« November 26, 2006 - December 2, 2006 | Main | December 10, 2006 - December 16, 2006 »

Posts from December 3, 2006 - December 9, 2006

12/05/2006

我がブログ9万ヒット達成!植田ジャパンの集大成!8位 世界バレー2006最終戦

まずは、9万hit達成に感謝!感謝!メモリアルは我がブログをある意味、支えた続けたバレーボール。全日本のファンの皆様の熱いアクセスの期待に応え?!頑張ってきた証が、この9万踏破に繋がっているからね。キムタク人気、「武士の一分」人気で一気に踏み越えた感はあるけど・・・・(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

Wbmcap0468

植田監督が段々闘将、良い男に代わってきた。俺達も段々慣れてきた?「自信」をつけた植田ジャパンの集大成。最終戦は世界ランク3位ロシアとの互角の戦いに酔いしれた。

2次ラウンド24年ぶりのベスト8を決めてからはセルビア・モンテネグロ、ロシア、そして決勝ラウンドフランスにストレート負け。最終戦は世界ランキング3位のロシア。高い壁・・・ロシアは怖い。平均身長202センチ?予想に反して決勝のコートに植田ジャパンが残ってくれたことに対する満足感。とにかく全部出してって感じだった。日本開催という地の利、ホームアドバンテージあるけど、12人全員バレー。植田監督の起用方法はだれがレギュラーということなく、レフトスパイカーは適材適所の起用方法。みんなベストプレーを見せてくれたと思う。

Wbmcap04892セットをロシアより奪う。217センチのカザコフのブロックを184センチの千葉信也が打つ抜く。躍動感溢れる安定感ある千葉のスパイクは、日本人選手ならではだよね。高さじゃないねえ。さすが「ミスターバレーセンス」。

我が岡工、越川優がサーブ、ブロックフォローでいいとこ見せれば、36歳ベテラン荻野正二主将。スパイクにブロックに、全く衰えるどころか、切れまくる。相手ブロックを交わしての彼のストレート攻撃は効果的だった。

中垣内祐一氏の解説では、

「高い通過位置を保ちながら打てる。ブロックを見れる。」のがいいらしい。

Wbmcap0485 復活、「甦るニッポンの大砲」スーパーエース山本隆弘も同様。「3枚ブロックが見えるようになった。」

2年前アテネ最終予選とは、ブロックに阻まれ、スパイクふかすシーンがあった。その印象から今大会も実はあまり期待をかけないようにしていたが、今回は雲泥の差、恐れ入った。いい男、かっこよさ、人気と実力を兼ね備えた真のスーパーエースに成長してくれた。苦しい場面でも2段トスでもしっかり決めてくれるようになって、得点を稼ぎ出した。ライバル直弘選手の台頭も刺激になったかな。

センター陣の活躍。コフ対決。斉藤ノブコフ、山村ヤマコフ205コンビの安定感。女子バレー同様センター線がうまく機能した。移動攻撃のような多彩な攻撃はないものの、でかい事でブロックをひきつける強さ、効果的なブロック。高さとスピードのある速攻が効果的だった。

Wbmcap0457 司令塔セッター朝長まで10番のブロックを止める。高さじゃない。第3セットも8点目を先にとるあたり、ロシアと互角のラリーを演じる。どんどん見入ってしまう。(; ̄― ̄A アセアセ・・・

途中生命線サーブレシーブを乱され連続ポイントを許した場面が悔やまれる。セッター阿部裕太に交代。左右両利きの彼の2アタック。俺もこうありたいてへ(* ̄― ̄)>

Wbmcap0473 リベロ津曲のレシーブも冴え渡る。見せ場のラリー。男子もこんなラリーが見れるのかぬぅ(; ̄- ̄)

それを決めるエース山本。離されるも3連続ポイントの見せ場あり、第3セットも来た~。あっさり負けない。執念をみせつける。諦めない。負けても勝っても良いプレー。それに満足。

4セット、10-10。

ここでもラリーが続く(; ̄― ̄A アセ・・・津曲すげえ~。思わず声上げる・・・「よっしゃー!」

山本隆弘が217センチのカザコフに止められて、流れが変わる。それにしてもデカイロシア。5連続ポイントを許す。断ち切ったのはベテラン荻野。11-16。

「ワンチャンス」

植田監督の檄が飛ぶ。

やられても、やられても、ロシアの壁に立ち向かっていく植田ジャパン。

「次いこう!、次いこう!」

「ここから、ここから」

最後は高さに屈したが最低目標だった8位。何かをつかんだし、色々、雑音も聞かれたバレー人気だけど男子バレーの戦いぶり、真の復活がなんといっても、バレーボールに少し携わって来た人間としてうれしいかぎり。

Wbmcap0484

植田監督曰く

「上位とはレベルの差があることは認めざるおえない。」

とはいうものの低迷していた、いままでの日本バレーとは全く変わって見えた。

パソコンを駆使したIDバレー、データバレーが世界のスタンダードになって柳本監督も植田監督もそれを取り入れ、克服してきた結果の現れ。ラリーポイント制になって、強いサーブで攻め、ブロックまたはワンタッチを拾い、攻撃につなげる。ブレイク率(サーブ権を持っているときの得点率)を高めることによって互角の戦いを果たせることの証明だろう。

Wbmcap0483 いやはや、34日間世界バレーに酔いしれた。

小林麻耶アナ大活躍だったので、サービスショット!眞鍋かをり嬢も密かに応援観戦!ご苦労さま!

俺は、世界バレー2006長野ラウンドも見に行って記念の携帯ストラップをゲット出来て満足。終わってしまって残念だけど、心地よい満足感。さらなる進化、カンバレ日本\( ̄― ̄)/ ほ~い

« November 26, 2006 - December 2, 2006 | Main | December 10, 2006 - December 16, 2006 »