« December 18, 2005 - December 24, 2005 | Main | January 1, 2006 - January 7, 2006 »

Posts from December 25, 2005 - December 31, 2005

12/28/2005

年末年始のお楽しみ第1弾・・”河井継之助”を見たよ

年末年始は、テレビ三昧と決めている。外せないのは、新選組!と箱根駅伝。
「男は暇で横になってテレビ見てればいいけどね。(*`д´)」
カミサンの冷たい視線とイヤミは恒例である。ぬぅ(; ̄- ̄)...
だかしかし、見たいものは見たい。

そして俺の中の年末年始お楽しみ第1弾は”河井継之助”。
年末時代劇なんて超久しぶりではないかあ?!
幕末にはまったのも「白虎隊」、「田原坂」、「五稜郭」・・・などの年末時代劇のおかげ。
それ以来、幕末の歴史小説は、色々読みあさったりしている。
そして、幕末で意外にも人気のある人物が、"河井継之助”だということを知った。

今まであまり取り上げられたことがないし、同じ時代の歴史小説で登場してこなかったし、人気あるのはどういう人物なのか非常に興味が沸いた。

河井継之助といえば、司馬遼太郎の『峠』が有名で人気小説。
いつかは読みたいと思っているが、実はまだ読んでない(-。-) ボソッ

変わりといっては失礼だけど、童門冬二の『小説河井継之助』を読んだことがある。

「長岡藩は時代から取り残される。もっと前途ある若い藩士を江戸へ遊学させるんだ。一度はあの山を越させるんだ。人の世に生きるということは、苦しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いことが押し寄せてくる。このくらいの辛いことに耐えられなければ、節義だの忠義などといっても、到底出来るものではない。耐えるということは、その場に及んで急には出来ないこと。だからこうして普段から耐える力を蓄えておこう。」

「学問を生業にしてる者が多すぎだ・・・」

「学問は実践に結びつかなければ、何の役にも立たない。学んだことを世のため人のために生かしてこそが本当の学問だと思うが・・・・・」

「学問は、知識とかではなく物事の原理や人だ。人間の本質、根本というものを知りたい。」

なるほど、すばらしい教えだあ・・・

遊郭の名前が稲森宿?!遊女w(゜o゜)w オオー!オセロの松嶋尚美ではないかあ。
ちと時代劇には不向きなしゃべり(-。-) ボソッ
この遊女から、山田方谷の藩政改革を知り、足を運ぶことに・・・・・
その備中松山藩の山田方谷を尋ねる。それが藩政改革の礎になってる。

開国する前に、確固たる国の土台を固める富国強兵論。まずは藩の財政を立て直しこそが・・・・
「評定方随役」として藩政に対する刷新を物事を物怖じせずに言い放つ。
弾劾文で藩政批判を堂々とやってみせるのが継之助の生き様が人気のあるところなんだね。

そういえば、長岡藩といえば、山本有三の『米百俵』の小林虎三郎は双璧、ライバル。
あの小泉さんも所信表明演説かなんかで、小説を引き合い出したことあるよね。
「米を分けてしまえば、1日分の食糧で終わりだが、まとめてお金に換えれば、人材養成に使えば、何万俵にもなって戻ってくる。」
「苦しいときこそ、子弟の教育を怠ったら、永久に食えなくなる。」将来を考えて、教育が必要と説いて見せた。

長岡藩には、いずれも藩のことを考えているのだけど、考えの違いから、継之助VS虎三郎で好き嫌いが分かれるようだ。
そして尊王攘夷の狭間で長岡藩は揺れる。虎三郎のような恭順を貫こう、西軍側のいうことを聴くという考え。
会津と長岡の結びつきを大切にしたい。西軍に対してもスイスのような中立的な立場を貫抜きたい。
武装中立で、ガットリング砲の購入。継之助といえば、ガットリング砲と思う方は通かと・・・

時代の流れに揺れ動く継之助。
田畑智子がいい絡み~。「長岡はどうなるのか?戦になるのか?」

「戦はならぬ」と思いながらも西軍側の諸藩に嘆願書の取次ぎを行うが受け入れられず。
我が信州松代藩にも取り付いてもらえなかった(-。-) ボソッ
そして、結果的にはガットリング砲の蓄えが仇?!になり、薩長と戦に・・・・

北越戦争となる・・・
そして長岡城は落ちた・・・
路頭迷う長岡の人々・・
長岡城を再び奪いかえす奇襲
継之助の戦線離脱、新発田藩の裏切り・・・
またしても奪われる

八十里峠を渡る継之助一行・・・
「八十里 腰抜け武士の 越す峠かあ・・・(-。-) ボソッ」

「俺がやったことは長岡のためにはならなかったなあ~」
「最後まで武士道を貫きとうしたじゃないか」
「いや長岡は蘇るよ。不死鳥のようにね」
「そうだといいがね。」

慶応4年8月16日 42才 河井継之助 命尽きる 
(──┬──__──┬──)

駆け抜けた蒼龍-”越後の蒼き龍”と称された河井継之助
たぶん初めて時代劇では見たけど、生き方に感銘、感動した。

欲言えば、やや駆け足の展開だったかな?
出来れば、前編後編のように揺れ動く様をもっと描いてほしかったかなと・・・
まあ、河井継之助導入編には非常に分かりやすかったといえばそうなのだが・・・

さてこの次は楽しみは・・・俺の中での幕末の本丸 土方歳三だあ。
一年ぶりに帰ってくる『新選組!土方歳三最期の1日』かな?!
いよいよそのとき迫るだあぬぅ(; ̄- ̄)...
絶対見逃せないね。入れ込んでいきます。\( ̄ー ̄)/ ほ~い

人気blogランキングへ
気に入ったら、ポちっと、クリックしてやってください。↑

12/26/2005

有馬記念はハーツクライ、日本選手権 フィギュアは村主章枝優勝。トリノ代表決まった。

メリークリスマス!しかし、この大雪なんとかしてくれって感じぬぅ(; ̄- ̄)...
車で出掛けても凍結していて、事故りそう。幹線道路以外は走りたくない状況に今陥ってる。
ホワイトクリスマスは何年ぶりだろう?!
我が家にも、サンタさんは希望通りやってきたよ。朝から?真夜中から大騒ぎ。
寝静まるの待ってのサンタ登場も、寝つきの悪い娘のおかげで、深夜に及ぶ・・・
危うく、見つかるところだったぬぅ(; ̄- ̄)...
プレゼントには、サンタさんからのメッセージに一言・・・

「お母さんの字に似てるけど、サンタさんは絶対外人だよ」
「だって、カタカナで全部書いてあるから」
だってさ。可愛いものだ(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

「サンタ来たの分かったよ。」
「・・・・・・ヽ(  ̄д ̄;)ノ ハラホレヒレハレー」
「でも、怖くて我慢して目つぶってたよ。」
危うしだった。置いてほとんど間髪いれずに子供達騒ぎになったもの。

早朝よりお父さんは起され、付き合わされることに(;´д`)トホホ
w(゜o゜)w オオー!ニンテンドーDS結構、大人もはまるね(-。-) ボソッ

sxmas
それから、実は、クリスマスツリー、昨日新調しちゃったよ。
電飾が壊れたので、ディスカウントを期待しておもちゃ屋へ・・・
そしたら、電飾100個つきのやつ7千円台が、1980円で思わず買い
そして、100円ショップで有名なダ○ゾーにいって、90センチのツリー500円と飾り購入締めて1600円也。
かなりお安く購入に満足したけど、この電飾どうやって飾るんだって
カミサンの冷たい視線( =_=) ジィー・・・・・>▽ )グサッ
思わず、12mを家の角から角まで張り巡らせて、クリスマスを演出ヽ(´▽`)/へへっ
バックグラウンドには、山下達郎で一人満足( ̄ ̄▽ ̄ ̄) ニコッ
あんな電飾なんて馬鹿にしていながら、結局自分も結構はまってしまった。ヾ(´▽`*)ゝ エヘ

そして午後はテレビ見まくり・・・・途中はうたた寝、○o。(_ _*)ヾ(T0T )起きてぇぇぇぃ!!
注目スポーツ目白押し・・・

途中から見た男子高校駅伝は、地元佐久長聖高校を応援。やはり仙台育英は強かったね。史上2校目の3連覇達成。佐久長聖は、途中順位を下げたが、4位入賞で実力見せたね。よかった。

そして、第50回有馬記念の無敗でクラシック4冠なるかディープインパクトぬぅ(; ̄- ̄)...
競馬は、久しく遠のいていたので、イレコミはなかったが、史上初に注目。
以前は優駿は4歳馬の祭典だったが 今は3歳馬?!になったなんだね。
皐月賞、日本ダービー優駿、菊花賞のG1制覇で3冠達成、そして有馬を勝てば、無敗での4冠は史上初。
これは見逃すわけにはいかない。
’84のシンボリルドルフ、’94ナリタブライアンはクラシック3冠達成で、有馬を勝ってる。
まさに歴史的な瞬間が見れるかどうか・・・ぬぅ(; ̄- ̄)...ちなみに馬券は買ってない。
対抗は、昨年の有馬を勝っているゼンノロブロイ。馬体重は440キロで前走よりはマイナス4キロ。
痩せるのは、調子が悪いのか?解説の鈴木調教師さんもその辺を指摘してた。
個人的には、8番人気の7枠ヘブンリーロマンス、15番人気、1枠マイソールサウンドを応援。
俺の誕生日だから、1-7は外せない。(何度もいうが、買ってないのに、気持ちだけ)

オースミハルカ、ラストランらしいタップダンスシチーが先頭。
ディープインパクトは最後方からの競馬。第4コーナーぬぅ(; ̄- ̄)...
地方馬コスモバルク先頭、ここで、ハーツクライが抜け出す。
残り200M、ここから来たぞディープインパクト。
arima-Cap0946
しかし、末足は一緒で、ハーツクライに半馬身及ばす。3着はリンカーン。
今年のジャパンカップは世界レコードが飛び出し、そしてそのレースに鼻差で敗れた実力馬だったんだね。
10枠ハーツクライかあ、恐れいりました。残念ながら、6枠ディープインパクトは初の敗戦かあ。
何か、名前に所以がないかって想像したけど、別に思い浮かばず・・・・

そしてさっきまでトリノオリンピック最終選考をかけた日本選手権の戦いに注目。
浅田真央ちゃんが、年齢制限で出られないってことで、ほぼポイントでは決まりみたいなところあるけど、もしや恩田選手、中野選手の大どんでん返しが見られるかもと注目してた。
最終組6人の執念のすべりに感動。どの選手も実力どおり力を出し切る。
そして、今回の中継は、松岡修三でなくて、国分太一でよかった。
彼は、もう涙が出そうっていっていたけど、そのとおり。
それぞれが持ち味のスケーティングで、大きなミスなしで滑っていく。
荒川静香が第一滑走者。SP1位。貫禄十分なすべり、表情にも余裕が感じられたし、なんといっても貫禄ある。やや技術点が低かったかあ。
そして注目のグランプリ(GP)ファイナルを制した浅田真央が女子史上初となるトリプルアクセル2回決めた。
さすがに3回転半ジャンプは、ジャンプの中でも重みはあるね。残念ながら、トリノ出場資格ないが、あっさりと史上初の快挙に今後を期待する。

前回のソルトレークの代表、恩田美栄もプレッシャーのかかる中で表現力豊かでほぼノーミスで滑り終わり、最高の演技に感極まっての涙に、観客からのスタンディングオベーション。フリーでは全体の2位だったね。トリノにいかれなくても、自分のすべりに満足。

村主章枝は、SP2位からの逆転を狙う。序盤から表現力スケーティングも綺麗。ジャンプ、コンビネーションともそつなく決める。そして最後は持ち前の高速スピンで締めくくり。またしても感涙。そしてスタンディングオベーション。観客をも取り込む村主さんお滑りはやはり安定感十分。そして、浅田を抜いて、トップに踊り出る。

ダークホース的な存在、中野友加里もトリプルアクセルを飛びなんとか決める。(回転不足だった?!)
決して、表情は終始引き締まったままで、これも中野選手って感じでいい。
そして高速ドーナツスピンなど持ち味を発揮。ほぼノーミスで滑るが、得点は伸びない。
なぜ?この辺の評価が俺にはちょっと不可解な点だった。本人の表情も不満な表情に見えたが・・・・
でも満足いくすべりにだったと思うし、見ている方は点数以上のものが感じたよ。

そして安藤美姫。トリノポイントではトップ。最近これぞミキティーっていうフリーの演技を見てないので、やや心配。ぬぅ(; ̄- ̄)...それに前走の5人が無難に決めて来てていたのでね。見てる方まで緊張感が漂った。
GPファイナルの放送では、4回転ばかりにこだわっていて、逆に持ち味を出せないみたいで可哀相だった。
我が家の娘も、ミキティー応援していたし、俺もテレビの前に釘付けで・・・・
やや固いすべり?スローテンポの曲なので表現力が難しいらしいが、1つ大人になった18歳安藤美姫の表現は出せたのではないか。残念ながら点数は伸びず、6位。大会3連覇はならず。

これでトリノ選考は混沌。
だかしかし、選ばれたのは、村主、荒川、安藤の3選手。
まあ、よかったんだじゃないかい。俺の中では、円満決着。
ベテラン勢に五輪初出場の安藤美姫を加えてってことで、安定感はあるね。
こんなに国内大会がレベル高い戦いだとは思わなかったし手に汗握る展開に感動!
トリノでは、伊藤みどり以来のメダル期待できそうだしね。
そうだ、解説の伊藤みどりはだいぶお姿が変わっていてビックリ。反動怖いね。

ああ、明日からは、師走の最終週。仕事納めの週だね。
今年も我がブログに遊びにきてくれたから、アクセスしてくれた方々に感謝( ̄人 ̄)感謝
いろいろありがとうございました。m(_ _)mペコリ
12月は忙しくてやや更新機会に恵まれず、やや息切れホッ(-。-;)状態で・・・
ブログも今週は今年のまとめだね。だかしかし、忘年会もあるし、出来るかどうかぬぅ(; ̄- ̄)...
あと、2回は書きたいと思うけど、やや路線変更するかもよ?????
\( ̄ー ̄)/ ほ~い

人気blogランキングへ
気に入ったら、ポちっと、クリックしてやってください。↑

« December 18, 2005 - December 24, 2005 | Main | January 1, 2006 - January 7, 2006 »