいたい。

ソフトボールは、アメリカにコールド負けだったが、調子は良さそう。なでしこジャパンは、中国破り、4強でメダル王手までキター!そして星野ジャパン。初戦のキューバに2-4で敗れたが、台湾、オランダを撃破。そして今日は宿敵韓国戦。ダルビッシュ、マー君、慎之助に川崎が頭丸めて坊主頭で登場だとか?!男のけじめ?選手同士の気合の現れ?チーム一丸となっているようにも思える。高校球児に戻ったつもりで、絶対勝ちたい相手。イスンヨブ打たないでくれ!お願い ( ̄人 ̄)

08/12/2008

TAKAKO最高!by飯綱高原

しこたま忙しいウィークでもう身体はヘトヘト。健康診断やったら、4キロも痩せてた( ̄□ ̄;)マジ!?冬場蓄えた脂肪を完全に燃焼している今年の夏。鏡で見れば一体どこの国の人?娘らには「ボビー」と呼ばれるが、そんなには黒くないよな?!。2008takakocimg3204

楽しみにしてた飯綱高原・大座法師池 「2008オトナリGREEN SESSION 湖上の歌、地球の声」に行ってきた。俺にとっては16年ぶり?くらいかな、ライブ白井貴子見たさに出掛けたよ。いざとなったら一人で行くのは流石に抵抗感(;¬_¬) ジロッ。寂しいオヤジを演出してしまうので、娘2人を誘って出掛けるなら家族連れで絵になる。

大座法師池をバックに完全なる野外ステージで、到着してすでに過ごしやすい気温というかやや肌寒い夕方4時。もくもくと入道雲が厚く、またしても撮影!2008takakocimg3221 「お父さん新選組!の雲だね。」\( ̄ー ̄)/ ほ~い一番前列左側に陣取ってステージを待つ・・・・意外や意外、ほとんどステージと会場の隔たりはなし。出演者も横を通り過ぎていく。そして、すでに白井貴子を発見!もう目が点になった。\( ̄ー ̄)/内心はドキドキ。すぐさま駆け寄って行きたい気分だったが、そういう雰囲気はなし。他の観衆はノーチェックで素通り状態。白井貴子狙いは意外に少なかったのか?!やはり時は過ぎているんだなあと・・・・。

子供をだしにしてハプニングを狙おう。サインペンはローソンで買ってきたしね。今回のテーマはエコロジー。エコ、環境がテーマ。派手なライトアップなしの森の中で、夕方になるとセミの声が響き、池からは爽やかな風。また、廃油を利用したローソクがステージに並べられる。2008takakocimg3235

出演者は4組。そのトリが、白井貴子ライブ。思った以上に前の方々の時間が超過。やば予定時間を大幅に過ぎてきてぬぅ(; ̄- ̄)...やや薄暗くなった夕方6時半過ぎにやっとこライブが始まった。

遠くで雷。夕立だけは絶対に勘弁してよ。意外に軽装で来ちまったなあ。娘達が風邪引いたら、またしてもカミサンと険悪モード全開間違いなしぬぅ(; ̄- ̄)...2008takakocimg3241

久々に見るCREZYBOYS ホンチ、南明雄のギター姿に感動!そして「Chance!」。まさかここでライブが聴けるなんて(;_;)ウルウル。白井貴子の透き通った声が飯綱高原に響き渡り鳥肌もん。会場が一体になっていく感動。

newアルバム「地球~HOSHI~」から2曲、「Run 風のように 雲のように」、「Orion」 。チェックしておかなきゃとネット購入して通勤時にくり返し聴いていたので思わず大声で一緒に歌う。娘達はこちらの方が馴染みがあったみたい。知っている曲が続いてさらにヒートアップ\( ̄ー ̄)/ ほ~い。

2008takakocimg3242 久々の生トーク。全然変わらない。お茶目な感じでいつもニコニコ(〃^∇^)o_彡☆会場とのディスカッション。。「オリンピックに張り合うつもりはないけど、もしも誰も来てくれなかったらと心配だった。」と会場の笑いを取る。道中、山道で一体どこへと思ったそうだが、素晴らしい環境に思わず「住民票移したい!」いいぞ!いいぞ!

本当は俺、昔みたいに総立ちで盛り上がりたいところだが、最前列だし、ちと恥かしく自嘲。貴子さん自身も期待していたのではと思ったとこだが、相変わらずステージで狭しと飛び跳ねている姿に感動!マイクを持って真っ暗な観客席に飛び込もうとしているから、思わずニアミス来るかと待ち構えるぬぅ(; ̄- ̄)...「ひまわりの咲く頃」~「Born Free」~「みんなに知って欲しいこと」~最後は「元気になーれ」を大合唱!あっという間に終了。

馴染みのある古い曲でさらに鳥肌立てて聴きたかったけど、年代的には新しい曲で後半構成されていたのかな?!それでも知っている曲が多くてよかったなあ。

もう7時半過ぎ( ̄□ ̄;)マジ!?予定時間が超過。帰りにそれでも余韻を楽しみたいなあと思っていると、目の前に貴子さんが単独現れビックリ!心臓がフリーズ寸前になりそうだった。

『本当はアンコールに「美しい地球」を歌うつもりだったけどスタッフに止められちゃった。』緊張してリアクション取れない俺(; ̄ー ̄A アセアセ・・・まさか、貴子さんと普通に会話しているし、こんなサプライズあるなんて(*^。^*)ポッ。CD買って、そこにしっかりサインをしてもらった。娘達も帽子の日差しにしっかりサイン。全部で3つも書いてもらっちゃったんだけど、でも本当は俺も帽子にサインしてもらうつもりで考えていたのに完全にニアミスで舞い上がり状態。

冷静に見ていた娘達が、オヤジのデレデレした行動に一言「きもい」。

最後にしっかり握手して、一声掛けて会場を後にしたよ。

もう一度戻って、みんなで写真撮ろうと思ったが、娘達に止められ、2ショット写真は幻に。(T-T)もう少し話すればよかったとか、こんなに近くで話出来るんだったら、遠慮せず早めに写真撮っておけばよかったなあと後悔ぬぅ(; ̄- ̄)...

ああ、CDやサイン眺めて、今余韻に思いっきり浸ってる。TAKAKO最高!俺は永遠に白井貴子ファンであり続けようと誓った日でした。また長野に来てほしいぞお~( ̄ー ̄)/ ほ~い

« July 20, 2008 - July 26, 2008 | Main | August 17, 2008 - August 23, 2008 »