« August 6, 2006 - August 12, 2006 | Main | August 20, 2006 - August 26, 2006 »

Posts from August 13, 2006 - August 19, 2006

08/18/2006

柳本ジャパン 女子バレーボールワールドグランプリ2006が開幕!

甲子園も佳境。帝京VS智弁和歌山の試合は記録尽くし、解説いらないね。筋書きありすぎ、ドカベンだってこんなストーリーないぜ。ぬぅ(; ̄- ̄)...夏優勝経験ある組とない組に分かれたベスト8の戦い。智弁和歌山が虎視眈々と狙ってる。駒大苫小牧の3連覇を阻むことが出来るか、なぜか相手にリードを奪われスッキリしない勝ち上がりの駒大苫小牧。今度はスカッと勝てるのかあ・・・。壮絶な戦いが予想される。残り2校は、あのチームとあのチーム。俺の中では決めてるけど、どこが勝ち上がってもOK。いずれにしても決勝は好カード間違いなし。一体どうなってしまうのか、やっぱり打撃のチームが制するに決まってる。

昼間は甲子園で夜は・・・・・・ヽ(´▽`)/へへっ

8月18日今日から9月10日まで柳本ジャパンが北京五輪に向けた前哨戦「女子バレーボールワールドグランプリ2006」(フジテレビ系列)が開幕するんだね。

実はノーチェックだった。(-。-) ボソッ

だからチェックした(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

詳しくはこちら→女子バレーボールワールドグランプリ2006

いきなり予選ラウンド第一週は、強豪キューバとの対戦を皮切りに、韓国、ブラジルと激戦かあ。昨年のワールドグランプリでは、フルセットまで追い込んだキューバ。今は無き?!大友のサーブミスが思い出される。

昨年のワールドGPの熱戦は→ここ(←クリック!スポーツカテゴリーをずっと下にスクロールしてみてください。かなり入れ込んでいる様子が伺えますてへ(* ̄ー ̄)> )

栗原は、骨折で欠場。最終メンバー12名が発表されたがややフレッシュな顔ぶれもいるね。世界最強セッター竹下キャプテンのほかセッター候補はどうも、この二人、高橋翠(みどり)はライトとセッターをこなすとか、木村沙織がウイングスパイカーとセッターに起用するようだ。大型セッターが誕生するのか?見どころだね。

それとリベロはどうも、菅山かおるのようだ。真打登場!かおる姫\( ̄ー ̄)/ ほ~い

センターラインはベテランの宝来と杉山。荒木あたり。宝来がセッター対角かな?

それでレフトは大山、木村に加え、小山修加(しゅうか)182センチ陸上の走り高跳びの選手で中学記録保持者という変り種。ルックスもいいし、期待してもいいね。178センチ落合真理。代表復帰は5年ぶり。久光製薬のキャプテンですばやい攻撃が得意。同じくルックスもいい。それに、忘れちゃいけない高橋みゆき、SHINだあ。柳本ジャパンの中心選手。セリエAのテクニック。磨きがかかった技が見たい。

いずれにしても決勝ラウンド(開催国イタリア)で残れるのは、イタリアを除く上位5チーム。総当りの勝ち点方式でかなり厳しい戦いだとは思うけど、注目だあ。

たぶんまたみんなで盛り上がっていきましょう。そしてこのブログもまた浮上の兆し?!なんてね。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘アクセス数をどこまで伸ばせるか注目だね。

08/17/2006

松浦亜弥のオールナイトニッポン

松浦亜弥のオールナイトニッポン

お盆明け。通勤電車からモブログ。今日から仕事の人、高校生の部活再開?割合混んでる。都会なら空いてる電車かあf^_^;通勤アイテム「携帯ラジオ」買っちゃった。3400円。ポケットに入る薄型のやつでちょっと気に入った。だかこの路線トンネル多く電波入り悪い(-_-#)それにトンネル出ても山の中だし携帯もアンテナ立たないしトホホ(∋_∈)かろうじてノイズあるけどFMが受信出来た。ほっ。そうそう何年かぶりに深夜放送聞いたよ。暗い中では当たり前だけど本も読めないからね。ファーストチューニングは「松浦亜弥のオールナイトニッポン」(*^_^*)お気に入りの顔がはしのえみ似?のあややの声。19才にしてはちょっと肉々しいボディ。オジサン好み。年ごまかしてないかあ?耳元で囁くやかれちゃ眠れないよっておやすみ3秒だった。高校時代はラジオリスナーだった。懐かしいこの感覚だ。インターネットの情報が主流だかラジオから他愛もない情報は目も疲れないし楽だね。靖国問題、ガソリン高騰、紀子さま入院、北方領土ではロシアでかに漁船が拿捕銃撃。集中できる。ガソリン146円?!自転車と電車で良かった。こんな事態だからアナログも見直すと楽しいかも?!

08/16/2006

驚異の粘り!ミラクル駒大苫小牧来た〜

打高投低。今年は投手にとっては厳しい夏。予選が順延してコンディションづくりが大変なのか?!それにしても連日の熱戦。接戦の好ゲームに寝ていられないf^_^;三連覇と簡単に言うが、駒大苫小牧の驚異の粘りでベスト8はさすが。やはり強いチームはミラクルがかならずある。そんな予感。これで公式戦46連勝でしょ。6点差。はっきり言って誰も青森山田の勝利を確信したでしょ?駒大苫小牧が負ける?!いずれにしても歴史的なビックな話題。「エース田中を温存したのがいけなかった」とか、「南陽工戦見て田中いまいち調子悪いな」とにわか解説が飛び出していたはず。しかしあきらめない粘りには脱帽。9回裏ワンアウトで同点ホームランは出ないよ。(^。^;)80回大会準決勝の横浜VS明徳義塾を彷彿させる。駒大苫小牧も86回大会決勝の済美、87回大会準々決勝の鳴門工のミラクル逆転劇を思い出す。香田監督曰く「全員野球」あえて「脱田中」田中をはずして士気を高めた。ある意味賭けみたいな戦いで苦戦だったがこの奇跡的勝利はチームとして大きいね。桑田、清原のPLも三連覇出来なかったがその上を行くか?

(・_・)エッ「脱田中」?長野にもあったなあ(-.-;)

08/14/2006

第88回夏の甲子園 松代高校あっぱれ!~Let's Enjoy Koshien~

Koshienpict0006 9回表、松沢賢に回ればの期待。1-5のスコア、八重山商工、相手投手の金城くんのボールの切れはなかなか打ち崩せず、タイムリーが出ない中での展開に松沢賢のライト前で1点を取って安堵した。金城投手も県大会からの無失点記録が途切れたということに満足していたが、8回からは、いよいよ注目のエース、大嶺くんが登場に、こちらもゾクゾクした。

格下相手にエース温存に見えたが、伊志嶺監督は、先発NO!1回戦の千葉経大付でのピッチングが悪かったから控えという試練を味あわせたようだが・・・・

8回松代の攻撃を3者連続三振に口惜しいというか、怪物相手に松代が戦っているのが、とても不思議で、非常に嬉しかった。たぶん、甲子園、ほとんどが八重山商工勝利を確信して見ていたと思うしね。

そして9回最後に見せてくれた”つなぐ野球”。大嶺も制球力が定まらない。明らかにボールとなる球がある。四死球で1.2塁のチャンス。送りバント失敗、ランナー入れ替わり、三振で2アウト。そして1番松沢賢くんのバットに期待。倉吉北戦でも後半のチャンスに打ったし、センスの良さが伺えて一番期待できるバッター。

大嶺のやや高めの球をフルスイングで、ライトの頭を越える3塁打でなんと終盤で2点を奪う。一番盛り上がった場面だったね。もう回りは関係なく、拍手喝采の嵐。地元はあの2点タイムリーは、非常に大きな2点だし、もう満足度200%の戦いだった。

息子にはタイムリーの瞬間の俺の騒ぎように・・・冷静

「お父さん止めろ(;¬_¬) ジロッ」

もう感動なしにはいられないし、涙が自然に出てきた。いやはやあっぱれ松代高校。

3-5のゲームスコアにほんと感動だったよ。丸井監督が壮行会で述べた”Let's Enjoy Koshien”まさに県大会から甲子園までの道のり。まさかまさかの快進撃に地元は堪能した。あわよくば、九州大会の覇者、八重山商工に勝利で、”大阪夏の陣”で全国に松代旋風をさらに轟かせたいかったのは事実。堀投手の号泣。県大会でのピッチングは潜めてしまったが、連戦の疲れなので、責めることは出来ないかな。九州大会でも5点で押さえたチームなかったし、まだ来年あるし・・・まあ、スコア的にも最高の負けっぷりだった。

そうそう丸井監督の名言がサンスポにあった!

「大嶺君にしろ、金城君にしろ、あんなに速い球を投げる投手は長野県にはいません」

八重山商工この先も頑張れ!県立高校としてね。次は智弁和歌山?か金沢?

いやあ~ビッグネームだけでは勝てない。明らかにセンバツとはチーム力が変わってる。センバツチームがことごとく負ける中で非常に面白い大会だね。

今治西VS日大山形も好カード。今治西の宇高くんVS日大山形の阿部くんの対決楽しみ。現時点では、残ったチームでは、今治西がやや抜きに出てるではないかな???

日大山形も仙台育英に勝ったし、あの駒大苫小牧にも練習試合で勝っているようだしね。いやはや盛り上がってきました。\( ̄ー ̄)/ ほ~い

08/13/2006

第88回夏の甲子園、波乱?!清峰、大阪桐蔭、愛工大名電、浦和学院も負けた・・・

いやはや、福井商が接戦を制し、まさか清峰までもが6-7で敗れるとは・・・北信越勢が松代、金沢、福井商と勝ち残っている。とても喜ばしいかぎりである。

しかし、今大会も非常に打撃戦の接戦が多く、面白い。強豪校同士の星の潰しあい。横浜を破った大阪桐蔭も負けた。清峰も負けて、このブロックは、ベスト8かけては、早実VS福井商。注目校としてあげた高校の多くが敗れ去る波乱含み。

関西ダース投手のVTRを見ているような号泣。文星芸大付に11-10の逆転サヨナラ。八重山商工大嶺投手もなかなか調子が出ずに、あわやの敗戦目前での同点、そして延長逆転で勝ちあがるし、駒大苫小牧の田中投手も、14Kを奪うものの、南陽工に5-3で冷や汗発進。天理、智弁和歌山も1回戦から接戦だ。

組み合わせが今回実力伯仲していて非常にいい試合の連続だった。勝つだろうと思われた有力校では、常総学院も、浦和学院、愛工大名電も、佐賀商も1回戦で負けた。(-。-) ボソッ

実力出したのは、青森山田野田投手、仙台育英佐藤投手かな。駒大苫小牧VS青森山田は注目カード。今治西VS文星芸大付の打撃戦も見たい。

初出場では、松代、鹿児島工、八重山商工が勝ち進む。いよいよ今日第4試合。福井商も勝ったし、大物食いで松代の名をとどろかせたいところだね。勝っても負けてもいい試合を期待する。”つなぐ野球”で大嶺攻略といきたいね。

さて、楽しみ、楽しみ、その前にお墓参りにいってきます。\( ̄ー ̄)/ ほ~い

« August 6, 2006 - August 12, 2006 | Main | August 20, 2006 - August 26, 2006 »