« July 2, 2006 - July 8, 2006 | Main | July 16, 2006 - July 22, 2006 »

Posts from July 9, 2006 - July 15, 2006

07/14/2006

真夏の悪夢||-_||| ・・・・・・ジャイアンツ9連敗。原監督の苦虫を潰した顔を見る。

もうこうなったら、長嶋監督の1年目の最下位目指して?いこうかと開き直りも大切かと、4月に今年のジャイアンツは強い、本物だあと入れ込んで見たのに、スモールベースボール?うん、確かに小さい、小さい、点取れない・・・意味が違ってきた。(-。-) ボソッ

来月、見に行くんだけど、長野オリンピックスタジアムに来る頃には、一体、どんなジャイアンツが見られるのか怖さがある。野球中継は9時前にスパッと終わって、解説者みな判官びいきで”口を揃えて流れはジャイアンツに傾き始めた””今日の慎之介は違う””矢野エラーするも声掛け合ってる”しかしはたまた豊田の救援失敗のサヨナラ。7月も悪夢は続く・・・・・

長嶋監督就任1年目、王が出遅れ、助っ人のジョンソンは、”ジョン損”と言われ、エース堀内らV9戦士はすでに力なく、開幕戦大洋の投手平松にホームラン浴び、打たれても若手新浦を使い続けた。観客動員数は減らなかった。長嶋見たさに会場に押しかけて、むしろ”長嶋監督ガンバレ”の声援を送っていたようです。(人間ドックで週刊誌ネタ)

47勝76敗3分・・・さすがにここまで負けないでしょ????

2年目の補強、投手陣では太平洋から加藤初が、そして広角打法の張本が日本ハムから優勝請負人として加入する。王の前の3番に張本が定着したおかげで、王の本塁打記録ベーブルース、ハンク・アーロンを抜き、名実ともに世界の王選手になった年・・・

張本のレフト定着によって、高田がサードへコンバート。そして、ジョンソンもサードから得意のセカンドに移り目覚め、見事に優勝を遂げる。

ジャイアンツはチームの建て直し時期に来てるんだね、きっと。こんなに負けるのも珍しいし、昨年の楽天状態で可哀相・・・・(;´д`)トホホ

生え抜きや新戦力を発掘し育ててこそ、原監督だね。

昨日、異例のナベツネさんとの同情会談

( ̄□ ̄;)マジ!??!”3年腰を据えてじっくりやりなさい。”打つ手なし(-。-) ボソッ

星野仙一氏は自身のホームページで

阪神のみならず、巨人のアリアス獲得に「同じポジションのところにカネを使って補強する…同じ過ちを繰り返すのか」と怒り「『体の管理』が継続的に徹底して行われておらず(中略)このところずーっと故障者やケガ人ばかり輩出しているジャイアンツを例にとると、やはりそうした基本的な面での取り組み方が全体的に甘いというか、緩いのではないか」

と苦言を呈する。ZAKZAKより¢(__)/カリカリカリ ナルホドー

原監督も重責を任され多難だね。こんなとき、星野氏がGMに就任してくれると百人力なんだけどなあ。(-。-) ボソッガツンと一言言ってもらいたい。

同じ過ちを繰り返すな。涙流すな上原・・・

ガンバレ、ジャイアンツ\( ̄ー ̄)/ ほ~い

ブログは自己顕示欲?「くまぇり」アイドル志願の放火魔に思う

一泊の人間ドック終わった(^_^;)初体験の直腸の内視鏡。15センチも入れられた?(・_・;)ドック前日、書斎を片付けていたら「虫の知らせ?」カミサンの一言にグサッ。咳止まらない。原因不明。ドック結果は至って健康体。体重は自然に減って(これが危ないかあf^_^;)いたからBMI?肥満の一歩手前で留まる。病院に二日もいると暇だね。週刊誌に新聞読みあさっていた。北朝鮮、秋田の幼児殺害、王監督の記事にジャイアンツのふがいなさ(-.-;)熊田曜子似?の放火犯。m(__)m長野県下諏訪じゃないか( ̄○ ̄;)ブログには、アイドル顔負け、熊田曜子よも大きいとかっていい迷惑のおっぱいまで露出して。さらに火災現場まで自作自演の日記。新聞解説では歪んだ自己顕示欲の表れとか書いてあった。週刊SPAに逮捕される前にグラビア撮影してたとか?売名行為とかにしちゃやること放火じゃなあ?ナルシスト、目立ちたがり屋。長野県人、信州人は控えめ、必ず最後の一つを遠慮する。ナンバーワンにはなれない性格?(信州人だから許してね。)自己顕示欲?がこういう形になって残念!熊田曜子似じゃ二番煎じもいいとこ。もっと個性大切にすればよかったのにね。超有名になったけど代償デカ過ぎ!?byモブログ

07/13/2006

ジダンショックぬぅ(; ̄- ̄)...頭突きの波紋と”サムライブルー”に思う?

ワールドカップは、イタリアの優勝で幕を閉じた。後味の悪いゲームだった。ぬぅ(; ̄- ̄)...ワールドカップ、ラストマッチで有終の美を飾るはず?!のジダンが一発退場で、フランスは終わった。よほど許しがたいことがピッチで起こったとは思うが、それにしても、世界中が注目している彼がまさかのレッド。切れる悪癖がこの最後の舞台で出てしまったのが残念だ。その場面、睡魔で見てはいたが見ず。なぜジダンがいないのかに呆然とした。ぬぅ(; ̄- ̄)... PKも表彰式にもいない寂しい幕切れだった。最後まで縺れ込むと、ボールを支配していたチームが負けるねえ。

MVPはジダン?!“終わりよければ全て良し”の逆。主役なしのワールドカップ。入場者数も確か歴代2位と注目された今大会。ロナウジーニョや中田曰く、ワールドカップは特別な大会。ベッカムも泣いた。普段サッカーを見ない連中まで注目している大会での出来事。

イタリアのマテラッティの一言が気になるし、もしも彼が暴言を吐いたことでジダンが切れたとしたら、そのことを問題視したい。確かにPKもクロスバーに当てて普段のジダンではない。おかしかった。

フランス紙レキップは社説で、「敗戦は、それほど受け入れがたいことではない。困難なのは世界中の子供達たちにどうして頭突きをしたのかを説明することだ。」

トレセゲ「あいつはカップを勝ち取ったかもしれないが、胸を張ることは出来ない。サッカーよりも大切なものは人生にはある。」

結果的には、国内リーグのカルチョスキャンダルとかでゴタゴタの国が勝ったね。疑惑を払拭できるのか?再燃するのか?全世界はイタリアに注目だね。

「サムライブルー」 サムライ・・・・・・

「幕末期に完成した武士という人間像(=サムライ)は、日本人がうみだした多少奇形であるにしてもその結晶のみごとさにおいて人間の芸術品とまでいえるように思える。(中略)サムライという日本語が幕末期からいまなお、世界語でありつづけるのは、(中略)類型のない美的人間ということで世界がめずらしがったからであろう。明治後は、カッコワルイ日本人が、ときに自分のカッコワルサに自己嫌悪をもつとき、かつて同じ日本人がサムライというものをうみだしたことを思いなおして、かろうじて自信を回復しようとするのもそれであろう。」司馬遼太郎の峠下より

(__)/カリカリカリ ナルホドー(  ̄- ̄)フムフム

世界は広い。日本はフィジカル面で完全に負けている。ジーコも「体格差」をワールドカップの敗因に挙げた。想定内の惨敗?!オシム監督には、日本らしさ。日本の良さを引き出してもらいたい。つづく・・・ ̄― ̄)ノ)))))))) ブンブン

*新FIFAランキングで日本は49位(;´д`)トホホ 31位も落とされた。これが厳しい現実だね。ガンバレ~ニッポン\( ̄ー ̄)/ ほ~い

« July 2, 2006 - July 8, 2006 | Main | July 16, 2006 - July 22, 2006 »