« September 30, 2007 - October 6, 2007 | Main | October 28, 2007 - November 3, 2007 »

Posts from October 14, 2007 - October 20, 2007

10/19/2007

勝てば官軍負ければ賊軍

その時歴史が動いたを見た。松平容保公の話題だったので、見逃せなかった、そしたらタイトル。『勝てば官軍、負ければ賊軍』こんな言葉がまたアタマを過ぎる。

『品格』という言葉が流行りだが、スポーツ選手としての『品格』が問われている。大相撲、プロボクシング、マスコミの『品格』?!信濃毎日新聞の社説までも、亀田大毅を取り上げてさも社会問題としているが、まとめ方が、我田引水、やや強引だった?!(-。-) ボソッ地元選手へいきなり結ぶ当たりはさすが。

貧乏時代に、鉄くずを拾って生活していた。父は志半ばでプロボクサーを諦め、息子らにその夢を託した。独自ボクシングの練習方法は話題を読んだが、理論に基づいていないとか精神論だけだと批判も浴びた。疑惑もあったが長男、興毅は世界チャンピオンで結果を出した。余談だが、興毅という名前は元大関琴風(尾車親方)のファンだった父が琴風の本名にちなんでつけたらしい。ちと微笑ましい逸話。

亀田一家は一気にバッシングの嵐だが、過去には亀田父子を小泉首相も答弁で絶賛したほど、話題性が大きく親孝行の息子らだと賞賛していたはずだったが、しかしトラブルも絶えない言動の数々は、勝っていたからこそ、マスコミも大きく取り上げ、ちやほやされた。

今回の前代未聞の反則の連発、負け試合。WBCからの処分。亀田一家の危機をどう乗り切れるかあだ。ファイトマネー大毅選手は1億円?!で勝った内藤選手は1千万円っていうのもなあ。TBSもこの煽りというか、完全に亀田びいきの布陣。身内で固めた解説。筋書きのないスポーツに筋書きどおり展開できなかったときの抗議の電話殺到であたふた。

謝罪会見での沈痛な面持ち父、憔悴しきった大毅選手は一言もしゃべれず。処分を受け、会見したことで罪を認めたが、会見内容もみんなマスコミが揚げ足とられてる。また、コメンテーター、やくみつる氏も喰ってかかる。

亀田一家の限界がそこに見えたか?「人生負け勝ち」柳本監督の勝負哲学。負けて大きくなる。スタイル通すのもいいけど、多少は学ばんとね。ここから成長するには、もっと外を見なければ、謙虚な気持ち、純粋な気持ちでボクシングに打ち込む姿勢をもう一度見せてほしい。

まだ、まだ年齢だって若いしなあ。父ちゃんだって俺と同世代?!。『闘育論―亀田流三兄弟の育て方』の親子鷹で頑張っているまではよかったが、もう少し勉強して回りを見たほうがええなあ。和毅も中学行ったほうがええと思うしなあ。(関西風に・・・)

ちやほやされず、内藤選手が一躍脚光されたように、庶民派。ハングリー精神、原点に戻って復活を望む!!\( ̄ー ̄)/ ほ~い

10/18/2007

センバツアベック出場?!長野日大初優勝、丸子修学館準優勝

秋の北信越高校野球大会は、みごと長野県代表の2校が決勝進出という快挙!そして決勝では、4-2長野日大が丸子修学館に県大会の借りを返す形で勝利。初優勝になったぞ。

昨年の秋、春と県大会を制し、大本命だったが、あと一歩甲子園には及ばなかった長野日大だったけど、これで中原監督も浮ばれる。

長野日大は、準々決勝、福井商に1-0の接戦。準決勝、敦賀気比には、3-2。9回2死からの劇的な逆転勝利で今回は壁を破ったね。

これでセンバツには、準優勝の丸子修学館も代表に選ばれる可能性が高まったから、いはやは願っても無いアベック出場へ夢も膨らんだね。

もしそうなったら、松商学園と長野が出場した1985年以来かあ。23年ぶりの快挙だあ。センバツはなかなか年度末で見る機会が半減だけど、今年は楽しめそう。

まずは、前哨戦、長野日大の明治神宮大会が戦いぶりに注目だね。

高校野球情報

10/15/2007

大河ドラマ『風林火山』とうとう『姫の死』・・・・・・

ブログ書き込んだ翌日から県外出張。めちゃくちゃ知識?!を詰め込んでというか、夜な夜な交流会のお疲れモード~~~~~(/ ̄□)/ ~酒 ヒック (o_ _)/ 酒ドン

そしてここでは話せない身近なショッキングな事件が舞い込んできて、その話題で飲み会を2度も・・・・。そして今日、パソコンに向かうが、長年叩き続けたキーボードの信号がパソに伝わらないぬぅ(; ̄- ̄)...ああ、ブログも潮時かあ。新しいキーボードを買い換えるチャンス到来と思いきや、再起動したら難なく繋がった(-。-) ボソッ。

だがしかし、ホームゲーム最終戦オリスタも落し、7連敗中の信濃グランセローズ。なんとか持ち直し連勝で優勝戦線に絡んだまではよかったが、息切れホッ(-。-;)借金生活。我がブログもいよいよ貯金を使い果たし、守ってきた3桁が・・一気に平均アクセス数は二桁に落ちていた。(-。-) ボソッ

5年ぶりジャイアンツが優勝を決めた。清水、慎之助のヘッドスライディングの劇的な優勝シーンだったが、地上波では放送なしの寂しさ。優勝したけど、セ・リーグも今年はCS、プレーオフはこれからだ。

高校生ドラフト。佐藤はヤクルト、中田は日ハム。超高校生級の動向が決まったが思ったよりも盛り上がらない。それより古田の引退、古田と中井美穂との夫婦関係、高田繁GMの監督要請の方が興味あり。

次は映画『クローズド・ノート』見たいと思っている。沢尻エリカって知らなかったけど、小顔の可愛らしい娘だと認識していたが、話しっぷりは若い割にはしっかりしているし、物怖じしない性格。ちとふてぶてしい態度にちょっと興味が沸いたが、例の発言に女王様キャラを演じているのかと思ったけどバッシング。ちと残念だった。

バッシングといえば、相撲界。高砂部屋、時津風部屋、武蔵川部屋・・・・北ノ湖理事長、親方衆の指導力が問われてる。俺は、密かに相撲ファンですが今回の騒動は相撲協会全体の問題で国技として歴史があるゆえに、外部を遮断した異質世界になってやしないかと心配。柔道も谷亮子選手で救われてるが、世界柔道は変わっている。根性、根性、ど根性、アニマル浜口の『気合だあ~』の精神も大切で好きなんだが、科学的な根拠のもとで、稽古とかしてもらいたい。それには、外部からトレーナー入れたほうがいいか?!

同じことが、亀田父子にも言える。強気はいいが、人を思いやる気持ちほしいね。今の子供にしては珍しい親思いで3兄弟は巷では評価されていた時代がある。したたかさがほしいね。対照的に内藤選手のようなハングリーさ。勝てばいいが、昔から『弱い者は吠える』と言われてるしなあ。ああ、あまり書きすぎると・・・・・

上田桃子、なべやかんみたいなバッシング、ブログ炎上こわい?!ああ、そのくらいアクセス来た日が懐かしい(-。-) ボソッ

ああ、またリハビリみたいなペース乗れないときの書き込み状態。土曜日のバレーで身体全体が筋肉痛だしね。

『風林火山』は、第2回川中島の戦い。そして由布姫の死だったね。録画していて流してみていたので、ディテール見れてないので詳細コメントできないが、柴本幸さんに会った時に、この日の事をコメントしていたのを思い出した。晴信は湖衣姫の死には確か間に合わなかったはず?!だが、由布姫には逢えた?!(謎)一気に勘助老けた印象。実際にはすでも65歳の設定ではないかあ?

ああ、このつづきは次回・・・・

« September 30, 2007 - October 6, 2007 | Main | October 28, 2007 - November 3, 2007 »