« 私をスキーに連れてって~飯綱高原スキー場 | Main | 1月7日七草 »

01/06/2005

第81回箱根駅伝~長野県勢の活躍

1月4日より仕事始め。昨年のこと思うと、非常に短い年末年始休暇だったなあ。
スケートにスキー、たこ揚げ、初詣・・・・・・毎日出掛けて、子供達には充実ぶり。
不本意なのは、恒例の箱根駅伝も途中経過をほとんど見れず(-。-) ボソッ。
せっかく、長野県勢の活躍を見ようと気合を入れて、チェックしていたのになあ~。

ちょっことだけ、今回の箱根駅伝にコメント。

駒大4連覇・・・長野県勢では、優勝を決定付ける、9区、区間新の塩川雄也選手(東海大三出)の活躍。 
塩川選手は、4年間、無敗で卒業なんて、81回の歴史の中で、過去に10人しかいないそうだ。
顔つきも、過去の駅伝のときとは違っていたね。長野県出身ということでずっと名前はインプットされてたし、最初の印象は、正直いって、負けないで~、頑張れ~と、逆転されたシーンを思い出す。
たぶん2003年の4区を走った時のこと。
高校時代はほとんど無名だったんではないかな?
今回、4年生になりとエースの風格、自信に満ち溢れていたねえ~。
卒業後も楽しみだあ~。

逆に、中大の1区の1年生上野裕一郎選手(佐久長聖出)。注目されすぎたのかな?
スーパールーキーと期待されて、やや策に溺れたのか、自分レースが出来ず、19位に沈んでしまった。ホント残念!
中大は総合4位だっただけに、非常に悔やまれるレースだった感じ。
本人が一番悔しいと思うけど、能力は誰もが認めているし実績十分。今後も注目選手であることは間違いなし。
来年こそ、頑張れ!

長野県勢ではないが・・・思いつきコメント

MVPの順大、今井正人選手。5区、山登りで1新記録となる11人抜き。これまでの区間記録を2分17秒も更新する1時間9分12秒の新記録を樹立した。
エントリーのオーダー見たら、変更選手なんだよね。
補欠選手だったって言い方悪いけど、潜在能力というか、調子に乗ると爆発的に力が出るのも、箱根駅伝の面白さだね。

早大・・22秒差で総合11位でまたしてもシード権ならず。
かつての箱根駅伝のヒーローだった渡辺康幸監督を招へいして望んだ箱根。
1区空山選手が4位の好スタート切ったけど、2区以降で順位を落とし、往路15位。
復路は最終10区、高岡選手は、区間新記録で走るも、神大に22秒及ばず・・・。
「これまで、これほどまでに、悲しい区間新はあったでしょうかあ~」の実況が印象的だった。

終わってレース展開を振り返ってみれば、総合力、選手層の厚さ、駒大あっぱれですね。
それから、長野県勢の活躍、佐久長聖の台頭で、全国レベルの選手が多く輩出されている。
1区では5人も長野県勢が走るなんて夢のようだった。
駒大2名、東海大1名、中大2名、日体大1名、
日大1名、早大1名山学大1名、城西大1名、
関東学連選抜1名(青学大)

w(゜o゜)w オオー!なんと11名。

今回の箱根駅伝に多くの長野県選手が名を連ねたことが、なんといってもうれしいかぎり。張り合いだあ~。
来年以降も楽しみは膨らむ\( ̄ー ̄)/ ほ~い。

« 私をスキーに連れてって~飯綱高原スキー場 | Main | 1月7日七草 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23191/2486035

Listed below are links to weblogs that reference 第81回箱根駅伝~長野県勢の活躍:

« 私をスキーに連れてって~飯綱高原スキー場 | Main | 1月7日七草 »