« April 10, 2005 - April 16, 2005 | Main | April 24, 2005 - April 30, 2005 »

Posts from April 17, 2005 - April 23, 2005

04/23/2005

清原和博VS川上憲伸

やっぱり、力対力の対決が見ていて面白い。
清原の500号メモリアルアーチにあと1本。
試合展開も気になるが、それ以上にプロ野球ファンの注目は、清原の1打席、1打席
一挙手一投足が注目になってきた。

昨日の川上憲伸は良かったっていうか、演出には最高だった。
kiyohara-Cap0176
第1打席は、サードフライ、第2打席は、バットを折りながら、センター前ヒット。
そして、注目の第3打席だった。川上憲伸は、清原への一投前に、ボールの交換を要求した。
このボールが、もしやメモリアルボールになるかもしれない?!いやねじ伏せてやる。
思わず、清原の顔がややゆるんだかに見えた。
結果は、レフトフライ。川上憲伸の意地が勝った。さすがに中日エースだと感じた瞬間だった。
kiyohara-Cap0179
8回で降板予定も、9回の清原との対決を直訴。落合監督の配慮もよかったね。
落合監督のコメント「エースが4番と勝負したい言えば、駄目とは言えないでしょ。」
結果は、4打数1安打。
川上憲伸談
「自分の球がどこまで通用するのか、その雰囲気を味わいたかった。ファンには1対1の勝負を見せることが出来たと思う。」
清原和博談
「憲伸は気合が入っとったなあ~」と脱帽コメントだが、満足している様子が分かる。
kiyohara-Cap0169
500号足踏みしたけど、ファンは、こういう勝負を期待しているのだと思う。
どんな場面で決めるのか、本当に目が離せないです。\( ̄ー ̄)/ ほ~い

04/19/2005

堀江さんが目指したものは?ライブドアはこの先どうなるの?

「想定内の範囲内」の和解成立?そうなの?堀江さんの目指していたものは、ニッポン放送を買収し、さらなるは、フジテレビの買収ではなかったか?
結局、良い様に丸め込まれた感がある。1000億円もの外資を投入して、株式を取得、結果的には、引き換えに、それ以上の資金を獲得しただけのマネーゲームで終わってしまったね。これが全てだったとするとちょっと寂しい。
もっと、期待していた?(-。-) ボソッ

フジテレビ側は、逆に、「想定外」だったはず。なのに和解なの?
時間外取引でニッポン放送株をライブドアに買われTOB成立も危ぶまれた。支配力を懸念して「新株予約権」なるもの発行、500億円の増資、さらには、ニッポン放送が保有するフジテレビ株13・88%をソフトバンク・インベストメント(SBI)に貸し出し。SBIがフジテレビの筆頭株主になり、北尾CEOなる「M&A」のプロまで、ライブドアつぶし?に飛び出す始末だったはずだが・・・・。
結果的には、払いたくない金を払って、業務提携で和解かあ~(-。-) ボソッ
しかし、なんかよくわからない結末に消化不良の人も多かったはずですね。ぬぅ(; ̄- ̄)...
このニュース、NHKなんかでも取り上げるだけの価値あったのかな?国会でも話題になったし・・・
これからの動きのほうがむしろ重要だと思う。

株式の勉強にはなったかあ!?~(⌒~⌒;A

今までの株式のあり方っていうか、今までなら「筆頭株主」だからって表立ってはね。金は出しても会社経営までは口を出さないっていうのは、日本の体質、美徳であったはずが、今回の騒動?で、「M&A」って言葉も初めて知ったけど、西武のT前オーナーのように、社長体質で、他を寄せ付けないっていうか、T家の家訓たるやで、会社を築いてきた、たとえば、生え抜きの社員で内部から組織にのぼり詰めようとしている人にとっては、
「株式を50%以上も確保したから、俺に会社を経営させろ~」っていうのもいかがなものかあとか。

プロ野球球団の再編だって、楽天、ソフトバンクのIT関連会社に経営権が渡ったしね。IT業界の台頭により、その様相が変わってきたのも事実。新しいこと、変化、改革には、必ず後ろ向きの意見や保守的な意見が出るのは、当たり前なんだけど、「楽天」、「ソフトバンク」には好意的な発言も飛ぶ一方で、ライブドアにはなぜか手厳しい。「ホリエモン」っていう軽そうなキャラが邪魔してる?

まあ、でも、そういう逆風は何処吹く風。そういうのを全て打ち破ろうとしていたし、堀江さんは何かやってくれるではの期待していた人も多かったのではないだろうか。

堀江さんが目指すものは何?ラジオとテレビ、インターネット、メディアをどうしたいんかな?俺は昔からラジオに憧れて、テレビよりラジオ、深夜放送にはまった時代があった。リスナーとのコミュニケーションを図れるものとしては、テレビより上だったような気がする。

単なるブーム、騒動で終わらせないためにも、堀江さんには、ニッポン放送、また、将来はフジテレビをどうしたいのか・・・・。

堀江さんのこの騒動前に発行された週刊誌の記事(ダ・カーポ553号)を読んだ。

「事業参入を決める基準はもうかるかどうかだ。(中略)誰でもできるとなると薄利多売になる。だから確実にもうかる分野に参入する。どんな分野でも参入しているわけではない。」
なるほど、そういう尺度なんだな~。さらに読み進めると・・・・・。
「儲かると思った分野だったが、雑誌も一度発行したことがあるが、1号出して徹底した。これは失敗すると思ったらすぐ手を引くのが重要だ。」

「楽天」もなかなか調子が上がらないので、こちらも、一筋縄ではいかないようだが・・・・
この業務提携による和解、すぐ手を引くなんていったら、世論はやっぱり怒っちゃうよ。

04/17/2005

改革元年~プロ20年目清原やっと来たね!

プロ野球改革元年!早くも話題はヤクルト古田の2000本安打(あと5本)、清原500本塁打(あと4本)に?!
互いに低迷しているだけに、人気球団の連敗続きとそれに反映してか、視聴率、入場者数の低迷という重苦しい雰囲気の開幕になってしまった感がある。
だがしかし、20年目にして、最高の開幕の仕上がりだ!「泥水を飲む覚悟」で巨人残留を決めた男が起つ!
無冠の帝王と罵られ、酷評にもめげず、清原番長が、4番の座に座る。本塁打率では、ローズ、ウッズをしのぐ。
やっと、阪神、井川、6連敗中の天敵福原の苦手を打ち崩し連勝。
そして、ヤクルト戦では、4番清原の逆転4号3点本塁打で、初の3連勝で、最下位脱出。
やっとナベツネさんも喜んだ。巨人の浮上のカギは、史上最強打線の復活かな?。
その中でも人生背負ってる清原の活躍が、浮上のカギ、プロ野球復活のカギでもある。
映像からも、清原の威圧感、存在感は、他を圧倒するよね。

昨日の、ヤクルトVS巨人戦 高井、後藤光とも荒れ玉で、阿部、古田ともだいぶキャッチングに苦労していたねえ~。そのおかげで、たいぶ打者は打ちあぐんでいた。清原番長は2三振、仁志に至っては5三振のプロ野球ワースト記録だとか(-。-) ボソッ
投手戦というような感じはなく、貧打戦というとこかな。古田さんもあと5本。神宮で決めたいというのがひしひし伝わってきたが、ノーヒット。個人的には応援してます。

9回の攻防、テレビ中継終わってしまって残念だったね。
せっかく、二岡が2塁打で同点に追いつくも、林が、9回裏の初っ端に、宮出のサヨナラ本塁打で負け(-。-) ボソッ。ヤフーでネット中継見ていたのに、宮出から、どうして画面が切り替わらないのか不思議だった。
よく見たら、9回裏は、3球で終わっていたのねぬぅ(; ̄- ̄)...
宇和島東高校出身、宮出は、投手から外野手に転向して、開眼したね。奇しくも、清原番長と同じ8月18日が誕生日だった。ちょっと調べてしまった。
そんなことで、プロ野球はこれからですね。\( ̄ー ̄)/ ほ~いfuruta-Cap0168kiyohara-Cap0169

« April 10, 2005 - April 16, 2005 | Main | April 24, 2005 - April 30, 2005 »