« 会津魂を再び!「白虎隊」に感動!完全保存版オリジナルDVD作成~ | Main | 大豆・納豆の効果~”納豆ダイエット”は捏造報道の代償 »

01/18/2007

「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官 栗林忠道」を読む!そして”衝撃の最期”の真相は如何に?! 

同僚から借りた「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官 栗林忠道」(新潮社 梯久美子著)を一気に読み、やっと読み終わった。

風林火山、武田信玄-新田次郎著借りてきたけど、途中で浮気・・・風の巻だけ斜め読みしたけど、それを横に\(・_\)その話しは (/_・)/こっちにおいといて

映画『硫黄島からの手紙』を見たからリンクして栗林忠道という人の生き様に感銘を受けた。

Bungei1 最新の文藝春秋2月号をチラッと、本屋で立ち読みm(__;)m、梯久美子氏がまたまた気になる新たなる知見?!『闘魂 硫黄島――小笠原兵団参謀の回想』著 故堀江氏の発言から諸説が浮上。栗林中将の最期がまたまた話題になっていた。実は栗林指揮官は米軍上陸後、ノイローゼで投降、部下に斬殺説された?という気になる記事。美化しすぎの栗林忠道氏危うしぬぅ(; ̄- ̄)…映画の最期は部下に首をはねろと指令するシーンや小銃で腹部を撃ち自殺。米軍に見つからぬように、西郷に俺の遺体を埋めろと死の直前に指示出していたが・・・・。

まだまだ諸説あり。バロン西との不仲説。8月15日の終戦まで生きていた説まで。梯久美子氏の心情をお察しする。防衛省だっけ?戦争当時の書類等は現在閲覧できるんだね、スゴ。結局、堀江氏の発言を裏付けるものはなく、ヒヤヒヤ。死亡する直前までの行動は証明されるものありで、俺の中の栗林中将の人物像は生きている。最期、その部分は結局、ベールに包まれてたまま。本当にホッ(-。-;)

「予は常に諸氏の先頭にあり」

軍の大将が先陣を切って飛び出す事はありえないという説もあるが、栗林中将のアメリカナイズされた合理的主義。人間性からそれもありかと。ただ、彼は「アメリカをもっとも苦しめ、それゆえにアメリカからもっとも尊敬された男」である事実。目の前の敵ばかりでなく、アメリカの世論を視野に入れて出血持久戦に。そうすることで本土攻撃を阻止、ひいては終戦にとの思惑も画策する冷静さ。ただ戦場はそんな甘いものではないわけだが・・・・

戦後、戦後60年。映画、ドラマから長野市松城町出身の栗林忠道氏の生き様を知って改めて眉間にしわを寄せ、時には熱いものがこみ上げてきた。今まで、戦争の事は漠然と理解しているだけ、あまり意識しなかった。戦争の悲惨さ、戦没者のこと、靖国問題何?A級戦犯?意識もせず、ただ戦後も戦後の高度経済成長の始まりに生まれたものとして、ただ生きていた。我がお祖父さんも戦地に赴いたことは聞かされたことはあったが、深くは思わず。そして、今は・・・・・いい時代に生まれたんだなあとつくづく。今の我々があるのは、そういう歴史の変遷があったからこそと思いたい。

硫黄島だけではないが、無惨な戦争は二度と起こらないように、また戦って死んだ人々の歴史は知るべきだって思ったし、子供たちにも教えてあげたい。

逆に今の人間の我慢の無さ、弱さを感じる・・・・・・・

水もない生活を想像したことがあるか、物資も不足し、硫黄まみれの暗闇の洞窟の中で生活になんて想像したらたぶん耐えられないと思う。話はかなり飛躍しすぎだが、当時G清原が「泥水を飲む覚悟」と生き残りを誓ったことを思い出したが、まさにハングリー精神は比較にならない。

硫黄島では泥水も聖水に見える。実際すくって飲んだと言う話だ。やはり、極限状態は計り知れない。ノイローゼにもなるかあ(-。-) ボソッ

話戻そう・・・・

硫黄島からの手紙・・・・やはり家族、妻や子たちの事は気にかかる。拠り所は、家族との手紙、写真。家族との手紙のやり取りも、戦地での悲惨さは書き記すことが許されない。愚痴もご法度だったようだ。当然、嘆きや批判めいたことだって・・・

家族のことを思い、少しでも楽しい事を見つけて・・・栗林氏も硫黄島のヒヨコの話を娘に。自分の残した家族の事を想像して書き記す。栗林中将も妻へ、息子太郎へ、娘たか子へ。お勝手の下から吹き上げる風を防ぐ措置をしてこなかったことを悔やむ姿。南国の離れた島から、父親の威厳を保つ姿・・・。

指揮官として合理主義的な考え方。屈しない姿。過去の慣例に捉われず、食生活も部下と同じもの、自宅からの差し入れも断り、常に兵士、部下の苦しみの近くにあることを課した。

「生きて本土には帰れない。」必ず負ける戦いだが、1日でも生きて戦うことの重要性を説き、食糧も水も枯渇し、消耗した体力の兵士たちだが、最期までバンザイ突撃を禁じ、アメリカ兵に立ち向かう。

 硫黄島での戦いで死ぬことになるが、勇敢にお国のために戦った俺達の死を悼み、日本国民が哀悼の意を唱える時代が必ずやってくると信じよう。だから、お国のために殉じるのみ・・・・

 映画の中でも総攻撃直前に栗林中将が部下にこんな意味の言葉を唱えたのが印象的で心に響く。

 高校野球甲子園大会での終戦の日の黙祷とか、形式的でなくこういうことを知ると奥が深い。

あの有名な擂鉢山の星条旗。星条旗を巻きつけたのは、日本兵が雨水を蓄える貯水槽で使用したパイプだったらしい。米兵がスクラップの中から見つけ出した物だ。擂鉢山を4日で奪われ、5日で陥落すると思われたが、36日間に及び米兵も2万人以上の犠牲者を出した。擂鉢山で星条旗を掲げた米兵6人中3人は戦死。歴史的瞬間に立ち会った40人中、自分の足で船に乗り込めたのは、たった4名だった。米兵も痛手、尊い命が奪われた戦争なのだ。

兵士の美学?ではなく本質的な戦いに挑み、玉砕禁止、バンザイ突撃禁じ、兵士たちの気持ちを汲んで、最期の最期まで冷静かつ沈着に戦いを挑んだ指揮官。総攻撃前に本土大本営に送った電文。軍人としては美学を重んじる体質にあって、「悲しき」や「生き地獄」などご法度の表現を使い、部下達を労いの言葉が、悲しみをそそる。「すべての兵士の死は名誉ある死」であると書の一節。生きる苦しみ、死ぬる恐怖。すべてが戦いだった硫黄島。

当時は当たり前だったのかもしれないが、大本営が人を人と思わない体質にちょっと憤慨。栗林中将は妥協を許さない。生き様を、そしてすべての兵士たちの思いを、無念にもお国のために命を捧げた兵士たちの生き地獄の生活を知らしめるための行動を代弁しているかのように。これだけの紛れもなく史実が証明する。

 ああ、ちょっとくどかったね。

 でも、この本読む価値あるよ。

大袈裟かもしれないけど、人生観変わる。マジで。

我が社の上司も読んで理解して欲しい(-。-) ボソッ

 

『硫黄島からの手紙』ゴールデングローブ賞の外国映画賞だっけ。受賞したね。

全世界の注目作品、やっぱり見た甲斐があった。

さてこれですっきり武田信玄読める?!ああ、読み終わらず、返却予定日過ぎた。(-。-) ボソッ

そして今日 「父親たちの星条旗」ジェームズ・ブラッドリー/ロン・パワーズ著大島英美訳借りてきてしまった。ヤバ・・・(;´д`)トホホ

« 会津魂を再び!「白虎隊」に感動!完全保存版オリジナルDVD作成~ | Main | 大豆・納豆の効果~”納豆ダイエット”は捏造報道の代償 »

Comments

はじめまして。
TBありがとうございました。
「散るぞ悲しき」の記事もTBさせて頂きました。
トップと言うのは大変ですが、なまじプライドばかり高い無能な中間管理職を(陸・海)抱え、
兵士は殆ど寄せ集めのド素人・・・栗林中将の孤独と兵を導く任務・・・
大本営から見放され・・・・武器弾薬・物資も乏しく航空支援も無い中
計り知れない苦難の道だったと思います。
>我が社の上司も読んで理解して欲しい(-。-) ボソッ
こういう意見の方多いですね~(苦笑)
ちなみに「反戦大将 井上 成美」関連の書籍もお薦めです。

rokoさん TB、コメントありがとうございます。
映画は栗林中将を主役に据えてですから、美化されての人間像で脚色の部分っていうのもあったのかとぬぅ(; ̄- ̄)...文藝春秋は読まない方がいいかなって正直思いました。

合理主義的な考え方は、栗林中将への圧力、rokoさんも触れられていましたが、西洋かぶれで軍人達には煙たがられる存在だったのかもしれません。それでも、、彼は屈せず、自分の考えを通した。さらに合理的主義から生まれる、部下と同じ目線で物事を捉える人間味溢れるところ、思いやり、気配り、器のデカさに感銘しました。

もう今は、何かにつけて、お前も硫黄島の戦地に赴いた兵士の気持ちを考えろ!それを思うと今は平穏な時代だと気付くのにって。

アホな事件が報道されると、栗林中将を見習えって言いたくなるのは俺だけではないですよね。

栗林中将の生家、長野市松代町はここから目と鼻の先。
ここ信州の気候風土が作り上げた栗林中将を誇りに思います。

また、よろしくお願いします。ナカマ!((( ^^)爻(^^ )))ナカマ!

はじめまして、こんばんは。
今頃になって返信してすみませんが、トラックバックをありがとうございました。
映画のおかげで多くの方に硫黄島のことを知るきっかけになっているんじゃないか?と感じています。
現在とあの時代は違うと思っている人もいるでしょうけど、あの戦いがほんの60数年前にあったことを考えると「昔」という表現はしたくない思いにとらわれます。
ほんの少し前の昭和という時代に、こんなことがあったんだと素直に受け入れるだけで、人の思いも変っていくんじゃないかと・・・。今後も多くの人に読まれていってほしい本だと感じました。

なりゆきさんこんにちは★
↑ 何を隠そう・・・REALLIFEさんはリンクお仲間で・・・そして、私の戦記物の先生なのです(笑)
彼の所で「闘魂 硫黄島」を知り、栗林 忠道という陸軍中将の人間性に興味が湧いたのでした。
とても、温かい人柄で大好き♪です。
リンクの件承知しました♪此方もリンク貼らせていただきます。
三十路女でしたが、最近拾って頂き、人妻のお色気!?(爆)(-。-) ボソッで頑張りま~~す。
3人兄弟・・・いいですよね~(私も、兄と弟がいて3人兄弟です)
此方こそ、宜しくお願い致しますね♪たまには、遊びにいらして下さい。
追伸>
結婚したら・・・来なくなった男性リンクの人達って・・・いったい・・・(-。-) ボソッ(苦笑)

REALLIFEさんへ
こちらこそありがとうございました。
確かに私もそうでした。戦争なんて遠い昔だって。
だけど、私が生まれるほんの20年前の出来事だと気付いた時、堕落した自分の生活、無駄に時間を過ごしての思いに駆られましたし、今でも精一杯生きようと意を強くしました。
本当に人生観が変わった気がします。子供達にも理解出来るように教えてやりたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

rokoさんへ
REALLIFEさんとの関係密かに知ってましたっていうか、リンク貼られてたし、薄々( ̄ー+ ̄)奥底は知りませんが・・・

>最近拾っていただき・・・・・

え、ブログではまだ公表していないのでは・・・?!
それはおめでとうございます。かなりレアな情報を我がブログに頂き、幸せ至極♥

人妻のお色気でお願いします。三十路人妻大好きです!
なんかイヤラシイですね。(爆)

これからもよろしくお願いします。すぐ遊びに行きます。
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘

Hello! I've been following your site for a long time now and finally got the courage to go ahead and give you a shout out from Dallas Texas! Just wanted to mention keep up the excellent job!

Hi, i read your blog from time to time and i own a similar one and i was just curious if you get a lot of spam comments? If so how do you prevent it, any plugin or anything you can advise? I get so much lately it's driving me crazy so any assistance is very much appreciated.

Wonderful blog! I found it while browsing on Yahoo News. Do you have any tips on how to get listed in Yahoo News? I've been trying for a while but I never seem to get there! Appreciate it

I'm truly enjoying the design and layout of your website. It's a very easy on the eyes which makes it much more pleasant for me to come here and visit more often. Did you hire out a developer to create your theme? Fantastic work!

I'm not sure exactly why but this weblog is loading extremely slow for me. Is anyone else having this problem or is it a issue on my end? I'll check back later on and see if the problem still exists.

Your website appears to be having some compatibilty issues in my internet explorer browser. The text seems to be running off the webpage pretty bad. If you want you can contact me at: esteban.furr@gmx.de and I'll shoot you over a screen grab of the problem.

I go to see each day some blogs and websites to read posts, but this webpage provides feature based articles.

Hello! I just wanted to ask if you ever have any problems with hackers? My last blog (wordpress) was hacked and I ended up losing several weeks of hard work due to no data backup. Do you have any solutions to stop hackers?

Hello! This is kind of off topic but I need some advice from an established blog. Is it very hard to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty fast. I'm thinking about creating my own but I'm not sure where to begin. Do you have any tips or suggestions? Appreciate it

My programmer is trying to persuade me to move to .net from PHP. I have always disliked the idea because of the costs. But he's tryiong none the less. I've been using WordPress on numerous websites for about a year and am concerned about switching to another platform. I have heard excellent things about blogengine.net. Is there a way I can transfer all my wordpress content into it? Any kind of help would be really appreciated!

Hmm it seems like your site ate my first comment (it was super long) so I guess I'll just sum it up what I submitted and say, I'm thoroughly enjoying your blog. I as well am an aspiring blog writer but I'm still new to the whole thing. Do you have any helpful hints for rookie blog writers? I'd really appreciate it.

遅ればせながら「散るぞ悲しき」拝読いたしました。
栗林閣下をはじめとした、硫黄島守備隊の方々は
本土に住む市井の市民を守りたいという思いが強かったということを
改めて感じました。
戦後の我々は自己の色欲と利益に暴走し
モラルも美学もない人が、年を追うごとに増え、嘆かわしく感じます。
亡くなられた方々が、この無モラルとなった国を見て
果たして喜んでくださってるでしょうか?
一人一人が自己を見つめ
戦没者に感謝し、日々精進しなければ…と思うのですが。

Herbal ingredients interact with the chemicals in the brain to produce more serotonin, resulting in significantly increasing the ejaculation process. Due to this reason, it has considered as one of the best medications among others. To regain the strength and make the PC muscles more flexible, exercise them several times a day.

Search connection between Cedar Bluff Cash Advance Knoxville you can find 1000 lenders out of this site my Website many loan schemes which may offer the same amount of money for car financing might differ in payback cycles, depending for the policy with their respectable traditional bank.

Fantastic beat ! I wish to apprentice while you amend your website, how could i subscribe for a blog website? The account helped me a acceptable deal. I had been tiny bit acquainted of this your broadcast offered bright clear idea

Thank you for another great article. Where else may just anyone get that kind of info in such an ideal means of writing? I've a presentation subsequent week, and I am on the search for such info.

Piece of writing writing is also a fun, if you know after that you can write if not it is difficult to write.

I believe this is among the so much significant information for me. And i am glad studying your article. However should statement on few common issues, The site taste is great, the articles is in point of fact nice : D. Excellent task, cheers

Attractive section of content. I just stumbled upon your site and in accession capital to claim that I get in fact enjoyed account your weblog posts. Anyway I'll be subscribing on your augment or even I achievement you get admission to consistently fast.

There is certainly a lot to know about this topic. I really like all the points you have made.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23191/13553996

Listed below are links to weblogs that reference 「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官 栗林忠道」を読む!そして”衝撃の最期”の真相は如何に?! :

» 「常に諸子の先頭に在り」栗林 忠道小笠原兵団長の再期について [ひねもす ROKO BLOG]
私にとってこの栗林 忠道という御仁は、誰にとっても非常に尊敬できる人物だと言うことなのは確かである。歴史と言うものは・・・・数十年後・・・・もしかして100年後にその道の軍事研究家や歴史学者が新たなる歴史の事実を発見するのかも知れないが、私はこの「伝説...... [Read More]

» 「散るぞ 悲しき」硫黄島総指揮官・栗林 忠道 [ひねもす ROKO BLOG]
先日、ご紹介した「玉砕司令官の絵手紙」栗林 忠道陸軍中将の最後の戦闘の場となったあの、小笠原諸島の硫黄島でフィリピンや南方の拠点・制空権をアメリカに制圧され空母も航空機も物資も尽きてきていよいよアメリカに拠る日本本土の空爆攻撃を硫黄島で死守すべく「大本...... [Read More]

» 硫黄島:地獄の36日間 [ショウビズ インフォメーション]
イーストウッド監督作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』が続々公開となり、注目を集める『硫黄島』。 アメリカの目線から見た36日間の激戦を、アメリカ軍海兵隊カメラマンによる当時の貴重な映像とインタビューで綴... [Read More]

» 【書籍】 闘魂 硫黄島/堀江芳孝 光人社NF文庫 [REAL LIFE]
読み終えた時に感じたこと、それは、この本は非常に興味深い内容だったという事です。 著者の堀江氏は、栗林兵団長の下で硫黄島守備計画に参画された方で、どのような思想であのような守備作戦をとる事になったのかを、この本で克明に綴っています。硫黄島と言えば、米軍に最大の出血を強いた戦いとして記録されていますが、今度、クリント・イーストウッド監督がこの戦いを映画にする事でも近年注目を浴びていますね。 本... [Read More]

« 会津魂を再び!「白虎隊」に感動!完全保存版オリジナルDVD作成~ | Main | 大豆・納豆の効果~”納豆ダイエット”は捏造報道の代償 »