« 世界バレー男子植田ジャパン8強決定!男泣き | Main | 我がブログ9万ヒット達成!植田ジャパンの集大成!8位 世界バレー2006最終戦 »

12/02/2006

映画の日「武士の一分(いちぶん)」を見る!キムタクに感動!

映画館で映画見たのいつ以来だろう?子供の映画は抜きにしてさ。

仕事ずっと忙しくて、昨日は終電、今日は始発で寝るだけに帰ってる。今日の予定は労働を伴うルーチンワークで思いのほか早く終わり、、今日は映画の日で1000円サービスデーだと同僚に聞いて思いつきでふらっと映画館に直行!

毎日、通勤は飲み屋には行くが、駅と職場の往復のみで街をぐるっとする機会が4月から1度もなかったから、昨日の講義がうまく行ったご褒美に気分よく、チョイ悪オヤジになってみた。てへ(* ̄ー ̄)> 当然、家族には内緒だから、携帯鳴るの恐れてはいたが・・・

外食は慣れているものの、映画館に一人で入るのって周りの目は気になって、勇気入るね。隣にOLらしきお姉さんが来てドキドキした。お互いシングル同士だから、いらんこと(ーー;).。oO(想像中)。キムタクのファンなのかな?運命的な出会いだったりして・・・ひょんな事から、なぜかそのお姉さんと話してるし、なにこの一体感?!なんかこんな気分久しぶり・・・いや~ん♪(◇^*)(*^◇)

今日から全国一斉ロードショー。公開初日だったことも初めて知ってビックリ。映画好きに思われかな?一人だし、男子高校生から、カップル、夫婦、おばさん連中まで年齢構成は豊かでまあ、その中に埋もれていたか俺も・・・でも映画オタクには見えねえよな??

それはさておいて・・・

映画館に到着したときすでに上映時間が過ぎていてなんの予備知識もなく入った。

木村拓哉主演、山田洋次監督で原作は藤沢周平氏。

ずっと気になったのは、キムタクの奥方役の加世役の女優さん。あとで壇れいさんと判ったけど、嫌味のない清楚な美人でちょっと首筋に汗なんかかいていて、色気出していた。

新之丞(キムタク)との結婚を狙っていたらしい以寧役の桃井かおり。色気よりうるさ型のおばさんで良い味出してた。「頭悪いの母親に似たんでねえの~」(笑)

それと奉公人の徳平(笹野高史)。すべてにおいて名演技。笑いも涙も誘った。

シリアスなストーリー展開の中でふと笑いをとる表情、一言が見逃せない・・・

「武士の一分」?一体なんて読むの?いちぶ?いちぶんの意味すらろくに分からなかったが、最後には理解が出来た。

チョイ悪オヤジ、美人のご新造さんを寝取った坂東三津五郎演じる島田藤弥(原作では島村だった)女好きにしては紳士。上司が部下の妻の弱みに付け込んで不倫しやがって・・・(;¬_¬) ジロッ加世さんは不本意にやられたってことだが・・・

盲目の三村新之丞が愛を貫き、命を賭けてその島田への復讐。そして対決・・・

人には命をかけて守らねばならない一分がある

盲目の武士だが、鼻や耳が研ぎ澄まされ、洗練された気合の刀さばきは、鳥肌もんだった。

徳平の取り計らい、一度は捨てた加世が戻ってきたラスト。目は見えずとも、心は繋がっていた喜びに感動!

久しぶりの映画だが、凄くはまり、帰りに書店に寄って思わず原作本『隠し剣秋風抄』(藤沢周平 文春文庫)を手にしちゃった。はまりやすい性格だから\( ̄ー ̄)/ ほ~い

この行動にもはまりそう・・・今度は何を見るかな???

仲間由紀恵主演の「大奥」に決定!アフターの楽しみ増えた。( ̄ー+ ̄)

映画「武士の一分(いちぶん)」公式ブログ

キムタク、「武士の一分」のおかげで、我がブログも遅ればせながら9万ヒットなるか?

« 世界バレー男子植田ジャパン8強決定!男泣き | Main | 我がブログ9万ヒット達成!植田ジャパンの集大成!8位 世界バレー2006最終戦 »

Comments

初めまして!

TBありがとうでがんす!

ちょいと悪オヤジになってみて、隣のお姉様との一体感・・・あは、面白いですね♪でも、感動されたようで木村ファンの私としては他人とは思えず(爆)
加世さんも汚れてないっていうのか、清楚で品のある色気があって良かったですよね~
えっと・・・盲目になってからの木村君の演技がすごかった。派手な映画ではないけれど、心にじわ~ときました。
奥様をお大事に(笑)

アンナさん TB、コメントありがとうございます。m(_ _)m
ディテールまでしっかりお読みいただいて狙い通り?!
反応してくれたアンナさんはナカマ!((( ^^)爻(^^ )))ナカマ!
「同じ匂い」、「一体感」を感じます!(爆)

キムタクをあまり直視したことの無い俺ですが、三村新之丞の目に引き込まれました。(そういう趣味はありませんが・・・)

加世(壇れいさん)よかったですね。すべてにおいてよかったです。彼女は宝塚出身と聞いてなるほどと思いました。
これから注目の女優さんですね。

それとアンナさんともお近づきになれたので、これからもよろしく~!\( ̄ー ̄)/ ほ~い

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23191/12899664

Listed below are links to weblogs that reference 映画の日「武士の一分(いちぶん)」を見る!キムタクに感動!:

» スタービーチ攻略法なら出会い系サイト攻略法ブログ [スタービーチ攻略法なら出会い系サイト攻略法ブログ]
お金と時間をかけずに、簡単な方法で、早期に、なるべく近くにお住まいの、継続的な良縁を期待できる女性達と、コンスタントに出会い続けたい人のスタービーチ攻略法とは? [Read More]

» 武士の一分 [Akira's VOICE]
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。 [Read More]

» 試写会「武士の一分」 [日々“是”精進!]
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「武士の一分」の試写会に参加してきました日本映画界を代表する山田洋次監督と、木村拓哉が始めて組んだ話題作。藤沢周平の原作である短編を基に描く時代劇3部作、「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く最終章。ストーリーは...... [Read More]

» 【武士の一分】 [空の「一期一会」]
★良かったなぁ・・・。私は、好きです。 どんな仕事に対しても、モチベーションの [Read More]

» スカパー!月々1000円未満 [スカパー!でアニメ、映画三昧]
スカパーレンタルサービスなら月々725円の機器レンタル、基本料金と、お好みの番組の料金のみで視聴可能!! [Read More]

» 映画「武士の一分」 [アンナdiary]
毒見をして失明した後の木村拓哉が素晴らしかった。もう木村拓哉ではなく「三村新之丞」だった。派手さはないけれど、後からじわじわとくる心に染みる作品です(ネタバレあり) [Read More]

» 映画「武士の一分」 [don't worry!な毎日]
   三村新之丞(木村拓哉)は、 最愛の妻・加世(檀れい)、父の代から仕える徳平(笹野高史)と、 つましく暮らす下級武士。 だが、藩主の毒見役をつとめて失明した日から新之丞の人生は暗転する。 絶望し、自害しようとする新之丞を加世は必死に思い留まらせるが、 愛する夫のため、口添えを得ようとして罠にはまり、 番頭・島田藤弥(坂東三津五郎)に身を捧げてしまう。 その行為を、夫婦の契りを絶つ裏切りと感じた新之丞は、 加世に離縁を言い渡す。 のちに、島田は何の口添えもしなかったことを知った... [Read More]

» 「武士の一分」感想と、原作「盲目剣谺返し」比較 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
武士の一分見てきました。 原作の藤沢周平「盲目剣谺返し」を先に読んでしまっていたのですが、映画の方が面白かったし、好きだったかもしれないという、珍しい現象 (注)もともと、原作の「盲目剣谺返し」は、それほど面... [Read More]

» ■週末の学び12/1「武士の一分」〜あなたの一分とは?〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
映画から 生きざまを 学びましょう! [Read More]

» 武士の一分・・・夫婦愛が良いいね〜 [システムエンジニアの晴耕雨読]
山田洋次監督、武士の一分(いちぶん)、見てきました。ストーリーは、映画見る前からほぼわかっているにもかかわらず、ピンと張り詰めた雰囲気が伝わり、中だるみすることなく緊張感を持って最後まで見ることができました。見る前に、賛否いろいろ言われていましたが、木村...... [Read More]

» 『武士の一分』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取り戻した時は、視力を失っ... [Read More]

» 「武士の一分」 [てんびんthe LIFE]
「武士の一分」よみうりホールで鑑賞 今日は木村拓哉くんの34才のお誕生日なのだそう。おめでとうございます。 そんなキムタクファンで溢れるよみうりホール、立ち見がでるほどの大盛況。国際フォーラムでは「犬神家の一族」の舞台挨拶があってみなさんそちらへ出かけていると思っていたのに甘かったな。座れたんですけどね。 ストーリーの原作は藤沢周平。山田洋次監督との3部作最終章。とはいえ、前2作品はみていません。特に続編とかそういうのではないらしいのであまり気にしませんでした。 ストーリーも殿様の毒見役... [Read More]

» なぜ、彼らは次々に可愛い彼女ができたのでしょう? [女にもてる方法 ・ 驚異のもてる男変身術!]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「女にもてる方法 ・ 驚異のもてる男変身術!」 というサイトを作りましたのでトラック・バックさせていただきました。貴ブログ訪問者の方々には、 非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、 お手数ですが削除下さいませ。失礼いたしました。 ... [Read More]

» 「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。 [Read More]

» 「武士の一分」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「武士の一分」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎、他 *監督:山田洋次 *原作:藤沢周平 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待..... [Read More]

» 映画「武士の一分」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉)と妻・加世(檀れい)は慎ましくも平和な暮らしを送っていた。ところが、新之丞は役目で食べた貝の毒に当たって失明してしまう。 “毒見役”という役職にスポットが当てられるのが珍しい�... [Read More]

» 『武士の一分』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『武士の一分(いちぶん)』鑑賞レビュー! 人には命をかけても 守らねばならない 一分(いちぶん)がある 『武士の一分(いちぶん)』とは 侍が命をかけて守らねばならない 名誉や面目をいう ★review★ 映画の日 1日に観て来ました〜! 千円均一の日に公開開始なんて ラッキーですた!(-人-)ありがたやありがたや。。。。 本作は、前回鑑賞の★007/カジノロワイヤルとは 180°転換の?"復讐劇"かと思いきや なんのなんの下級武士で... [Read More]

» 「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。 [Read More]

» 『武士の一分』 [唐揚げ大好き!]
  『武士の一分』   人には命をかけても守らなければならない一分がある。   キムタクよりも山田洋次色が濃かったかな。 上質な時代劇になっております。 勿論、キムタクはどこまで行ってもキムタクでしたけどね。 でもそんなに悪くはない、笑いもあったしちょ... [Read More]

» 武士の一分 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:山田洋次 キャスト:木村拓哉       檀れい       桃井かおり       坂東三津五郎(10代目)       笹野高史       小林稔侍 、他 ■ス... [Read More]

» 映画vol.98 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会 [Cold in Summer]
 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会 監督:山田洋次 出演:木村拓哉  公式サイト キャナルだから舞台挨拶(キムタク)来るかな!?ちょっと期待しつつ、ハガキで応募。 当日電話で確認しても、無いとの事。が、監督・檀れいさん御....... [Read More]

» 武士の一分 [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
武士の一分(いちぶん) 2006年12月1日 全国公開 公式サイト: http://www.ichibun.jp/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン3 D-23 2006年12月1日(水)11時30分の回 ゴウ先生総合評価: C   画質(ビスタ): B   音質(SRD): A-... [Read More]

» SMAP・キムタク、真価が問われるリーダー役 [オヤジの雑記ブログ。気になるニュース等]
”キムタク”を含む記事にTBさせていただいております。ご迷惑でしたら削除してくださいませm(_ _)m。「華麗なる一族」(原作)以前読みました。めっちゃ面白い!です。重厚な作品です。 この作品に限らず、「大地の子」「白い巨塔」etc...山崎豊子さんの小説は、スケールがでかくて実に読み応えがありますね... ... [Read More]

» 山田洋次監督「武士の一分」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 山田洋次 出演 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎  木村拓哉がご飯を食べるとき最後に必ずお湯をもらう。最後の一口をお茶漬けにする。これは茶碗と箸を洗っているのである。食べ終わると布巾で茶碗の内側を拭き、茶碗をしまう。箸もしまう。武士の世界の節約、その節約が生み出す「美」が丁寧に丁寧に描かれている。こうした部分はおもしろい。木村拓哉が失明したあと一族が集まり今後どうするか相談するところも、おもしろい。... [Read More]

» キムタク『HERO』が映画で復活! [フジテレビのドラマ@情報室]
”キムタク”を含む記事にTBさせていただいております。ご迷惑でしたら削除してくださいませm(_ _)m。 キムタクのドラマは大体見てきてますが、この『HERO』はダントツに面白かったですね。キムタク演じる久利生(くりゅう)検事のキャラは、『踊る大捜査線』の青島刑事(織田裕二)がモデルになってるとか。確かにキャラ的に被(かぶ)るところはあるけれども、やはりSMAP・木村拓哉の人気は強いでしょう。... [Read More]

» 『武士の一分』 [京の昼寝〜♪]
命をかけて、守りたい愛がある。 ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、大地康雄□オフィシャルサイト  『武士の一分』 下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)と穏やかな生活を送っていた。�... [Read More]

» 公開前に話題にし過ぎた事が失敗。『武士の一分』 [水曜日のシネマ日記]
木村拓哉主演の時代劇映画です。 [Read More]

» 武士の一分 [頑張る!独身女!!]
香取慎吾がスマステでも言ってました。「良かった。木村くん良かったよ」。私の感想を一言で言えば、慎吾ちゃんが言うように良かったです [Read More]

» 武士の一分 2006-69 [観たよ〜ん〜]
「武士の一分」を観てきました〜♪ 30石取りのお毒見役の三村新之丞(木村拓哉)は、美しい妻・加世(壇れい)と忠義者の中間の徳平(笹野高史)と貧しいが平穏な日々を過ごしていた・・・ある日、新之丞は貝の毒に当たってしまい、視力を失ってしまう・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、徳平見たいな忠義者の中間が・・・ ... [Read More]

» 「 武士の一分 (2006) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督・脚本 : 山田洋次 出演 : 木村拓哉  / 檀れい  / 笹野高史 他   公式HP : http://www.ichibun.jp/ 「 武士の一分 (2006) 」 原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(... [Read More]

» 武士の一分 [銀の森のゴブリン]
2006年 日本 2006年12月公開 評価:★★★★☆ 監督:山田洋次 原作: [Read More]

» 映画vol.98 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会 [Cold in Summer]
 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会 監督:山田洋次 出演:木村拓哉  公式サイト キャナルだから舞台挨拶(キムタク)来るかな!?ちょっと期待しつつ、ハガキで応募。 当日電話で確認しても、無いとの事。が、監督・檀れいさん御....... [Read More]

» 映画『武士の一分』を観に行った [多数に埋もれる日記]
久々に映画をみに行きました。 [Read More]

» 「武士の一分」 [Tokyo Sea Side]
ストーリーは王道で、少々ひねりがない気もしますが、少し構えてた私にとっては分かりやすくて良かったです。“時代劇”を観に行った人には少し物足りないかもしれませんね。やはり言葉に慣れていないのでちょっと分かりにくいと思うコトもありましたが、独特の雰囲気と木村拓哉の演技が楽しめれば良いと思います。所々笑えるシーンもあるので、思ったより気軽に観れました。徳平が良い味出してます♪ [:URL:] 『武士の一分』... [Read More]

» 映画の会 [きらくに、きままに・・・]
以前より何度か紹介した“映画の会” 我が職場の何人かで、同じ日に映画館(MOVIX)に出かけ、 おのおの好きな映画を見た後に、宴会!! 昨日、この映画の会を行った。 おいらの見た映画は、『武士の一分』 まだみてない人もいるだろうから、内容にはあまり触れませんが、すばらしい作品です。 特に檀れいさん。 昨日一日でファンになりました。 ネットでチェックしていると、檀れいの公式ブログ見つけました。 檀れい... [Read More]

» ロレックスエクスプローラの誕生ロレックスは生涯の友!! [ロレックスエクスプローラーを買うぜ!@ロレックスは生涯の友!!]
ども! ロレックスエクスプローラーを買うぜ!@ロレックスは生涯の友!! 、管理人です。1953年はロレックスにとって節目の年になりました。サブマリーナ、エクスプローラーIという初めての特殊モデルが発売されました。その信頼性を高める伝説となったのが、同年、エベレスト初登頂に成功した英国遠征隊、このとき、ヒラリー卿とシェルパのテンジンはエクスプローラーを着用!ロレックスが創業以来目指していた実用時計の究極として誕生した探検ウォッチ、エクスプローラーIは初期型こそ白文字盤が存在して...... [Read More]

» 山田洋次監督の身の丈の描き方/『武士の一分』木村拓哉 [活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世]
●武士の一分(ぶしのいちぶん)● ●監督;山田洋次 ●脚本;山田洋次/平松恵美子/山本一郎 ●原作;藤沢周平/盲目剣谺返し」(『隠し剣秋風抄』より ●出演;木村拓哉/檀れい/桃井かおり/坂東三津五郎/     笹野高史/緒形拳/小林稔侍 ●松竹映画/2006 12/1公...... [Read More]

» 武士の一分 [いろいろと]
監督 山田洋次 出演 木村拓哉、檀れい、笹野高史 ほか 「たそがれ清兵衛」 「隠 [Read More]

« 世界バレー男子植田ジャパン8強決定!男泣き | Main | 我がブログ9万ヒット達成!植田ジャパンの集大成!8位 世界バレー2006最終戦 »