« July 30, 2006 - August 5, 2006 | Main | August 13, 2006 - August 19, 2006 »

Posts from August 6, 2006 - August 12, 2006

08/12/2006

夏休みの自由研究は終わりました?

これからでも間に合う自由研究ないかな?(-。-) ボソッ

夏休みも後半戦、お盆の帰省ラッシュ、いよいよ大人もお盆休みということになった。子供はまだ焦りを感じていないが、なぜか俺が焦りを感じるという逆の立場(;´д`)トホホ

ずっと葉っぱを賭け続けた宿題は誰もが終わった、もう少しという傍ら、実は自由研究という大きな課題が残されていた。

学校の先生曰く「自由研究はお父さん、お母さんの研究でもあります。協力なしでは出来ませんのでお願いします。」

「( ̄□ ̄;)マジ!???????」

タテマエってものなしの物の言い方は間違っている。確かに正論ではあるか??

子供達、そしてカミサンのプレッシャーはなぜか俺に来てる(;´д`)トホホ

これも履き違えてる。

他の親に聞いてみる・・・

「うちの息子は、西武ドームの研究をするから、一回ドームに連れて行かなければ・・」

う~これもやや課題設定に振り回されてる。こんな課題あるのかぬぅ(; ̄- ̄)...

「うちは、東京ドームの研究・・・」

二番煎じ、短絡的、野球から離れられないのか・・・ぬぅ(; ̄- ̄)...

息子に聞いてみた。「お前は何の研究するんだ?」

「コーラで歯が溶けるか?の研究」

「おいおい、歯をどうするんだ?」

「妹の抜けた歯をコーラにつけておこうかなって」

研究らしいが、やや落とし所が難しい。そういえば、俺も酢に生卵を入れて、何日で殻が溶けるかの研究をしたことを思い出した。

さすがDNA、同じ発想だε=ε=ε=(ノ^∇^)ノわ~い  ε=(ノ_ _)ノ ドテッ!小学生だからこんな発想くらいしか思い浮かばないよな。あきらめモード。

さて本題、短期間で出来るテーマはなんだろう??

とはいえ、実はもうテーマ決めてありますてへ(* ̄ー ̄)>

昨日、ちょっと考えた実験、”じゃがいも”の”りんご”を使います。

でもネタ晴らしはうまくいってから・・・・

それはいいってダブってもいけないし・・・

ああそんなこと心配には至らず。

俺のブログの1日のアクセス数を考えると自由研究ネタ探しにきた人は稀だ\( ̄ー ̄)/ ほ~い

だから、偶然にももしきたら、コメントで自由研究何をやったか教えてください。

m(_ _)mペコリ

とりあえず少年野球にいって、午後は自由研究とやらを考えなければ・・・

08/09/2006

松代高校 甲子園1勝に感動!

丸井監督が、「これが松代の野球だ。離れずついていけたのでうちのペースだと思っていた。」延長11回1死2、3塁。丸井監督は「スクイズはないよ。」と送り出した松代の4番でエースの福井選手の一振りにかけ、みごと高々とレフトに犠飛。三塁ランナー松沢くんが、タッチアップのサヨナラのホームを踏んで、7×-6。初出場で初勝利。最高のビッグニュースが舞い込んだ瞬間だった。

いや~長野県にビッグニュースが今週は2つ目。ヤッシーは●、松代は○(-。-) ボソッ

仕事の合間、移動中の車内でのラジオからまさかの劇的なサヨナラによる勝利が伝えられた瞬間、思わず車内でガッツポーズ、もう感動でマジ涙が出た。ちょうどタイミング悪く、仕事あってラジオ聞けずぬぅ(; ̄- ̄)...

初めてラジオで戦況を聞いたのが、7回表に倉吉北の攻撃で3-3の同点からどうも、3点を奪われなおも追加点のピンチに主戦堀投手がまさかの降板、福井投手がリリーフの場面だったぬぅ(; ̄- ̄)...

県大会では、ほとんど2年生エース堀が投げていたんで、降板はある意味県大会とは違うパターンのように思えたが・・・・後続を断ち切りナイスリリーフ。

3点を追うその裏にヒットで1点を返す、4-6。取られたら取る。あの決勝で0-4のビハインドからの奪った3点が勝因だったすると、3点ビハインドから1点を返したのは大きかったのではないかな。

(また、仕事で・・・・・ぬぅ(; ̄- ̄)...)

w(゜o゜)w オオー!「最終回サヨナラのチャンス、松代高校~」

再びラジオ実況を聴いたら、同点に追いつき、まさかのサヨナラの場面だった。

一瞬どうなったのか分からなかったが、6-6のスコアを聞いて感動。ホロ(;_;)

「いい試合しすぎだよ。すげ~、イケ~打て~」

これがうちのペース、松代の野球だと語った丸井監督。決して奇策でもない、ある意味セオリーどおりの野球に徹している。塁に出てバントで送ってヒットでランナーを返す。送りバントも初球からしっかり決めてくるあたり。セオリーだけど、きっちり出来た松代ナインが素晴らしい。

県大会とはやや違う印象が俺にはあったけど、甲子園で勝つためにはやはりこの野球なんだと実感した。当たり前のことなんだけど当たり前のことが出来ないのが甲子園。それが一番難しいんだよね。過去にいつもの、普段の野球が出来ず、負けるケースがほとんどである。

松代ナインは、大舞台にもかかわらず、選手自身の積極性、きちんとバントを決めるところなんぞに脱帽だね。

奇策といえば、石井選手の8回の1、2塁からのリレードスチール。やや飛び出し感があったが、積極的に3塁への盗塁が、相手投手の悪送球を誘った。ここが心憎い。県大会不振から準決勝、決勝と悩める5番が、甲子園では2安打と調子上げていたのが良かったね。

まさに大阪夏の陣。かつての信州の武将、真田幸村が自分の死と引き換えに、世に名を知らしめた戦い。徳川家康を救った真田幸村の末裔が甲子園で開眼した。

春夏通じて初出場で初勝利といビッグニュースはもう最高のプレゼント。松代の名を全国に知らしめたすばらしい戦いだったと思う。

次は、優勝候補の八重山商工。粘りの野球で勝ち上がった。相手は超高校級プロ注目の大嶺投手。もう失うものはない。この松代野球で凌いで凌いで、切り開きたい。

夢を夢で終わらせない・・・・今度は勝てば”ミラクル松代”松代旋風、見せるかも?!

長野県の甲子園初戦突破は4年ぶり佐久長聖以来、県立高校としては25年ぶり岡谷工以来。

08/07/2006

甲子園〜その前に東京ドームに感動!新庄のダイビングキャッチ試みる?!

これが原監督が立っているダッグアウト、一塁ベンチだあ〜(T_T)この休みはビックイベント?目白押し。第一弾は息子の少年野球大会でビックエッグに行ってきた。まさかの最下位転落の翌朝ドームで試合が出来るとは。大人の方が興奮気味。電光掲示板に息子の名が表示。うぐいす嬢の声がドームに響くと鳥肌が立った。まあ記念イベントだから登録選手全員起用が明言されていただけに先発をつかみチャンスは一打席。長距離遠征でいきなり試合。調子が上がらないまま5点献上。ボロボロの試合展開に(^。^;)その裏反撃の狼煙。ランニングホームランを口火に四球、エラー出塁ヒットなどで二死満塁のチャンスにまさかの息子の打席が回ってきた。ファール後の三球目真ん中高めをジャストミート。やや打球は弱かったがショートの横をすり抜け左中間レフト前2点タイムリーヒット。すべてを払拭した。夢舞台ドームでタイムリーが出るとは夢にも?(ToT)みんな近寄ってきて声。ビデオ撮る手が震えてた。試合は逆転したが、ミスで1点差負け。試合後外野で1時間練習。童心に帰って人工芝の感触に感動!新庄の気分でダイビングキャッチをしてみる
。ナイター中継、巨人吉川の初安打に感動!

« July 30, 2006 - August 5, 2006 | Main | August 13, 2006 - August 19, 2006 »