« プロ野球セ・パ交流戦の面白さ | Main | 長野オリンピックスタジアムより »

05/24/2005

家づくりセミナーに行って来た

夢のマイホームを気合を入れて、4ヶ月が過ぎた~。考えに考えて、やっと基本図面が出来た。
現在、仕様の検討中。なかなか、イメージするものが、カミサンと合わない。(-。-) ボソッ
打ち合わせ中に、夫婦喧嘩にならないようにと、我慢、我慢。

無料家づくりセミナーに行ったときの覚書・・・

・相手を見て、値段を決めている業者
同じ会社でも同じ金額払って出来栄えが違うことがある。これは、下請け業者の質がそうさせるらしい。家づくりに関して、無関心、無知ではなく、勉強した人には、優先的にいい業者を回す。知り合いだからと、相手を過信しすぎるのは危険。

・しっかりメモを取ること
言った、言わないはトラブルの元、メモをしっかり取ること。

・見積書の厚さ
見積書2~3枚の業者はやめたほうがいい。その金額より安くやるよは、非常に危険。
「何でも出来るよ」じゃ駄目、特徴のない業者より、会社のカラーのはっきりしている信頼の業者を選ぼう。
・営業は女性を見ている
現代は、女性が主導権を握っていると思われる。我が家も(-。-) ボソッ。
打ち合わせ時に業者を目の前ので夫婦喧嘩をすることも多い。う~ん確かに・・・。
なので、旦那さんが言ったことは、奥さんに確認する営業も多いとか。なので、奥さんの機嫌が第一と考えているようだ。
・施工現場を見させてもらおう。
新興住宅地で新しい分譲となればいいが、新築となれば、近所は少なからず妬みもある。下請け業者の質もチェック。お昼にエンジンかけっぱなし、コーヒー缶、タバコの吸殻、弁当の空き容器などをその場にポイ捨てみたいなことがあると、施主にかかわってくることがあるとか。いい業者、いい下請け。移り住んで早々、いきなり近所に頭が上がらないっていうのは、一生の不覚~。
・クロスの貼り方の良し悪し
5~7年で接がれてしまうようでは、いい業者とはいえない。ある意味素人でも貼れる。職人の差が出るところ。
最初はきれいに見えても、数年たったら、天井に手の形が見えてきた。これは、接着剤の付いた出て触った証拠らしい。
・ライフスタイルを考えて、コンセントの位置重要
間取りに目が行きやすいが、しっかり将来の家具の置く位置、エアコンの設置位置など考える。家電についても、模様替えなども考えて、コンセントなどをつける。後付け、追加工事は、割高となることが多いので、注意。
たとえば、コンセント2000~4000円で付くものが、契約後の追加では、5万円ということもある。こんなことまで決めるのかっていうところが一番大事。
・モデルハウスは仕様も広さもすべてAAA。
モデルハウスは、80~100坪クラス、7000万~1億円。でも一般的には、2000万円~4000万円台。
一般住宅は、標準仕様は、仕様も広さもBBクラスであることを知る。床材もモデルハウスは19mm。粗悪業者は、9mmの安い床材を使うとか、5年、10年で二条城のうぐいす張りになるとか・・・。

やっと、設計も最終段階(;^_^A アセアセ
いよいよ決断の時、最後の交渉事になってきました。
\( ̄ー ̄)/ ほ~い

« プロ野球セ・パ交流戦の面白さ | Main | 長野オリンピックスタジアムより »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23191/4215972

Listed below are links to weblogs that reference 家づくりセミナーに行って来た:

« プロ野球セ・パ交流戦の面白さ | Main | 長野オリンピックスタジアムより »