« August 22, 2004 - August 28, 2004 | Main | September 12, 2004 - September 18, 2004 »

Posts from August 29, 2004 - September 4, 2004

08/29/2004

完全燃焼!アテネ

オリンピックの花、陸上。
夜中おきて、100×4リレー、400×4リレー決勝を見た。
トラック競技は、日本人選手は、水を開けられていて、メダルは難しいとされていたけど、結果は、いずれも4位。

朝原選手が、4人が持ち味を生かしてほぼ完璧にこなしたんだけど、3位までのチームには、力負けです。悔しいですのコメント。

末続選手も、しっかり出来たけど、悔しい。4年後につながるスタートと位置づけた。
それでも、過去最高の4位は見事。

なぜかテレビの前で思わず、力がはいって、ふくらはぎをつってしまった( ;^^)ヘ..

アンカー朝原選手の魂込めて走っている姿は忘れない。

400×4リレー
シドニーでは、バトンを落として予選落ち。実力あっても、何かが起こるのが、リレーだね。
リレーでは、女子100×4リレー決勝では、アメリカ、マリオン・ジョーンズがバトンミスで失格となったしね。
オープンコースだし、接触もありえる。わくわくドキドキの1600mリレーだった。
最後の追い込みは立派だった。小坂田選手もシドニーのことが過ぎったのか、感極まっている様子が感動的だった。

(ここまで29日書いた日記)

日本人選手の活躍で、とっても楽しませていただいた、18日間が終わった。
感動の映像を見るたびに、よみがえってくる。

「亜衣ちゃん」
福原愛、杉山愛、大友愛、愛ちゃんトリオが頑張った思ったら、もう一人の「あいちゃん」。
番狂わせ?で一躍「時の人」となったシンデレラガールの柴田亜衣。
日本人初の800m自由形での金。
フランスのマナドゥを最後とらえて、振り切り、勝利を決めた時の笑顔は最高だった。とっても微笑ましい。
相変わらず、解説の高橋繁浩が、あのバロセロナの岩崎恭子の時と同じく、絶叫していたのも印象的。

「なでしこジャパン」
初戦、アテネ五輪4位の実力国のスウェーデン戦にあのアフロの荒川選手の劇的なゴールで勝利。
決勝リーグでは、アテネ五輪金メダルのアメリカに1-2の惜敗。あれは、オフサイドだったのではないかと今でも悔やむ。

「女子マラソン」
ここのコラムにも書いたけど、野口みずき、金メダル、頑張ったね。色々あったけど、最後の代表、個人的に応援していた土佐礼子5位、坂本直子7位のオール入賞とは、日本陸連も大喜びでしょう。(やや辛口?)
高橋尚子不在でもこの堂々の活躍だった。逆に世界記録保持者ラドクリフだっけ?マラソン、1万メートルとも、棄権。
彼女にとってアテネは過酷だったことを物語る。

「長嶋ジャパンに宇津木ジャパン」
野球もソフトもオーストラリアが鬼門とは。
でも、銅メダルはよくやったよ。
キューバには勝ったしね。あの台湾戦。
中村ノリが、送りバントを決め、高橋の劇的な同点アーチでの派手なガッツポーズ。
小笠原の犠牲フライで、高橋のヘッドスライディングでサヨナラ勝ちを納めた試合。
これぞ、オリンピックなんだと思ったよ。

「シンクロ」
打倒ロシアの壁は厚かったというか、堂々の銀メダル。立花美哉、武田美保の持ち味は十分出せた。
3大会連続メダルだし、モチベーションの維持と高さに感動。

「男子マラソン」
男子マラソンの金目前で、前代未聞の珍事に泣いたブラジル デリマ選手
ここまで最高のオリンピック運営に感謝し、誰も責めることが出来ない。銅メダルが取れて嬉しいと。
ゴールでの喜びのゴールがなんとも無念だったのではと、思ってしまう。

「ハンマー投げ」
アヌシュ選手のドーピング疑惑によって金、剥奪。金が転がり込んできた室伏選手。
後味悪かったけど、真の実力を見せてくれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終わってみれば、金16、銀9、胴12の史上最多の37個メダル獲得。
こんなに感動を味わえたオリンピックは、個人的にはロサンゼルス大会以来かな。
とにかく思い出の残る大会。

男子体操団体が金メダルを決めたシーン。

「冨田の描く放物線は、栄光への架け橋だあ~。勝った、ニッポン勝ちました、28年ぶりの金メダル~」

あのNHK刈屋アナの名実況は、伝説になるかもしれない。\( ̄ー ̄)/ ほ~い

« August 22, 2004 - August 28, 2004 | Main | September 12, 2004 - September 18, 2004 »