« October 22, 2006 - October 28, 2006 | Main | November 5, 2006 - November 11, 2006 »

Posts from October 29, 2006 - November 4, 2006

11/01/2006

世界バレー開幕!あれれ台湾に思わぬ黒星スタート。コスタリカで巻き返しだあ。

世界選手権開幕。竹下曰く「情けない。」柳本監督も「これが世界選手権かあ。」初戦の緊張感があっただろうけど台湾になぜって感じ。日本のバレーの生命線はサーブカットがしっかりAキャッチで竹下に返ること!コート一杯を使ったコンビバレーで活路拓くどころかサーブレシーブが乱れ単調になり相手に攻撃を読まれてしまう。ことごとくシャットに捕まり拾われ、粘り負け。データバレー主流の中、台湾は日本を竹下のトス回しを研究してきたという感じ。スパイクコース読まれていてほとんど決まらない。第4セット宝来から杉山に、竹下から高橋翠に代えて流れ少し変わったけどすでに遅し。最後はかおる姫の前にスパイク決められ( ̄○ ̄;)台湾は平均年齢22歳。オーソドックスだかセッター、レフトのエースが期待通りの活躍だった。監督の強気の発言も嘘ではなかったなあ(*´Д`)=з小山修加、落合真理のニューヒロイン誕生と調子乗りたかったけど残念。全勝目指していただけに思わぬ伏兵に足下すくわれた(>_<)がコスタリカ戦は巻き返すぜ!柳本監督期待してます。井野亜希子、石川友紀とかやはり意気のいい若手起用で流れ変えたい
。離脱者続出で黄信号?の柳本ジャパンだけど、満身創痍のかおる姫、竹下、ウイングスパイカー高橋みゆき、木村、ミドルブロッカー荒木、宝来の奮起に期待。まだ始まったばかり。イタリアも負けたからドンマイドンマイ。「変化とスピード」の鍵はサーブレシーブ。上位進出の条件だね。前回13位だし失うものはない。ガンバレニッポン\(^_^)/

(モブログ:通勤列車内から書き込み・・・(;^_^A アセアセ)

10/31/2006

仲間由紀恵のこと・・・

Yukie_nakamacap0116 唐突であるが、気になる女優No.1は仲間由紀恵。今日10月30日(1979年)は彼女のバースディーである。てへ(* ̄ー ̄)> 別にそんな義理があるわけではないがちょっと調べてみたら偶然そうだった。

人気タレントNo.1、髪のきれいな女優でも堂々のトップ。いまや国民的な人気女優である。

Yukie_nakamacap0128 その代表的な番組が、NHK大河ドラマ「功名が辻」の千代役。

来週はいよいよ「関が原の戦い」に突入だあ!山内一豊も時代劇にはクローズアップされずに当初視聴率取れないとのうわさもあったが、平均20%強と好調。あの「新選組!」より高視聴率をキープしている影に、仲間由紀恵の存在は大きいか???

仲間由紀恵のイメージってなんだろう?イメージではなく、ホンモノの彼女の性格ってどんなんだろうと(ーー;).。oO(想像中)

沖縄出身で目鼻立ちも整って美形。髪もロングヘアできれい。血液型はA型だから几帳面?真面目?

彼女が大ブレークしたのは、たぶん俺の中では、「ごくせん」のヤンクミこと山口久美子役だよな。あのギャップがなんともいえなかった。控えめな性格で目立つことが好きではないという彼女だが、バラエティーもOK、大河もOKとこなしてしまうところや、幅広い支持層があるのではないかな。なんか表情が好き。癒し系、自然派、素がなんともいえないね。

Yukie_nakamacap0123 豊臣方?三成側の西軍につくか、家康側の東軍側に鞍替えするかで、生き残りをかけ、悩み通した一豊だが、千代からの「笠の緒の文」によって家康軍に加勢するなんぞは見どころあり。三成側からの使者に対しても、毅然な態度で振舞う千代。俺の中ではヤンクミを彷彿させた。

千代の控えめで健気でそしてクレバーな性格、功名を勝ち取るための夫の操縦なんぞは、なんともリンクしていて、どんどん仲間由紀恵マジックにはまっていく感じがたまらない。俺も仲間由紀恵に操縦されたい・・・なんとなくイヤラシイ表現だな。( ̄ー ̄)ゞスマンスマン 

山内千代、山口久美子、山田奈緒子(TRICK)、山村貞子(リング0~バースデイ~)・・・・山が付く役が多いのは何かの所以かあ?

Yukie_nakamacap0118 そんなことで、色々調べたら、本当にはまってしまいました。「功名が辻」も佳境で目が離せないし、それが終われば、今度は「大奥」。・・・・・

関係ないけど年末は「忠臣蔵」に、新年は「白虎隊」。もう今からドキドキわくわく。

\( ̄ー ̄)/ ほ~い

« October 22, 2006 - October 28, 2006 | Main | November 5, 2006 - November 11, 2006 »