« 500越え、600HIT | Main | 入学式に行って来ました。 »

04/04/2004

上甲監督率いる済美旋風~いよいよセンバツ決勝

第76回選抜高校野球大会が今日、決勝戦。うまい具合に日曜日決勝戦っていうのは、ラッキーだね。
それも、雨が3時まで予想されるので、開始時間を3時間30分も繰り下げての「4時プレーボール」は、高野連の配慮もなかなかだあ~。

ここでも書いたけど、白河越えいけるかと思いきや、ベスト8で「東北」、「東海大山形」も散ってしまった。
3年前(2001)の「仙台育英」の準優勝を越せなかったかあ~
ダルビッシュの夢をも砕く、「済美」の後半の粘りは凄い。
準決勝東北戦、9回裏のサヨナラ3ランは圧巻だったね。あと1点取られれば、ダルビッシュ投入だった東北の思惑をも一気に砕く、サヨナラ3ランだもんね。

準決勝 明徳義塾戦
「明徳義塾」、3年連続出場にも、決して負けていなかった。序盤から6-0とリード。
後半、明徳の粘りもさすがだったが、最後は、済美の粘りに屈したかあ~。

済美(愛媛)VS愛工大名電(愛知)
愛工大名電も、3年連続の出場、その前の出場は、1991鈴木(現マリナーズ、イチロー)投手を擁して出場。

愛媛VS愛知といえば・・・・・
あったあったぞ、宇和島東VS東邦の1988(昭和63年)決勝。
初出場、初優勝で旋風を巻き起こした宇和島東だ~。

宇和島東といえば、さわやかな笑顔の上甲監督を思い出す。
w(゜o゜)w オオー!済美の監督は、上甲正典監督ではないかあ。
創部2年目で初出場を果たすという快挙をやってのけたんだ。
実は今日まで知らなかった。
思わず因縁というか、強さの影に「名将あり」ってとこですかあ。
そんなことで、今日の決勝戦はさらに注目度アップ。

甲子園にはドラマがある。
こんな記事を偶然見つけた。
毎日新聞[2年目の奇跡]済美・センバツへの道/3 名将復帰 亡き妻の言葉胸に
ちょっと感動した。(;_;)ウルウル

« 500越え、600HIT | Main | 入学式に行って来ました。 »

Comments

初出場の済美(愛媛)が6-5で愛工大名電(愛知)を降し優勝

やったね。済美高校、おめでとう!
上甲監督の笑顔最高だった。やっぱりあの上甲監督だった。

最後のバッターをサードゴロに撃ち取り、優勝を決めた瞬間は、思わず涙が出た。

愛工大名電も粘りを見せたし、福井、丸山両投手の投げあいは見所十分でした。
これが高校野球の良さだね。終わったあとに清々しさが残った。

高校野球は全く見なかったのですが、監督の亡き奥さんのことについてテレビでやっていたので、感激しながらみていました。「あなたから野球をとってしまったら何が残るの?」という言葉に感動~~!
これだけ旦那さんの事を理解してあげられればいいですね。お家を空けることが多いであろうと思うのに、監督の夢を応援しつづけた奥さんは偉い!見習いたい所だけど、実際はねぇ・・・・えへへ。大きな心をもてるよう、精進します。(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23191/393157

Listed below are links to weblogs that reference 上甲監督率いる済美旋風~いよいよセンバツ決勝:

« 500越え、600HIT | Main | 入学式に行って来ました。 »