« June 19, 2005 - June 25, 2005 | Main | July 3, 2005 - July 9, 2005 »

Posts from June 26, 2005 - July 2, 2005

07/02/2005

息子と二人で・・・・いよいよ韓国戦だあ 

今日は、カミサンが娘2人連れて実家に帰ったので、久しぶりに、息子と二人。
夕飯は、作るの面倒だったので、ラーメン屋に行く。二人で、ラーメン食べながら、スポーツ新聞なんぞに目を通す。
韓国は、アメリカにフルセットで大金星上げたんだね。ホームの韓国、今度こそ日本戦には勝負をかけてくるだろうね。たぶん、厳しい試合展開になるんではないでしょうか?
今大会の注目度ナンバーワン!菅山かおる選手、「カオル姫」の記事もしっかりチェック。
ニックネームは、”ゆう”。今大会は、大友愛と重なるので、「カオル」なんだとか。
宮城県岩沼市出身 古川商業高校2年生のときに、春高バレーで全国制覇。

菅山かおる選手プロフィール

好きな食べ物 ラーメン
血液型は O型
好きなスポーツ選手 清原選手

俺と同じだあ\( ̄ー ̄)/ ほ~い
始まったので、集中!

今週もワールドGP2005女子バレーだ!韓国ラウンド まずはドミニカにストレート勝ち

いやはや、なんかちょっと異変?!ここのブログ、まじ、アクセス数が一気に伸びる。怖いくらい。
思いもかけないバレー人気にあやかってね。
ワールドGP2005女子バレーのおかげ、カオル姫のおかげです。m(_ _)mペコリ
kaoruhime-Cap0235
28日 817
29日 537
30日 492
1日は、1415で、1日あたりのアクセス数を更新しちゃった。驚異的。こちらも感動。
アクセスしてくれて、どうもありがとうございます。
コメント、トラックバックくれた皆様、感謝( ̄人 ̄)感謝。引き続き足跡、お願いしますね。

でも、俺のブログ、別にパレーボールに限ってはいないんだけど(-。-) ボソッ
でも、期待に応えて?というか、バレーボールには思い入れもあるし、どんどん盛り上がっていきましょう。

韓国での予選第2ラウンド。
初戦は、カリブの鳥人軍団 ドミニカ共和国。平均身長187センチ。2003ワールドカップには、初出場。キューバ、アメリカにも勝るとも劣らないパワーと高さがある。5月の中国遠征では、屈した相手。
アウェーだから、観客少ない。ああ、もったいな。
スパイクが、フロアーに叩きつくられる音が響く。
序盤、今大会のヒロイン菅山かおるが、相手191センチのバルガスのブロックに阻まれるシーン。
ドミニカのパワーと高さにリードされる場面があり、ちょっと嫌なムードがあったけど、相手が20点取って以降の反撃が凄かった。高橋のブロックアウトのうまいプレー、時間差が決まる。
そして、大友、杉山のブロック。そして圧巻は、竹下が一人で止めた。
セットポイントは、宝来、最後は大友のブロックで、27-25で逆転勝ちで、第1セットを奪う。
kaoruhime-Cap0238

第2セットは、終始日本リードの展開、高橋が好調。菅山の空中でバランスを崩しながらの、クロスが決まる。拾ってつないでの今回の大会を象徴する戦いで終盤まで競った戦いだったけど、最後は、この試合絶好調、やっと調子が上がってきた高橋が決めた。25-22
第3セットも、好調さを持続のニッポン。高さのドミニカを、小さなエース高橋、菅山がレフト攻撃が面白いように決まる。ブロックも相手のお株を奪い、流れを相手の寄せ付けず圧倒。途中は7連続ポイントを奪う余裕の展開。
マッチポイントを握ってから、リベロの桜井の珍しくサーブカットをミスする場面などあったけど結果は25-17。
kaoruhime-Cap0246

終わってみれば、3-0のストレートでドミニカ共和国を下す。

なんか、淡々と試合が流れたっていうか、やや冷静に、静かなムードで今回は見てたかな?!。
でも、やっぱり、今夜もカオル姫のプレーを追いかけていたね。バレーボールセンス抜群。
相手のコートにまで飛び込む姿はステキ~。

いよいよ、今日は、韓国戦。アウェーの戦いに注目!
今夜も勝ちますよ~。ガンバレーニッポン!

06/28/2005

ワールドGP2005女子バレー燃えた!王者ブラジルにフルセット惜敗~ 

kaoruhime-Cap0231
まだまだ始まったばかりなのに、こんなにヒートアップしていいのってくらい、さらにブラジル戦は燃えた~。
世界ランキング2位ブラジル、世界ランキング7位日本。
意外にこの差が大きいわけ、なかなか上位に勝てない時代がずっと続いている。
ブラジル戦も10連敗中。
今までも、格上相手だと力負けって感じで、この差は何かといえば・・・・
今大会は、日本が強いのは、ブロックと、レシーブがきっちり出来ていることで上位と互角に戦えることの証明をしてくれたのかもしれない。
ブラジル戦は、惜しくもフルセットの末敗れるという、残念な結果だけど、決して力負けではなかったよね。

最終セット 11-11から、宝来のブロックが決まる
12-11で初めてニッポンリードで、相手のタイムアウト。柳本監督の激が飛ぶ。
「いいかあ~ブロックとレシーブ。今までやってきたことに集中せい、いいか~。」
kaoruhime-Cap0227
ここからは、一進一退の攻防。
大友のブロードがサイドを割って、12-12
大友のフェイント決まる 13-12
竹下に代えて、ワンポイントブロッカー。世界をぶち抜く鉄腕エリカ、荒木絵里香投入。
ブラジルのライト攻撃を菅山、宝来の2枚ブロックでシャットアウト。
14-12 日本マッチポイント 歴史的な瞬間・・・・・
ベンチの竹下キャプテンが、祈るように見つめる。

大友サーブミス 14-13
ブラジルのブロックで14-14の同点。
菅山のレフトスパイクが決まる。15-14
再び、マッチポイント。
ブラジルのスパイク 15-15
また同点。
そして、ブラジルのスパイク決まる。
15-16で逆にブラジルマッチポイント。
菅山の相手ブロックを打ち抜くストレートスパイクが決まる。
16-16
相手のスパイク決まる。 16ー17
メンバーチェンジ ブラジル。
高橋のスパイク決まる。17-17
ブラジルのスパイク決まる 17-18
大友のライトアタック決まる 18-18
ブラジルのスパイク 18-19
4度目のマッチポイント 
ブラジルスパイクを菅山がレシーブ。
再びブラジルスパイクを桜井がレシーブ。
ブラジルのブロックをカバーで何とかレシーブ。
最後は、ブラジルのレフトアタックがコートに落ち、18-20
でゲームセット。

負けはしたけど、賞賛に値する価値あるゲームだったと思う。
大友のサーブミスは、残念だったけど、攻めての結果だったし、相手の選手交代に手間取ったことが不運ではあった。
選手全員の力、十分持ち味を出せたのは、やはり、レシーブ力の強化だったのかもしれない。
柳本監督になって、ワールドカップ2003、アテネ最終予選、アテネ五輪と戦ってきたけど、試合の流れは一番いい感じです。それに五輪メンバーは4名のみで、ほとんど初の全日本代表メンバー。馴染みの選手がいなくても。ここまで世界で戦えることが出来るのだから、柳本監督の選手起用のうまさが光るねえ~。

拾って拾っての粘りのあるバレー展開は、菅山かおる、桜井由香、高橋みゆき、大友愛らのレシーブ力が強化されたことに尽きるのだろうね。レシーブがしっかりセッター竹下に返れば、コンビバレー、スピード感あふれる攻撃っで相手を揺さぶることが出来るってことだね。
センター、ライトからの攻撃・・・ブロック力、攻撃力も宝来眞紀子、杉山祥子、大友愛でまとまりつつあるね。
上位との戦いにも益々期待がかかるね。嬉しいかぎり。

それにしても、「カオル姫」、菅山さんは、一気に全国区に躍り出たシンデレラガールだね。
あの、細い体、小さな体で、ブラジルコートに叩き落とせるスパイクは圧巻。
体の柔らかさ、空中姿勢の美しさで打ち込むスパイクが相手ブロックを翻弄。
さらに、ブロックも要所要所、いいところで止めているし、注目選手ナンバーワンになってしまった。
しかし、ほとんどシャットアウトはないのが不思議。この日もチーム一番の20得点を稼ぎ出したしね。

女子バレーの視聴率も、20%を超えたようだし、久しぶりの人気も鰻のぼりのようだね。
俺の中では、1981年のワールドカップまでさかのぼってしまう。とにかく、バレー人気の絶頂期。
江上由美、三屋裕子、広瀬美代子・・・人気実力ともあった時代に一歩近づいたのかな?!

おかげさまで、このブログも予想どおり、だいぶアクセス数が鰻のぼり。
日曜日のブラジル戦の日が、497
昨日はな・なんと776。
柳本ジャパン、菅山かおる、あとはバレーボール関連ワードでアクセス伸びているようです。
まさか、菅山かおる嬢がこんなに活躍するとは、まさに我がブログの救世主?!

俺も、刺激を受けて、久しぶりに日曜日、バレーボールをやったぞ。それも試合を・・・
一応、中学、高校はバレーボール部に所属していたっていうことで、子供らにちっとは良いとこ見せてやるかってお父さん頑張りました。(;^_^A アセアセ
まあ、昔のようには動けなかったけど、久しぶりのボールの感触は良かった。サーブ、レシーブ・・・・。
スパイクは2回ほどチャンスが来たけど、不発~。
でも、しかし、ママさんギャラリーに囲まれる中、いくらか、バレーボールの出来るところを子供達に見せることが出来たかな?

だいぶ話が逸れましたね。m(_ _;)m ごめんちゃい

さて、7月1日からは、韓国ラウンド。この調子で頑張れ!ニッポン!
\( ̄ー ̄)/ ほ~い

06/26/2005

ニューヒロイン 菅山だあ!韓国に快勝ニッポン女子バレー~

kaoruhime-Cap0220
今年一番の暑さ~(^-^;)今夜の宿敵韓国戦、女子バレーも熱かったあ~。
いやはや、5歳の娘とワールドGP2005女子バレーを見たけど、もう感動、感動。
もう声を出さずにはいられない。
アテネの借りを返しに来たって柳本監督。1セット目は、さすが韓国も簡単には勝たせてくれないなあという粘り。
お互い譲らずの接戦だったけど、来た来たねえ~。菅山かおる。ポーランド戦は、見られなかったレフト攻撃だったけど、1セット途中から吉澤に代わって、レフト対角に入り、攻撃も面白いように決まる。そして、大事なところで接戦から抜け出したのは、菅山の活躍だった。169センチの身長ながら、対空力のあるブロック、長いクロススパイク、移動攻撃が決まる。さすが、JT所属だっていうので、セッター竹下とのコンビも最高。だがしかし、チームではリベロなんだよねえ~。攻守に冴える菅山さんのプレーは、ホントに勇気付けられる思いで見ていたよ。
昨日も一押しって書いたけど、名実ともに、白い妖精~菅山のニューヒロイン誕生ってとこですね。
kaoruhime-Cap0217
しかし、新生柳本ジャパンは、試合運び、非常にいい流れがあるよね。
それには、韓国を上回るレシーブ力に尽きる。リベロ桜井のダイビングレシーブ、高橋の反応の凄さ、菅山もバックでも、フロントでも、ボールに飛び込み、チャンスを作り上げる。大友も頑張っているし。
ほとんどサーブレシーブの乱れなくセッターに返るので最強セッター竹下の多彩なトス回しが冴えまくっている。

そして、韓国が波にのれなかったのは、ブロックがいいところで決まる。宝来、杉山、大友の高さが、非常に頼もしい。大友がセッター対角に回ったことで、宝来、大友が並んでいるんだもんね。相手も意識するよね。攻撃も単調になっていたよね。さらに、宝来、大友のダブルクイックは、今後益々、楽しみ~。
そして、杉山のミスがないというか、堅実プレーが光る。攻撃にキレがある杉山の一人時間差、Bクイック、ブロード攻撃・・・センター陣の高さと安定感が、菅山、高橋がスピード感あるレフト攻撃がさらに活きてくるってことなんだろうね。
第3セット、最後は、杉山がサービスエース。見事に、韓国に3-0のストレート勝ちをもたらした。
もう、柳本ジャパンは何かやってくれるどころか、この調子であれば、、ブラジルも期待できる、撃破したいね。
でも、大会の盛り上がりは最高潮。あんなすばらしい環境でバレーが出来るのって幸せだね。
もう俺も現役はとっくに退いているけれど、全日本女子の活躍に、ちょっと刺激を受けているっていうのが本音だね。久しぶりにバレーがしたい~。

アクセス数で、バレー人気が伺えるね。
アクセス数も昨日は358、一昨日270 久しぶりに最高潮です。
さらに今日は、ヒートアップするんではないかと、それには、ブラジルも撃破し第一次予選リーグ1位といきませう。
柳本監督の秘密兵器、秘策登場でお願いしますよ。
\( ̄ー ̄)/ ほ~い

« June 19, 2005 - June 25, 2005 | Main | July 3, 2005 - July 9, 2005 »