« 札幌3連勝!尾張名古屋で北京を狙う!!ワールドカップバレー2007 | Main | ワールドカップバレー2007 アメリカ圧勝。北京への道は遠い?! »

11/15/2007

ワールドカップバレー2007 キューバの高い壁を敗れず残念!

W2007cap0879_2 札幌の勢いそのままに、尾張名古屋ラウンドと願ったキューバ戦。日本もローテーションを移動させてのスタートに気合が伺える。相手エース、ルイザの高さと威力あるスパイクは脅威だったが、意外にも日本のブロックに当るし、跳ね返されることも目立った序盤。相手の強いサーブに対応すべく、4人でサーブレシーブフォーメーションで凌ぐ。かなり、竹下が振り回されるシーンが多かったが、攻撃に結び付けて、シーソーゲームの展開だが、日本が絶えずリード。相手のサーブミスなどに助けられる場面も多かったが、逆に日本のサーブ、杉山、栗原が良かったことで、流れが出来た。

W2007cap0868 これはもしやの展開に、ケニアでスタメンだった大村加奈子がワンポイントブロッカーでルイザをシャット。あれには思わず声が出て興奮した。栗原もレフトからの攻撃では、ポイントは稼ぐも、かなりブロックにつかまる場面が多かった。レシーブが崩され、竹下のトスがやや不安定だったのか?!木村、高橋の早い攻撃や軟攻は効果的だった。

第1セットを奪い、意外にいけると思ったけどキューバの壁はそう簡単には・・・甘かったねえ。第2セットは中盤にキューバ抜け出し、ややキューバにW2007cap0876 傾きかけたときに、高橋に変えて大山投入でブロック強化した直後、サービスエース、相手のミスにも助けられ、連続ポイントでキューバに追いすがり、デュースに持ち込む。逆にセットポイントを握る場面もあったが、なかなか連続ポイントが奪えなかったのが痛かった。31-29で残念ながら落とす。

第3セットも序盤はリード。中盤くっつくも、徐々にキューバペース。後手に回ってからは、日本のバレーに少しずつズレ。サントスの強烈サーブ。ケニアのライト攻撃。サンチェスの速攻。ラリー展開に持ち込めても、キューバの高さの前にフェイントが読まれ、点に結び付けられない焦り。点数的には競ったが、リードできなかったこととここぞというときに決められなかった栗原。

W2007cap0888 第4セット。後半はサーブで崩され、攻撃に結び付けることが出来ないシーン。竹下がこれだけ振られるのは、あまり見たことがないくらいに、サーブレシーブが乱されては、コンビバレーが出来ず万事休す。杉山のサービスエースなどで盛り上がったが、あと一歩及ばずって感じだった。

キューバはレシーブが悪いと聴いていたが、ミスが目立つも荒削りながら高さとパワーにやられた印象。なんといってもサントス、ラミレスのツーセッター。3枚攻撃が脅威。日本が逆にやや雑な相手のプレーW2007cap0910 がハプニングを呼び、乱されたのかな。お見合いするシーンもあった。これがやはりキューバの高い壁。序盤はルイザは調子わるそうだったし、勝てそうな試合展開だったけど、最後は乗せちゃったね。ぬぅ(; ̄- ̄)...

あと2試合。柳本監督曰く、もう失うものない。最高のパフォーマンスを見せれば強い相手だって食い下がれると思うし、俺達にもその感動は伝わる!さて今日は、朗平監督のアメリカ。200mのハニーフが要マークだが、サーブレシーブしっかり入れて、コンビも出来る。高いブロックに弱気にならずにリバウンドを拾う。

頑張れニッポン\( ̄ー ̄)/ ほ~い。

そうそう平井理央アナに声届いたのか、しゃべった(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ 声聞けてホッ(-。-;)

« 札幌3連勝!尾張名古屋で北京を狙う!!ワールドカップバレー2007 | Main | ワールドカップバレー2007 アメリカ圧勝。北京への道は遠い?! »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23191/17076284

Listed below are links to weblogs that reference ワールドカップバレー2007 キューバの高い壁を敗れず残念!:

« 札幌3連勝!尾張名古屋で北京を狙う!!ワールドカップバレー2007 | Main | ワールドカップバレー2007 アメリカ圧勝。北京への道は遠い?! »