« December 25, 2005 - December 31, 2005 | Main | January 8, 2006 - January 14, 2006 »

Posts from January 1, 2006 - January 7, 2006

01/04/2006

新選組!!三昧、土方歳三、完結編にはまる

朝から、今日を待ちわびていたのは、俺だけではないよね。新選組!!モード全開?!
休みなので、寝ているはずが、もう朝から見逃せずと、テンション高め。
まずは、「土方歳三とオレ~会津を旅した俳優・山本耕史の素顔」を見る。
念願の会津には、俺もちょうど1年前訪れたので懐かしい。感(┳∧┳)動
俺の携帯にはそのときの、鶴ヶ城と新選組のストラップが今でも輝いてる(☆。☆)キラーン!!

近藤勇の墓に山本耕史が花束を捧げるシーンは土方が花束を手向けるみたいで感動。
山本耕史曰く、土方がすでに自分に染み付いてしまって、自分が自分でなくなってることがあるとか。
鶴ヶ城の天守閣から一望する。松平容保の気持ち。西を望めば、白虎隊の飯盛山、視線を右にずらせば、東山温泉、土方歳三ゆかりの湯である。その中間には、天寧寺。近藤勇の墓である。

思わず訪れた地であるので、そのロケーション、シチュエーションがイメージ出来てしまうのが、会津だね。
また、行ってみたい。

そして、新選組!スペシャル再放送をすべて見る。感(┳∧┳)動
このブログにも足跡残してるけど、感動の場面では懐かしさとやっぱり感極まる。

多摩の百姓が、武士よりも武士らしく・・・
試衛館時代、浪士組、壬生浪士組、会津藩御預 新選組

「全てがこれからはじまったな・・」

近藤、土方ともに、コルクを見せる回想シーンは、全てに通じてる。
三谷さんの演出ばっちり。
近藤、最期のシーンはやっぱり泣いた。

宇都宮での戦から、北への転戦。新選組の行く末、土方歳三の最期を描く今回の後編。
「新選組!!土方歳三最期の1日」をしかと見届けて、いや満足。
三谷さんすばらしかったね。
hijikata-Cap0951

榎本武揚、大鳥圭介と合流しての函館山ろくでの戦い。蝦夷地、五稜郭へ話は進む。
本来なら、懐かしいメンバーで綴ってほしいところだが、京都からの生き残り組は、5人。
尾関、島田魁、山野八十八、蟻通勘吾?そして土方歳三のみ。
山野、蟻通(ありどおし)は池田屋のメンバーだが、本編では出番なし。
「お前らそんなに昔からいたのかあ?」と島田のつっこみ
「目立たなくてすみません」と山野、蟻通のボケ
思わず( ̄ ̄▽ ̄ ̄) ニコッ

新たに新選組に加わった相馬主計が土方に、新選組に過去を問う回想シーン。
「山南さんは武士の中の武士だ。あの人がいなければ、新選組はなかった。」
昼間の、再放送の山南さんの法度に背き、切腹がオーバーラップする。

市村鉄之助に新選組が蝦夷地まで薩長相手に戦ったことを多摩の人々に伝えてくれとの命令するシーン。
そして、佐藤彦五郎、沖田みつに渡してくれと、肖像写真、コルクを手渡す。
新選組!を知る人とぞ、知るシーン。スペシャルで、沖田みつが持っていたコルクに通ずるのかあ。

回想シーン。斉藤一登場感(┳∧┳)動
土方と会津で近藤の墓を建立するシーン。たぶん”小鉄”を墓前に差し出した斉藤。
朝の山本耕史のシーンがオーバーラップ。
そして松平容保公とのシーン。「長岡も落ちた。つぎは会津だ。土方、北に行け。徳川方を束ねてる榎本武揚のもとへ」相変わらずのしゃべりだが出てきてくれてありがとう感(┳∧┳)動
会津新選組、斉藤一は会津新選組として残ること、そして土方は会津を後に蝦夷の榎本のもとへ。

函館奉行になっていた永井尚志。今回のまとめ役?!
「勝敗は決した明日降伏する。俺はそれもありだと思ってるんだよ。もうこのへんで良しとしてもいいんじゃないか」
「薩長の大群を向こうに回して、ここまで思う存分戦ったから、いいじゃないかあ」
「俺は、近藤勇が死んだとき俺の人生は終わった。しかし死ななかった。なぜ、ここまで生き延びたんですか?」
「近藤勇の無念を晴らすべく、近藤勇を罪人のままでしておくわけにはいかない」
「近藤勇になんと詫びたらいいんですか?」
「ごめんなさいでいいじゃないかあ~」この台詞はちと笑えた。

榎本武揚と土方歳三のシーン。今回のクライマックス。
「俺はロマンチ(ロマンチスト)につきあうのが性にあってる」
「俺は馬鹿を武士にするためのロマンチにつきあった」
「だから、俺は榎本さんのロマンチに付き合うぜ」
「生きるための戦だ。桶狭間戦法・・・・サンドウイッチ作戦だ」
「土方君、君は筋金入りのロマンチだ」

空想の生き物”ぬえ”市村鉄之助との会話でも出てきたが・・・
試衛館時代の回想シーンが生きる。
薩摩、長州、土佐は寄せ集めの”ぬえ”だ。”ぬえ”は、人が倒す。
山南さんの一番恐ろしいのは、「人」だと思いますが・・・

そして敵の総攻撃を封じるために出発する際の土方。近藤の形見を身に付ける。
「榎本さん、あんたこそ生き延びるんだ。夢を咲かせるんだ。何万頭もの牛を飼ってチーズをつくってくれ」
この言葉が非常に印象的だったし、土方歳三のかっこよさだった。

そして銃弾に倒れた土方の前に近藤勇。
「かっちゃん」感(┳∧┳)動

尾関、島田が土方の死を悲しむ。
「命を粗末にするな。土方に託された新選組のためにも生き延びるんだ。」
「西郷、桂がどんな政府を作るのか見届けようじゃないかあ」
そして、尾関のお決まりの「誠」の新選組の旗を掲げる
永井尚志の言葉やシーンは、今回はちと強引なまとめ役ではあったが、それにはまることにする。
hijikata-Cap0949
懐かしのテーマがバック感(┳∧┳)動

ああ、今度はホントに終わったね。完結編。
でも、心の中には、いつでも、新選組!!
やっぱり、新選組!は終わらない。
ありがとう\( ̄ー ̄)/ ほ~い

人気blogランキングへ
気に入ったら、ポちっと、クリックしてやってください。↑

01/01/2006

新選組!!土方歳三最期の一日が楽しみ

ああ、年越しで登場しようと思ったけど、ハッピーニューイヤーです。\( ̄ー ̄)/ ほ~い
新年最初のブログ記事投稿です~。今年も我がブログご愛顧((( ^^)爻(^^ ))) ヨロシク♪

年末年始第二弾、大晦日のお楽しみは・・・・プライドだったかな?!
その前に、日本テレビの”女王の教室”の全話一挙放送に度肝抜かれた。思わず全部見た。
波紋を投げかけた作品だけど、今年を代表する証明!?そして一挙放送とは手抜き?!ぬぅ(; ̄- ̄)...
個人的には、再放送は大歓迎だったし、クランクアップの秘蔵VTRもあってよかったよ。
改めて、進行役を務めた神田和美ちゃん、真鍋由介くんはよかったよねえ。
そうそう馬場ちゃんは、今度、2006NHK大河ドラマ「功名が辻」に確か?!仲間由紀恵扮する千代役の幼少時代で出るよね。うれしい~イエーイヾ(^-^)ゞ
もう、テレビ見まくってます。カミサンの冷たい視線を感じつつ・・・(-。-) ボソッ

プライドに話を戻そう・・・

吉田秀彦VS小川直也の柔道出身の対戦は、意外な展開で終わったね。
小川は、吉田の攻めで、左足骨折したらしいが、最後は腕十字固めで、レフリーストップ。
小川はマイクパフォーマンスを見せたが、やや情けなや。
それでも、”ハッスルポーズ”を吉田にやらせようとが、やらないでよかった。
小川のプライドではない。そこまでやれば僭越かと(-。-) ボソッ

マーク・ハントVSミルコ・クロコップも見所あったね。ミルコのブロクがココログっていうのも笑える、それも日本語。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ1Rは、ミルコのハイキックも切れ味あったが、マーク・ハントも意外に落ち着いていたね。途中は、ミルコもやや防戦。体調不良だったとか・・・・判定でマークハントがK-1での借りを返すことになった。
エメリヤーエンコ・ヒョードルの馬鹿でかいズールを相手に大会最短となるわずか26秒の秒殺ノックアウトや五味隆典が桜井“マッハ”速人を一気にパンチで倒すシーンは凄かった。

裏では、ダイナマイトもやってたけど、曙どうなったん?ボビー相手に苦戦していたような・・・
後は見どころだったのは、ダイナマイトのリンクで矢沢永吉 永ちゃんが歌ってた。そして泉ピン子が絶叫してたののが印象的。紅白の刺客だったとか。
紅白ではタイミングよく、倖田來未の”エロかわいい”を見ることが出来たし、ヤンクミでD-51もちらっと。
同世代、渡辺美里も見たしなあ。でも紅白はその程度だった。
みのさんは置いといて、そうそう、白組が勝ったらしいけど、白組司会は、山本耕史さんが司会してたなあ。

やっぱり話題は、大河では珍しい続編だあね。
「新選組!!土方歳三最期の一日」だよ。

新選組!より!マークが一個多いのが気になる。(;¬_¬) ジロッ

快速!新選組!!サイト!!!はさらに!マークが3つだあ。ぬぅ(; ̄- ̄)...

ああ、気持ちも高ぶってきたてへ(* ̄ー ̄)>
新選組!フリークの方々のトラックバックをよろしくお願いします。
\( ̄ー ̄)/ ほ~い

人気blogランキングへ
気に入ったら、ポちっと、クリックしてやってください。↑

« December 25, 2005 - December 31, 2005 | Main | January 8, 2006 - January 14, 2006 »