« March 12, 2006 - March 18, 2006 | Main | March 26, 2006 - April 1, 2006 »

Posts from March 19, 2006 - March 25, 2006

03/22/2006

野球が頂点!WBC王ジャパンキューバ破る

WBC決勝で、日本がキューバを10-5で破り優勝に感(┳∧┳)動

wbc-Cap1129 大塚が最後のバッターを三振に仕留めたときの船越アナのコメント

wbc-Cap1118 ベースボールの世界で、野球が世界の頂点に立ちました。世界を追い求めてきたイチローが世界の頂点へと導きました。

いつも冷静沈着で言葉を選びながらコメントするイチローが興奮気味に話している姿が印象的だった。

このチーム最高!まさか、ここまではイメージできなかった!

wbc-Cap1138 そしてカメラ目線で、ポーズを決める。

スーパースターのイチローだと思わせたシーン。

wbc-Cap1134 キューバの選手も思わず、デジカメで、イチローと記念撮影してるし( ̄◇ ̄;)エッ。

WBCがこれほどまでに、イチローを興奮させるのはなんなんだろうか?!

今までは自分との戦い、自分へのプレッシャーを与えての戦いで多くを語らずってとこあったけど、日本チーム、ジャパンとしての世界への挑戦。

一人ではなく、チームとしての世界挑戦であったんだと想像する。

まさにチーム一丸だった。初回にいきなり今江らにタイムリーで4点を奪う。

松坂も決勝の先発マウンドを気迫でキューバ打線に力で向かっていった。川崎の絶妙なホームへの好走塁があった。西岡のプッシュバントの内野安打もあった。4番の松中も4安打で打線を軸を築いた。

だが、さすが世界ナンバーワンのキューバの追い上げ。藤田一発を浴び、1点差まで追い詰められる。しかし、9回の攻撃は素晴らしかった。

千両役者イチローが圧巻タイムリー、韓国戦に引き続き、またしても、福留の代打で期待に応える2点タイムリーが飛び出す。影のMVPだね。

wbc-Cap1121 イチローがホームクロスプレーを回り込み、ヘッドスライディング。

這い蹲ってホームイン。、そして小笠原の浅い犠飛で松中が懸命に走りこみ、追加点で決定的な4点を奪う。

色々あったWBC。悪夢も味わったけど、終わってみれば最高!

王監督の采配がズバリ的中で見ていて面白かったし、野球の醍醐味を教えてもらったよ。

wbc-Cap1133 ホント、王ジャパン優勝おめでとう!

素晴らしいドリームチームだったね。

ぜひ、この余韻を、ペナントレースにつなげたいね。

プロ野球人気の復活へとなればと期待する。\( ̄ー ̄)/ ほ~い

03/21/2006

キューバに勝て~WBC 準決勝 福留の一撃に興奮~宿敵韓国に快勝~

日本は、タナボタ準決勝、韓国は、連勝負けなしで文句なしの準決勝。

韓国も強くなったなあ~それにしてもイ・スンヨブは、よく打ちよる(;´д`)トホホ

今シーズンは、我がジャイアンツだから、仲間だななんて話をすり替えたりしようかと思っていたよ。

それと韓国の応援は、いつも迫力あって、いやらしい。

いやらしいんではなく、いやらしいんだよ。分かるよね。日本語難しいです。

「テーハミング・・・・」

派手さはどうかよくわからないけど、どんなスポーツでも鳴り物入りの気合の入ってるし、ブーイングも最近は流行り?!

「野球人生で一番屈辱的に1日」

イチローのコメント。

2次リーグ敗退かと思われた。

だけど、まさかのアメリカがメキシコに敗れる波乱で、再度、韓国戦のチャンスを得る。

「3回続けて負けることは決して許されない」

ホントに負けられない一戦だと日本中が思っていた。

しかし、1次リーグから7試合だけど、3試合が韓国戦でしょ?

そりゃ勝ってるほうだってそろそろ負けるかなって嫌なムードあるよね。

でも韓国には底力あるし、宿敵日本には、絶対に負けたくないっていう気持ちあるよね。

イチローは開幕前に何気にいった一言

向こう30年は日本には手は出せないなという感じで勝ちたいと思う

この発言が韓国を挑発、波紋を投げかけた。

それだけ、WBCに賭けているイチローが分かる。

さすがに昨日試合を負けたら、末代の恥さらしみたいなことになりかねない一戦。

打順入れ替えて、イチローを3番に据えたのはよかったね。さすが王監督。

序盤、得点圏のチャンスに、いい当たりも、韓国の正面を突くアンラッキーなライナー、守備陣もファインプレーで凌がれる。

上原好投。多村、イチローの好捕でこちらも凌ぐ。

打っているのに、なかなか点の取れない展開にジリジリ。

松中の気迫のヘッドスライディングの二塁打。気合入りすぎて二塁ベース叩いてらあ~。

多村送りバント失敗で嫌なムードを払拭したのは、代打、福留。

今回当たりが止まっていたので、先発外れたが、王監督の采配ズバリ。

期待に応え、先制ツーランが飛び出した。感(┳∧┳)動

里崎、宮本、イチローが続き、猛攻5点を奪い、7回裏は上原がきっちり抑えて締めくくる。

そして8回、またしても多村の一発でダメ押しで韓国万事休すの快勝。

日本、王ジャパン、いよいよ決勝へ。

アテネ五輪、金メダルのアマチュア球界世界一に君臨しているキューバとの対戦。

王監督曰く、「金属バッドを使っていたときは、キューバは違う。」

初代王座をかけて、いける感触、チャンスあり。

イチローの掲げた目標は世界一。

有言実行の男の目標まであと1勝。

いよいよだね。

野球見ている場合ではないけど、応援するぞ。

それにしても、王ジャパンメンバーは今までの日本代表よりもかなりコマ揃いだよね。

やっぱりイチローがいるのといないのでは大違いだね。\( ̄ー ̄)/ ほ~い