« July 4, 2004 - July 10, 2004 | Main | July 18, 2004 - July 24, 2004 »

Posts from July 11, 2004 - July 17, 2004

07/15/2004

夢の球宴~オールスターゲームが長野にやってきた~

7.11 夢の球宴が長野に・・・・・
(ノ*~∇~)ノオオオオォォォォォォ 
待ちに待ったプロ野球オールスターゲームがついにやってきた。
前日、当日の朝は、雨模様。大丈夫かと不安な天気( ̄◇ ̄;)エッ
もう落ち着かない・・・ぬぅ(; ̄- ̄)...

午後2時半、息子と二人で、シャトルバスに乗り込み、いざ「長野オリンピックスタジアム。」
もう、人、人、人の嵐・・・外野自由席は、長蛇の列だ。

「近鉄、オリックスの合併問題、一リーク制反対」と、とある団体が、署名なんぞを呼びかけている。

入り口付近で、地元中学野球部の選手たちが、選手の到着を待っている。
色紙を取り出し、待ち構える我ら。

w(゜o゜)w オオー!選手を乗せたバスが来た・・・
王監督が見えた。
あれは谷選手?ヤワラちゃんの旦那だあ~。
バスごと、球場入りしちゃったので、残念ながら、サインは無理。

正面付近へ移動。
w(゜o゜)w オオー!元広島、巨人で活躍した川口だあ~
地元テレビ局の生中継やってらあ~。
俺は感動したが、息子は川口の横でウロウロ。
しっかり横に並び、中継に映る??。

タクシーで選手が続々やってくる。
「オレ流~、オレ流~」のコール・・・落合監督だあ~
「赤ゴジラ~」・・・・広島の嶋選手だあ~
「今岡~」・・・・私服だと、なんかイメージ違うなあ~。

オリジナルグッズを買う。
もう、押しつぶされそうになって、息子の希望で、阪神のメガホン、球団旗を買い込む。
さらに、ヨシノブのサインボールとリストバンド、公式アルバムを購入。

会場入り~
(──┬──__──┬──)
感無量、いよいよ現実が目の前に現れたって感じでさ。
信じられないというか、これが「夢の球宴」なんだよねと思わず目頭が熱くなった。
ホントだよ。

200mmの望遠で選手を確認。
打撃練習では、どの選手も軽々スタンドイン。
ダイエー、ズレータのパワーが一際目立つ。

w(゜o゜)w オオー!松坂だあ~。
昨日はすごかったなあ156キロ。今日は投げない残念。

聖子ちゃんだあ~。ナマ聖子は初めてみた。
国歌斉唱するんだって、どんな格好で登場するんだろー?!

なぜか?バウバウのマツムラがいる!
岡田監督と話している。相変わらずデカイ。

恒例のホームラン競争が始まった。
パリーグは、和田、松中、新庄(SHINJO)
セリーグは、ローズ、岩村、嶋

意外と難しいんだね。
一人奮起したのは、ヤクルトの岩村が5本のホームランを放つ。
さすがにプロだね。感動した。
トラックバックしちゃうもんね。┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

試合開始セレモニー
地元ゆかりの戦国武将、真田幸村、真田家の鉄砲で始まる。
選手紹介、そして国歌斉唱へ

w(゜o゜)w オオー!
赤いスイトピーの和服で登場の松田聖子だあ~
スタジアムがどよめいた。大歓声の包まれ、国歌を歌う聖子ちゃん。
顔は良く見えないけど、背筋がゾクゾクした。
感動の場面だった。

snap/seiko1

始球式~地元の小学4年生がマウンドへ
やや緊張したのか、高めに浮く。
練習の時には、城島のミットに正確なボール投げていたのになあ~。
試合開始。

ダイエー 和田、阪神 福原の投げあいで始まる。

新庄のいきなりの予告ホームランのポーズで、意表をつく「セーフティーバント」
投手の目の前に転がり、アウト。
これが、今日の序章であった・・・

3回、二塁打で出た新庄は、二死三塁で、バッター小笠原のときに、まさかの「ホームスチール」
矢野のミットをスルリとかわし、セーフで1点をもぎ取る。
唖然!スタジアムがヒートアップした。感激のルツボ。
1-0

さらに5回に谷のタイムリーで新庄生還で2得点目。
2-0

ややセリーグは、パリーグの投手陣を前に三振の山、山・・・・・
投手戦というよりは、貧打戦?
新垣、五十嵐、工藤、佐々木・・・
さすがオールスターだけあった、投手陣はやはり格が違うのね。
パワー VS パワー
さすがに150キロ台はなかなか打てないのね。

ファールボールが飛んでくる。
息子はグローブでスタンバイするも、残念ながら取れず。

6回表
我がジャイアンツ 高橋由伸が代打。
w(゜o゜)w オオー!レフトスタンドへ放り込む。
年も考えずに思わず、声を上げた。
2-1

もう2本ぐらいホームラン見たかったけど、期待のローズ、小久保、阿部は打てず。
逆に、小久保は頭部に死球。( ̄◇ ̄;)エッ
後半戦の4番候補に何するんだ~。
オールスターで、危険球で退場ってないのね。(-。-) ボソッ

なんだかんだで、2-1でパリーグの2連勝。
セリーグはヒット3本しか打てなかったのは残全だった。
豪華リレーの投手戦だから、許そう。

MVPは新庄選手。
有言実行タイプ?
はっきりいってインタビューは何をいってるのかわからない。
MVPを獲ろうと思って取れるものではないし、何気にツキもあったような。
これで、セパ両リーグで、MVPになったのは、落合、清原次いで3番目。
( ̄- ̄)フーン

そんなことで、夢の球宴が終わった。
燃え尽きた~。
夢が現実となった瞬間、まさか長野で開催されるとは・・・
それも最後になるかもしれないオールスターゲーム。

心に残る感動的なイベントでした。
息子と一緒に満足度200%\( ̄ー ̄)/ ほ~い

07/11/2004

早起きして、カブトムシ獲り・・・・

s-PICT0898.jpg

久しぶりの更新~

兄ちゃんのマイブーム??それは、カブトムシ。
小学校ではクワガタを自慢する友達に負けまいと、「カブトムシを獲りに明日は連れてって~」
土日の計画を勝手に立てる。

兄ちゃんは、結構、熱しやすく覚めやすいタイプ。
単純に飽きやすいタイプなんだけど、熱くなると見境がない。
土曜の朝に・・・
「なぜ?起こさなかったんだ~」
「早く行かないとカブト逃げちゃう~」
もう我慢できない。朝8時30分、妹2人も連れて、いざ!カブト虫獲り。。。。

カブトムシ獲りのポイントは、昔と変わっていない。
我が子供の頃の穴場スポットに連れて行った。

相変わらず、いい味出した?くぬぎの木・・・
年輪を重ねて、その場に君臨していました。

まあ、この時間だから、いないだろうと思いきや、
「1匹見つけた~」
クワガタのメスかあ~(-。-) ボソッ
とりあえず、ゼロよりいいと、子供納得。
ちょうど、同じ頃、地元の小学生3人組がやってきた。
w(゜o゜)w オオー!虫かごに数匹のクワガタムシ。

その小学生3人組に話を聞くと、ポイントを教えてくれた。
¢(__)/カリカリカリ ナルホドー
(ノ*~∇~)ノオオオオォォォォォォ そこは、昔、しこたま獲ったことあるポイント。
やはり昔と変わっていない。そうだったのかあ~。
そんな、会話を交わしたあと、3人組は、
「かわいそうだから、1匹やるよ。」
一匹のヒラタクワガタをもらった。

我が家の兄ちゃんらは、一気にヒートアップ。
虫取りが断然、気合が入る。

一番下の娘が、「あ!セミのぬけがらの幼虫見つけた~」
セミの抜け殻の幼虫???
w(゜o゜)w オオー!羽化直前で外に出てきたようだ。

一回りしたところで、兄ちゃんからの提案。・・・明日の作戦?だ。

「木に蜜を塗っておこう。」
その作戦に乗っかり、お父さんも真剣に、蜂蜜とムシゼリーを持って行き、木に塗りまくる。
「その代わり、早く寝なきゃ駄目だぞ~」
「ハイ(^-^)/」
まあ、こんなときは子供らも素直なのね( ;^^)ヘ..

夕方、またしても本日2回目のポイントへ・・・
仕掛けに来たところ
w(゜o゜)w オオー!カブトムシ発見。
ちょっと小ぶりだったけど、オスのカブトムシ。
お父さんも思わず、満足げ。お父さんの威厳が保てたホッ(-。-;)

帰ってきて、観察が始まる。
本を広げて、ベランダで、真剣に、寝る直前まで・・・
ちょっとはまりすぎなんだけど。

今朝、5時。
眠い目を擦りながら、一番下の娘は残念ながら参戦できずだったが・・・
上二人と3人で、また虫取りに出掛けてきた。
今、帰ってきたところ~ぬぅ(; ̄- ̄)...。

他人より早起きしたけど、虫取りでは当たり前かあ。
すでに、昨日仕掛けたスポットには、何組かが・・・( ̄‥ ̄;) マッマズイ・・・
息子が声を掛ける。
同じクラスの同級生だった。やっぱりみんなブームなのね。

残念ながら、本日は、獲物はゼロ。
でも、息子らは、満足げな顔だった。

「デカレンジャー」も上の空で、今もベランダで、二人、昨日獲ったカブトムシを見ながら、会話している。
子供の時代って昔と全然変わっていないように感じて、ちょっとホッとした。
\( ̄ー ̄)/ ほ~い

« July 4, 2004 - July 10, 2004 | Main | July 18, 2004 - July 24, 2004 »