« January 23, 2005 - January 29, 2005 | Main | February 6, 2005 - February 12, 2005 »

Posts from January 30, 2005 - February 5, 2005

02/05/2005

いざ!会津若松

さて会津に向けて出発します。\( ̄ー ̄)/ ほ~い
なかなか寝付けない。寝坊した夢( ̄◇ ̄;)エッを見てたら、目覚しの携帯が鳴った。
福島県の天気(雪)が気になるところだが、冬の東北もまた風情があるかあ。
いずれにしろ、気分は、新選組!、白虎隊である。てへ(* ̄ー ̄)>

長野駅より新幹線あさま8時30分発で発ちます。
お昼には、会津若松市。
一応、今日は、飯森山、白虎隊博物館、会津武家屋敷周辺と。
実は、行き当たりばったり、周りのコンセンサスが得られるか?

泊まりは、土方歳三ゆかりの宿、東山温泉。
ああ、高まる鼓動~。
カミサンは、「なんで東北なの?暖かいほうに行けばいいのに」
会津の良さを知らない人は困る。
いちいち説明は冷ややか、バカにされるので、なし。
喜びは控えめで・・・・。

出来れば、モブログで・・・
そんなことで行ってきます。\( ̄ー ̄)/ ほ~い

02/04/2005

節分、恵方巻き~立春

ehoumaki

昨日は、朝から一番下の娘が泣いている。
どうして泣いてるのかたずねたら、
「今日保育園に鬼が来る(;_;)」
「エーン(T-T)」
節分かあ~。
カミサンがパートに行っている某有名コンビ二の策略?にはまってか、今年も「恵方巻き」が我が家にもやってきた。

長野県にはそんな風習はないのだが、最近は長野でも定着?チラホラってとこかな?

恵方の方角は、今年は西南西。
黙って一気に・・・・っていうのがねえ~。
今年は、子供サイズも登場したので、娘ら二人はミニサイズ。
切ってはご利益がないそうだ。

ミニサイズの鬼が怖いと泣いた娘が一番に食べきる。(。・_・)じ~
続いて、息子、お父さん、真ん中の娘、お母さんの順だった。

しかし、この光景は、非常に滑稽のように思えたが(-。-) ボソッ。
どこの家族も同じだよね。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

真ん中の具は、縁起ものとかあるのかな?
今回は、牛蒡ベースだったし、俺の苦手な椎茸煮は少なかったので、よかったホッ(-。-;)。
俺は納豆巻きにしてほしいって嘆願したけど、受け入れられなかった。(-。-) ボソッ
海苔巻きなら何でもOKって言うわけにはいかないのかな~。
そんなことを思いました。

今年こそ、いい年になりますように、そんな願いで・・・・
豆も歳の数だけ?食べましたが、千葉県産の美味しい落花生だった。
つい食べすぎて、今朝は、非常に調子が悪いし、お腹、苦しいっす。

今日は立春!仕事は今日まで!
そして、明日からは念願の会津に・・・・
鼻歌は、「ジョン・健・ヌッツォ」
♪ララララ~ラララララ~ラララ~ララララララッ~♪
\( ̄ー ̄)/ ほ~い

02/02/2005

プロ野球キャンプイン~プロ野球をなんとかする会~

久しぶりに、報道ステーションを見た。今日は、プロ野球のキャンプイン特集。
九州も吹雪の中で異例のキャンプイン。注目は、堀内監督のヒゲと、清原の5厘刈り、眉毛も剃って?
そして、やはりマスコミうけは新庄選手。テンガロンハットで、沖縄入り、第一声は、「フリーダム」。
まあ、毎度のごとくよくわからないが、狙ってる。( ̄ー+ ̄)
マイペースぶりで、ファンを喜ばす姿は、さすがだね。パワー全開ってとこでしょうかあ。
あと、とんねるず石橋が、ベイスターズのエグゼクチブ?!マネージャーに就任したなんて話題もあった。
楽天、ソフトバンク、オリックスバッファローズ、新ユニホームもお目見えして、やや新鮮な印象はあったのかな。
楽天のユニホームちょっと地味かな?って個人的な感想。

ジャイアンツのファンサービス、握手、サインのほか、元木の抱きつき?!
ファンサービス意識を向上させて、イメージアップキャンペーンに初日から乗り出した。
これぞ、憧れのプロ野球、プロ選手の姿なり~。

報道ステーションの中の緊急招集「プロ野球をなんとかする会」とやらの座談会を見る。
神宮球場の真ん中に巨大なコタツを作って、古舘さんが仕切り役の座談会を興味深く視聴した。

以後会話の内容について触れるけど、俺の感じたことを加えて言葉に変えているので、もしもそんなこと発言してないよってとこありますので、含んで読んでくださいね。~m(_ _)mオネガイシマス

選手代表して古田選手会長のほか、解説者の栗山英樹さんに、ライブドアの堀江貴文社長、あとは、球団関係者、マスコミ関係者に加え、ナベツネさんとお友達の三宅久之氏が、特別参加。
いきなり、話がそれるけど・・・・
三宅さんは、いつにも増して血圧上がりそうな喋りで周りを圧倒してたことが気になった。古田選手やや切れそうだった?。周りの出演者、見てる俺もやや翻弄されそうだったけど、編集されていたので、これもテレ朝の狙いなのかと思ってしまった。ぬぅ(; ̄- ̄)...

翻弄されそうな発言の数々・・・
ナベツネさんの「分をわきまえなきゃいかんよ。たかが選手が・・・」発言にマスコミ関係者に激怒したり、古田選手に言い寄ったり、「ドラフト制度は、共産主義だ。人身売買だ・・・」とか、堀江社長には、「十分、名を売ったし、球団持たなくてよかった、美人の彼女も見つかったし・・」、挙句の果てには、古田選手会長にも「なんでストやったんだ。どういうつもりだあ、労働組合の精神に反しないかあ~」と食ってかかる発言シーンまで。
朝まで生テレビだったら・・また今夜も話がそれてる。スマン。

堀江貴文社長の相変わらず、高飛車で小生意気な感じで切れ味鋭く発言していたと思う。
(どう見ても一番年下、俺より若いし、悪気はない。)(-。-) ボソッ
プロ野球新規参入したソフトバンク、楽天に触れ、特に楽天のコマーシャル力?、広告宣伝力は凄まじい。ビジネスとしても十分成りたっていけるし、楽天は初年目から黒字出しますよ発言は頼もしい限り。たぶん、俺も地域密着型でいけると見ているが、三木谷オーナーの「ファンは10番目の選手という意味で背番号10を球団初の永久欠番にする見たいな発想や、「ハルウララ」のような逆転の発想。とにかく、西武も、株問題やらなんたらで、堤さんがやめる事態にまで追い込まれているので、エンターテイメントとして成り立つ、新しいビジネスモデルが出来上がることを期待したい。

あとドラフト制度見直し、完全ウェーバー制度の導入によるチーム間の実力の均衡?
この辺はどうだかよくわからないけど、はやり、新たなスター選手の台頭を望む声強いのかと。(  ̄- ̄)フムフム。。。
いまだに長嶋さんの影?球界を引っ張るっていうのは時代遅れ?長嶋さん抜きはタブーとのこと。
日ハムの新庄に続け・・・・そうかあ?!
これが逆転の発想かもしれないし、新庄自身は自分のことしか考えてないと思うけど、他にいないのかあ~。
確か栗山さんが、「巨人、阪神だけに憧れるのではないし、最初はプロ野球選手に憧れた。」に加え、プロスポーツである試合の演出、そういう魅力あるエンターテイメントであり続ければ、プロ野球人気の復活のカギになるのではというような古館さんのまとめで、本日は終了だったかなー。

いやはや今年のプロ野球キャンプも始まった。
ファンとしては話は尽きないが、また、だらだら、書いてしまった。今日はこの辺で・・・・
\( ̄ー ̄)/ ほ~い
ああ、こんな時間だぬぅ(; ̄- ̄)...・ ・・・◯_ _)o パタリッ オヤスミ・・・

02/01/2005

冬の星座~M78星雲=ウルトラマンの故郷は実在した?

1月も今日で終わりだね。長野の北部は大雪の気配?たまたま友人とのメールのやり取りで、澄んだ夜空を眺めたら、冬の星座の代表格、オリオン座が「きれいに見えるよ。」なんて話題から、星の話題を一つ。

実は、昨日、家族で近くにあるプラネタリウムを見学に行ったんだ。
オリオン座には、1等星以上が2つ、2等星が5つあって、M42、M43などの美しいオリオン大星雲がある。

2つの1等星を日本では、赤っぽいベテルギウス(巨人のわきの下に位置する)を「平家星」、オリオンの左足のリゲルは白い「源氏星」と呼ばれていたそうだ。源平合戦に見立てている。

また、ベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンで形成される冬の大三角形は、子供の頃に、その位置を1時間おきに、観察して、スケッチした記憶があるくらい、大勢の人の親しまれている馴染みのある星座のひとつである。

とにかく、寒く澄んだ冬の空は、星がきれい。
歴史も古代、紀元前のエジプトまでさかのぼったりして、天文学って非常に神秘な世界だったりする。

星とは、話題が異なるが、我々の住んでいる地球以外に、人類が生息しているとすれば、またこれも神秘な世界。
昨年、2004年は、アメリカの探査機「カッシーニ」が土星軌道に到着して話題になった。
また、土星での人類の生命の可能性などが話題となっている。
もしも地球の向こうに同じような世界があったら、我々は、ちっぽけだなーなんて思うよりも、非常に怖い気がする。
想像できない世界があるなあってヽ(  ̄д ̄;)ノ ハラホレヒレハレー

あのウルトラマンの故郷、「M78星雲」って架空の星雲だと思っていたら、ほんとにあるんだね。
それも、オリオン座の中にあるらしい。それも、昨日、プラネタリウムで教えてもらった。
「♪光の国から僕らのために、来たぞ我らのウルトラマン♪」
1600光年の彼方から、やって来てくれるのね。
我らのヒーロー、ウルトラマン。

天体についても勉強してみると面白そう。
だがしかし、現実は厳しい?!
一緒に行った家族、娘二人は、プラネタリウムの中を走り回る。
息子、カミサンは、暗くされると寝てる。そんな俺も少し{[(-_-)(-_-)(-_-)]} ...zzZZZ ~♪
暗いと駄目ね~(-。-) ボソッ。

あ、そうだ、思い出した。
「飛雄馬、あれが巨人の星だ!」
一徹と飛雄馬が、星をながめ、憧れの巨人の星を目指し、戦い続ける。
あの空に輝く「巨人の星」は存在するのでしょうかあ?

あるのか?、ないのか?は別として、星というものは、自分を奮い立たせる、勇気、希望、力を与えてくれるシンボルなんでしょうね。

冬の夜空にそんなことを思いました。\( ̄ー ̄)/ ほ~い
やや、陳腐な内容ですみません。

« January 23, 2005 - January 29, 2005 | Main | February 6, 2005 - February 12, 2005 »